FC2ブログ

カンブルランのブルックナー「ロマンティック」


モーツァルト:交響曲第33番変ロ長調K.319

ウィドマン:アルモニカ(2006)

ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」ノヴァーク版(第2稿)



シルヴァン・カンブルラン指揮

新日本フィルハーモニー管弦楽団

クリスタ・シェーンフェルディンガー(グラスハーモニカ)

2008年7月28日(月)19:15開演、サントリーホール



精緻・端麗なモーツァルトといい、重厚な響きで集中度の高いブルックナーといい、実に素晴らしい演奏でした。
カンブルランの実力の程をまざまざと見せ付けられた思いです。

モーツァルトは流行のピリオド奏法を取り入れていますが、細部まで非常に多彩な表情が付けられていて、現代物を得意にするカンブルランの緻密な手腕が生かされていた様に思います。

一方のブルックナー・・・指揮者はフランスの人なのに、この重厚な響きは一体何?圧倒的なトゥッティ!かのギーレンの後任として、南西ドイツ放送交響楽団の常任指揮者となったカンブルラン。なるほど、その表現力の幅の広さ、オケ・コントロールが本当に見事です。

新日本フィルもホルンは冷や冷やもの(特にブルックナー第1楽章冒頭のソロ)でしたが、一生懸命頑張ってついていったと思います。

ウィドマンのアルモニカは、日本初演だそうです。未知との遭遇・宇宙の神秘といったイメージの曲で、映画音楽にもありそうな感じです。しかし、演奏の充実度・緊迫感は大したもので、背筋がゾクゾクする様な世界が表出して不思議な感動を呼びました。

カンブルラン・・・これから先、目が離せない指揮者です。(^^♪

スポンサーサイト



PCオーディオ(その47)



高精度クロック用リニア電源・金田式シリーズレギュレーター

高精度クロック用リニア電源を金田式シリーズレギュレーターで製作しました。高精度クロックの電源に金田式を入れたのは、恐らく、日本初(ということは世界初)ではないでしょうか?♪

C1400、C1161、A726Gといった希少Trを惜しげもなく投入しております。25年くらい前に秋葉で購入し、諸般の事情でお蔵入りになっていたモノ達です。

コンデンサーは金田式オリジナル通りではなく、敢えてマイク・エリオット推奨のDynamicapを採用。日米のコラボレーションとなっています。トランスはいつものPLITRONで、定番CPMも入れてあります。

負荷を掛けると電圧が出なくなるトラブルがありましたが、これは単純な配線洩れでした。(^^ゞ心配された発振もなく、安定に動作しています。ケーシングはこれからですが、タカチのアルミサッシケースに収めるつもりです。

今回も回路図にアドバイスと、MHIさんにお世話になりました。
この場を借りて、更めて御礼申し上げます。m(__)m

PCオーディオ(その46)


Macbook自作リニア電源MarkⅡ with Apple MagSafeエアラインアダプタ [MA598Z/A]の完成。

電源トランスは、同じプライトロンの2次側電圧2割増のモノに交換。整流後非安定で24V強出ていますので、大丈夫なはずです。因みに必要電力の倍の余裕をみて、80VAを入れました。

さて緊張の一瞬・・・Macbook本体のデフォルトバッテリーを外した状態でMacOSXを立ち上げ、再生ソフトPlayを開いてCDを掛けてみます。

AC電源、OK!です。安定化電源回路がきちんと動いているのが分かります。

次にシリコンバッテリー、これもOK!です。


安定化電源の入力電圧を少々高めにしたことで動作が安定したこと、平滑コンデンサー等のエージングが進んだことが勝因と思われます。(^^♪

デフォルトバッテリー・レスの世界は、実に瑞々しく立体的な空間を感じさせます。従来のスイッチング電源は、どこか音に四角四面なイメージが付き纏い、粒が粗く情報量も今イチだったことが分かります。

響きの分解能が秀逸で、演奏する人の動き・気配が生々しい音!

PCオーディオ(その45)




高精度クロック用電源=金田式シリーズ・レギュレーター

クロックの電源は、アナログ・アンプ部分の電源と同様に極めて重要です。

ここに+24V金田式シリーズ・レギュレーターを導入します。部品は金田式をベースにして、いつものDynamicap・マイケル・エリオットご推奨品を加えております。基板は金田式デフォルトのベーク板ですが、配線は2497素線7本撚りではなく、オーグ・ラインで行いました。

尚、MHIさんから回路図をご提供頂きました。この場を借りて、更めて御礼申し上げます。m(__)m

夜なべ仕事で、まだ製作途上(ダーリントン接続で2N3055も付きます)ですが、こんな感じということで。

整流ブリッジはどうするか・・・FRDかSBDか、思案中。CPMも入れなくては。

シリコン・バッテリー電源の方も、この後、作っていきます。

とか言って・・・肝心の高精度クロックを何にするか決めなくては、始まりませんよね。水晶かルビジウムか、はたまた・・・?

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ