FC2ブログ

ELAC BS192





ELAC BS192

AVシステム用のメインスピーカーを買換えました。
エレクトロ・アクースティックと言えば、数十年前、STS455Eというカートリッジを使って以来の製品購入になります。

まだエージング中ですが、なかなか良い音で鳴っています。クリアで低歪を実感させるトーン、スピーカーの存在を忘れさせる様な広がりのあるサウンドです。ELACのロゴの下に隙間がありますが、これはボトム・バスレフポートです。ボトム・エミッション・テクノロジーなるもので、セッティング時ルーム・アコースティックの影響を受けにくいという特徴があります。その底面プレートの下は、オーディオ・テクニカのインシュレーターAT6099とHAYAMIのスタンドNX-B300です。

上級機に準ずる高性能なツィーターを搭載した小型のスピーカーで、自然な高域が印象的です。低音も意外な程に量感が出ます。パワーも結構ブチ込めて、実にご機嫌。流石Made in Germany~造りが丁寧でしっかりしています。因みに梱包も、まるで日本製みたいに綺麗でした。

この価格でこの音は、大変素晴らしいかと。音楽的でバランスの取れた響きです。スピーカー・ユニットまで自社生産している同社ならではの面目躍如たるコスト・パフォーマンス。デザインも良く、艶消しのブラック仕上げなので指紋があまり目立ちません。




スポンサーサイト



TEAC R-919X カセットデッキ






TEAC R-919X オートリバース・ステレオ・カセットデッキ

今更、カセット?と言われそうですが、慣れ親しんだ機器は手許に置いておきたいものです。今まで使っていたソニーのWM-D6C(ウォークマン・プロ)が不調で修理に出した処、ソニーから部品がないので修理不能との連絡がありました。

う~ん、困った。友人から貰ったテープや自分のストックがあって繰り返し聴きたいのですが、これでは聴けません。ヤフオクでTEAC R-919Xの程度の良さそうな物があったので、入札したら安値でゲット出来ました。(^^♪

http://showa-cassettedeck.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/teac-r-919x.html

モーターのベルト関係は新しく交換してあるとのことでしたが、発売が1983年ですから相当な年数が経っている訳です。恐らく電源の電解コンデンサーは、完全に逝かれているでしょう。

さて出品者から送られてきたデッキを見ると、フロント・パネルはヤフオクの写真通り綺麗でしたが、上面には結構傷がありました。まぁ、この程度は普通のレベルとして・・・気にしない気にしない。
中身を開けてみますと、案の定、電解コンデンサーから電解液が漏れ出していました・・・これが制振用の接着剤と高温下で反応したらしく、コンデンサーが基板と固着してしまって、ハンダを吸い取ってもなかなかコンデンサーが外れてくれません。根気良くグニグニして、やっと5個のコンデンサーを交換しました。手持ちのニチケミKMGと交換したのですが、容量がピタリと合う物がないので適当にやっちゃいました。電解液が出きってスカスカに軽くなった状態(容量抜け)でも動いていたのだから、それに比べたら多少の違いは誤差の範囲と割り切ります。(^^ゞ

有難いのは、このデッキの底板がネジ7本で外れることです。写真の様に非常にメンテし易い構造となっています。他のハンダ部分もクラック等がないかチェックし、フラックスの汚れも綺麗に清掃しておきました。

回転系は出品者の言う通り、平ベルトと角ベルトが交換されていて問題なさそうな様子です。これでシャーシーを元通りに戻してメンテ完了。

快調に動いています。一世を風靡したカセット文化を保存していく使命感を持って!?、今後共、カセットデッキを使って参ります。(^^♪

YAMAHA CT-1000



往年のヤマハのチューナー名機CT-1000・・・ヤフオクで5千円程度でゲットしました。
昔、ヤマハのプリメインアンプCA-1000Ⅱを使っていたのですが、資金不足でチューナーまで手が廻らず、実はずっと憧れていた機種なのですよ。

今、こうして聴いてみると・・・やはり、ヤマハ・トーン~すっきり上品な響きの中に腰の強さがあって、音楽をバランス良く聴かせてくれます。デザインが、また良い!姿が音を表しているのです。
高級チューナーはアキュフェーズを除いて、今は中古で買うしかない状況~希少価値です。
下記AVシステムに繋いでいます。

AVシステムは以下の通り・・・
アンプ:ヤマハ AVX-2000DSP(プリメイン)
メインスピーカー:KENWOOD ※型式不明 2本
DSPスピーカー:JBL CONTROL1 4本
DVD/LDプレーヤー:パイオニア DVL-909
HD/DVDレコーダー:東芝 RD-XS34 & RD-H1
チューナー:ヤマハ CT-1000(今回ゲット)
ネットワークAVプレーヤー:オンキョー NC-501V
プロジェクター:ソニー3管式 VPH-100QJ & リモコンユニット
スクリーン:Mechanische Weberei 80インチ

※当初、実はS-9500をメインスピーカーとして使っていました。しかし、映画とか気楽に見たい(いちいちメインの幾つもの機器に電源を入れるのが煩わしい)ので小型のスピーカーを探していたら、偶々、ハードオフにジャンク扱いのものが転がっていたのを、ステレオ1組でたったの1,000円で購入しました。外側が多少汚れていましたが、大きな傷はなく拭いたら綺麗なものでした。音も素直で十分実用になります~環境保全・リサイクルに一役買った!(^^)v

ということで、S-9500はピュア・オーディオ専用となった訳です。

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ