FC2ブログ

モーツァルト・ピアノ協奏曲第27番


モーツァルト・ピアノ協奏曲第27番変ロ長調K.595
         ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467

フォー・ツォン(ピアノ&指揮)
シンフォニア・ヴァルソヴィア

Meridian CDE 84489
CD・ステレオ・録音:1991年4月、フレデリック・ショパン音楽院コンサートホール、ワルシャワ



生き生きと即興的な、そして心の籠もったモーツァルトです。
アーティキュレーションもツォンならではで、オケ・コントロールも含めて音楽を細部まで自分のものにしているのが分かります。

ツォンの演奏にはひたひたと真に迫る何かがあります。珠を転がすように美しいピアノの音色、音楽と一体化した様な・・・静けさに浮かび上がる深い響きにハッとさせられます。

27番がお好きな方には、特にお薦めです。

スポンサーサイト



組曲「サンダーバード」



"THUNDERBIRDS ARE GO"

MUSIC FROM THE MOTION PICTURE AND TELEVISION SERIES

COMPOSED AND CONDUCTED BY BARRY GRAY



お馴染みサンダーバードのサウンドトラック盤です。

バリー・グレイ(1908.7.18~1984.4.26)はイギリスの作曲家。「サンダーバード」「謎の円盤UFO」等、ジェリー・アンダーソン制作作品の音楽を担当した事で知られています。

小さい頃、この音楽を聴くと胸がワクワクしたものです。なかなかのメロディ・メーカーでフル・オーケストラの迫力や表現力もグッとくるものがありました。

私は8曲目ボサノヴァ調の"THAT DANGEROUS GAME"(危険な賭け)が好きで、今でも車の中などでよく聴きます。確かTVでは、黒柳徹子さんがペネロープの吹き替えでこの曲を訳詞で歌っていたと思います。

7曲目の火星探査ロケットの映画音楽"ZERO X THEME"も雄々しいメロディとリズムの刻みが印象的です。

サンダーバード・・・ただの子供向け人形劇ではなくて、その音楽にも拘る・・・英国のセンスと誇りが何気に感じられますね。(^^♪

お台場「ヴィーナスフォート」



今更ではありますが・・・久しぶりにお台場「ヴィーナスフォート」に行って参りました。


☆ネットの能書☆
お台場を代表するショッピングスポットのひとつで、1999年8月に誕生した日本初のテーマパーク型ショッピングモール。17~18世紀のヨーロッパの街並みがリアルに再現された施設では、ショッピングや食事はもちろん、本場ラスベガスの雰囲気が味わえる「CASINO VENUS」などのアミューズメントも楽しめる。


拙宅から車で小1時間ですので、比較的手軽に遊びに行けます。食事スポットもいろいろあって、買い物もリッチ系からニッチ・アングラ系も含めて多種多彩で楽しめます。

それと、感心したのは「トイレ」です。とても広くて綺麗なのです。前回は誕生間もなかったので、人混みが酷くて全体的に疲れたという印象しかなかったのですが、2度目の今回は隅々まで割と落ち着いて見られました。トイレまでも拘る、その姿勢・センスがとても良いです(^^♪。

大道芸も大変面白かったです。このお兄さん、どこか別の場所でも見掛けた様な気がします。

バッハ・パルティータ


J.S.Bach
6 Partitas BWV825-830

スコット・ロス(チェンバロ)

Warner Classics elatus 256461778-2
CD・ステレオ・録音:1988年4月、ソミエーレ寺院



研ぎ澄まされた、水晶の切り口の様に透明で鋭利な感性を感じます。
奇を衒った演奏ではなく、自然さの中に緊張感・集中度の高さがあり、それが一種の凄みとして伝わってきます。背筋のピンと張った演奏で安定感があり、そして輝かしく閃きに満ちています。

カール・リヒターのチェンバロ演奏が「私が弾く、だからお前は聴け」という強圧的な雰囲気だとしたら、このロスの演奏は非常に自由な雰囲気だと言えるでしょう。

チェンバロの音色の美しさも見事です。

bqv10353さんからのお薦めでロスのスカルラッティを買おうとネットショップを見ていたら、そのスカルラッティのCDは残念なことに在庫がなかったのです。そこで見かけたこのバッハ・・・これは素晴らしいに違いないと踏んで衝動買いしてしまいました。

しかし、これは大当たりでした。(^^♪

つい先日、ホルショフスキのバッハにも衝撃を受けたばかりですが、これも凄いです。

38歳の若さでこの世を去ってしまったロス、本当に残念でなりません。私達は、残された録音を大切に聴くしかないのです。

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ