FC2ブログ

LIRICOで聴くクラウス・シュトリューベン

IMG_3152-1.jpg

ドイツ・シャルプラッテンレーベル専属の録音技師クラウス・シュトリューベンの名録音。

しなやかに、そして深く、大気を孕んで広がる弦。
雄々しい金管の咆哮。

直接音と間接音のブレンド、バランス感が見事。
音楽の素晴らしさ、演奏の素晴らしさを生き生きと伝える録音。この録音は、技術を超えた芸術の領域ではないでしょうか。

このアナログ・ディスクは、嘗てステレオサウンド誌のプリアンプのテストリポートでも使用されたものです。その中で、カウンターポイントのSA-5が特に高い評価を得ていたのが印象的でした。その後、拙宅ではSA-5.1を導入することになります。因みに現状はサブ機として使用中です。
スポンサーサイト



プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ