FC2ブログ

エベーヌ弦楽四重奏団のモーツァルト



弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調K421
1. 第1楽章:アレグロ・モデラート
2. 第2楽章:アンダンテ
3. 第3楽章:メヌエット&トリオ.アレグレット
4. 第4楽章:アレグレット・マ・ノン・トロッポ
 
ディヴェルティメント ヘ長調 K138
5. 第1楽章:アレグロ
6. 第2楽章:アンダンテ
7. 第3楽章:プレスト
 
弦楽四重奏曲 第19番 ハ長調K465 「不協和音」
8. 第1楽章:アダージョ-アレグロ
9. 第2楽章:アンダンテ・カンタービレ
10.第3楽章:メヌエット&トリオ.アレグロ
11.第4楽章:アレグロ・モルト

CD・ステレオ・録音:2011年5月10日・11日、フェルム ドゥ ヴィルファヴァール エン リムーザン(コンサートホール)、フランス


この団体は、ジャズもこなす所謂クロスオーバーの何でも屋さんなのですが、他とは似て非なるものです。

しかし、このアンサンブルの妙、表現力の豊かさは、並大抵ではありません。
ダイナミック且つしなやかに音楽を生き生きと奏でる様は、真に瞠目に値します。
内から湧き出づる音楽性に満ちながら、客観性も併せ持っているのです。

エベーヌ弦楽四重奏団・・・新時代の旗手。

録音も極めて鮮明で、弦楽のナチュラルな響きを堪能出来ます。
スポンサーサイト



2トラ38で聴くベートーヴェン







ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第4番ハ短調作品18
ハイドン:弦楽四重奏曲第5番作品3よりアンダンテ・カンタービレ
ゲヴァントハウス四重奏団

TEAC マスター・サウンド・テープ 2track38cm/s



2トラ38で、この様な録音があったのですね。
ゲヴァントハウス四重奏団の由緒正しきベートーヴェンが聴けるとは!

これから、じっくりと聴いてみます♪

フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番


 
フォーレ:ヴァイオリンとピアノのための作品全集
 
・ヴァイオリン・ソナタ第1番
・ヴァイオリン・ソナタ第2番
・子守唄
・ロマンス
・アンダンテ
・初見視奏曲
 
イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)
フロラン・ボファール(ピアノ)
 
CD・ステレオ・録音:2001年
harmonia mundi HMA1951741
 
 
今までオーギュスタン・デュメイ&ジャン・フィリップ・コラールやレイモン・ガロワ=モンブラン&ジャン・ユボーの演奏を聴いてきましたが、この演奏はそれらを超えるものではないでしょうか。先日、拙ブログにご訪問された"へたうむ"さんのブログで見掛けて、これは良さそうだと早速購入したCDです。
 
打ち震える様な心の動きを見事に表現していて、ピアノとヴァイオリンが互いに高めあっているのです。透明でいて、味わいが深い・・・思わず惹き込まれる響き。
 
 
輝かしくも美しい、時間(とき)の流れ
 
高貴でいて、官能をも香らせる陶酔の世界
 
 
ヴァイオリンもピアノも目覚しく巧いのですが、技術をひけらかすのではなく、音楽表現の為に捧げられているところが非凡です。
 
大変鮮明な録音でもあり、これはお薦め◎です!

J.S.BACH: THE SIX FLUTE SONATAS



HDtracksで偶々見つけた録音ですが、録音の良さは勿論、演奏も瑞々しくてとても良いと思います。
ファイル形式は、flacとaiffが選べます。
 
The complete Bach flute sonatas (BWV 1030-1035), performed by some of Los Angeles finest musicians.
 
このアルバムがUS$11.98ですから、1,000円くらいで買えてしまいます。ダウンロードは、実に有難いですね♪
 
アナログ系オーディオメーカーのVPIがスポンサーになっています。

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲作品131・133(弦楽合奏版)

ベートーヴェン:
1.弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調作品131(弦楽合奏版)
2.大フーガ変ロ長調作品133(弦楽合奏版)
 
シャーンドル・ヴェーグ指揮
ソロイスツ・オブ・インターナショナル・ミュージシャンズ・セミナー弦楽合奏団
 
SACD Hybrid・ステレオ・録音:1987/1989年、バーヤン教会、コーンウォール、イギリス
 
CAPRICCIO 71 072
 
 
ヴェーグの演奏には、モーツァルトのディベルティメントで嵌って以来、ずっと心酔して参りました。
 
天衣無縫、変幻自在・・・実に生き生きと音楽が鳴り響きます。
 
 

 
 
このベートーヴェン作品131も、冒頭から思わず惹きつけられてしまいます。
心が凍てつく悲痛の響き、そして止むに止まれない憧憬。
愉悦、安息・・・様々な心象がヴェーグの棒の許、表現力豊かに描かれていきます。
 
曲の素晴らしさを再認識する見事な演奏だと思います♪
 
しかし、ヴェーグにはもっと長生きして欲しかったですね。
 
録音も素晴らしく、弦楽合奏の美しさが手に取るように伝わってきます。
廉価盤なのが信じられない演奏・録音共に秀でた名盤です!
 
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ