FC2ブログ

金田式DCマイクによるモーツァルトKV493


モーツァルト:ピアノ四重奏曲変ホ長調KV493
シューマン:ピアノ四重奏曲変ホ長調作品47

フィルハーモニーカンマーアンサンブル
コンサート2008 in オペラシティ Vol.2

ヴァイオリン
青木 高志(東京フィルハーモニー交響楽団首席コンサートマスター)

ヴィオラ
曽和 万里子(東京フィルハーモニー交響楽団ヴィオラ)

チェロ
黒川 正三(東京フィルハーモニー交響楽団首席チェロ)

ピアノ
黒川 文子(聖徳大学・大学院講師/三光教会オーガニスト)

CD・ステレオ・録音:2008年4月23日、オペラシティ、ライブ

media CHAPA
吊りマイク用改造金田式DCマイクロフォンで収録
プレス版CD



ピアノが主導するアンサンブル。

自由闊達なピアノ、丸みを帯びた美しい音がさっと並べられます。ところどころミスはありますが、聴かせるモーツァルトだと思います。弦がちょっと緩い時がありますが、なかなか良い響きが出せているのではないでしょうか。

シューマンも自由闊達なピアノが印象的です。ただ録音が良いというだけのCDではありません。

音質は自然なコンサート・プレゼンス。
間接音が豊富ですが、ダイレクトな音も克明に記録されています。金田式ならではの超高感度マイクの世界♪

興味のある方、こちらで買えます。2,500円(税込・送料込)とリーズナブルなお値段。
http://www.mediachapa.com/

スポンサーサイト



Henry Purcell: Ten Sonatas in Four Parts


Retrospect Trio
Henry Purcell: Ten Sonatas in Four Parts
...celebrating 350 years of Purcell
CKD 332 (Linn Records)


LINNの音楽ダウンロードサイトで、Studio Master WMA 24bit 88.2kHz (1,278.1MB)をゲット。

CDフォーマット:16bit 44.1kHzを超えるハイ・リソリューション・サウンドの世界!

透明・微細・緻密・・・鮮やかに楽器の響きが伝わってきます。真に「再生」~音が生き返る時。

こんなに素晴らしい録音がインターネットでダウンロード出来るとは、本当に有難い時代になりました。
演奏も精妙で味わい深いものです。

(^^♪

ドライカーボン・インシュレーターのその後


写真右は「ドライカーボン無垢」、左は「ドライカーボン+ノーメックス®ハニカム」でいずれも20×20×約10mmのミニサイズとなっています。

今回、ワンオアエイトカンパニーさんから左のインシュレーターを購入しました。
http://www.1or8co.com/onlineshop01.html

さて、「ドライカーボン無垢」と「ドライカーボン+ノーメックス®ハニカム」の比較試聴です。

「ドライカーボン無垢」は、低域に量感があり、ハイファイ・オーディオ調になります。

「カーボン+ノーメックス®ハニカム」は、低域が無垢に比べると減りますが、すっきりと纏まりの良い音です。

更にエージングを重ねて夫々のキャラクターをよく把握して、2種を組み合わせてみるのも面白そうです。


たかがインシュレーター、されどインシュレーター、やはりインシュレーター。

ドライカーボンって、つくづく凄い素材ですね!♪(^^

金田式DCマイクによるモーツァルトKV421・KV581


モーツァルト:弦楽四重奏曲KV421・クラリネット五重奏曲KV581

フィルハーモニーカンマーアンサンブル
コンサート2008 in オペラシティ Vol.4

ヴァイオリン
宮川 正雪(東京フィルハーモニー交響楽団首席第2ヴァイオリン)
松川 裕子(A.U.Z.Sinfoniettaメンバー)

ヴィオラ
黒川 正三(東京フィルハーモニー交響楽団ヴィオラ)

クラリネット
杉山 伸(東京フィルハーモニー交響楽団首席クラリネット)

CD・ステレオ・録音:2008年1月31日、オペラシティ、ライブ

media CHAPA
吊りマイク用改造金田式DCマイクロフォンで収録
プレス版CD


Macbookの電源を金田式リニア電源に替えてから凄いことになっています♪
アンプやスピーカーまでシステム全体が再びエージング・モードに入り、グングン音が良くなっていくのです。毎度ですが、恐るべし金田式。m(__)m

録音した現場にワープした様な、衝撃的なダイレクト感のある音。音楽が始まる前の気配が既に生々しい!

そうした中で、もう半年以上前に購入していたCDを更めて聴いてみました。以前は少々間接的で大人しい音のディスクだなぁと感じていましたが、今、聴いてみるとこれが実に素晴らしい!

非常にクリアで切れ味が鋭いのですが、豊かな円やかさもあり、幸せになる音色・・・目の前で演奏してくれているイメージ。

演奏もそこそこかと思われます。

興味のある方、こちらで買えます。2,500円(税込・送料込)とリーズナブルなお値段。
http://www.mediachapa.com/

超廉価版スパークリング・ワイン


先日、南アの千円ワインを買い求めたネット・ショップで目に止まった超廉価版スパークリング・ワイン。

モンテベッロ・スプマンテ・ビアンコ NV

その能書を引用致しますと・・・

あのミラノの世界的ファッションブランド【ジョルジオ・アルマーニ】も、東京で開催されるファッションショーの後に行われるセレブパーティーでは、わざわざ指定してこの凄腕スパークリングを使用!!。さらには、近年どのレストランガイドにも紹介されるほどの、間違いなく今のイタリアレストランの流行の最先端を行く東京青山のあの有名店はハウス・スパークとして使用し、在日イタリア人も認める、薪窯で焼きあげた本格ナポリスタイルのピッツァで有名な六本木のあの有名店では、グラス・スパークリングとして使用!!。

トドメは、何といってもイタリアで二番目にミシュラン三ツ星レストランの栄誉に輝いたあの名店も、パーティースパークとして使用するのは勿論のこと、この凄腕の造るプロセッコをメニューにオンリスト!!

なのだそうです。

それが何と1,239円という価格。こりゃ外しても試す価値(勝ち)ありの負けなしということで(^^ゞ、速攻ポチ致しました。

さて、届きました!ラベルも瓶も立派な造りで、見た感じでは数千円と言われても納得しそうな代物。
流石、アルマーニ御用達。よく冷やして頂きます♪

さっぱり辛口で好きな味です。ブドウ・ソーダに醸造用アルコールを添加した様なアバウト系安物の味ではありません。軽いだけでなくて、風味にきりっとした佇まいが感じられます。炭酸が肌理細やかで、タッチが繊細です。これは美味しい!♪

あっと言う間にボトル半分がなくなり、いやぁ余裕で1本いけちゃいそうです。いかん、いかん、飲みすぎ注意報発令・・・半分で止めときます。

翌日、当然の如く空に。2本買っておいたので、残る1本がとても楽しみです♪

千円で満足のワイン


先日、某新聞に「千円で満足のワイン」という記事があり、家族がそのページを取っておいてくれました♪

最近、廉価版ワインに興味津々の私としては、早速、ネットでポチと相成りました。


パンゴリン・カベルネ・ソーヴィニヨン2007

記事の中で赤の1位。3本買って、まず1本開けてみました。

果実味豊かでコクがあり、ピリッとスパイシーな切れもあります。なかなか良いかも。(^^
ただ、暫く飲んでいると、そのスパイシーさがきつ過ぎる気がしてきました。おおっと、それでもボトル半分飲んでしまった・・・(^^ゞ。 食べ合わせか体調のせいかと思って、翌日、更めて飲んでみると、やはりスパイシーさが過剰で胡椒みたいに辛いです。

数日して2本目を飲んでみると、今度はバランスが良くてスパイシーさも適度です。美味しい!う~ん、これは当たり外れがあるのかもしれません。

また数日して3本目、これもバランスが良くて美味しい!

いやぁ、黙って飲まされたら、これが千円だとは思わないでしょう。
ちょっと1本目には失敗を感じましたが、2本目、3本目で大のお気に入りになってしまいました♪

PCオーディオ(その68)



Macbook用自作リニア電源MarkⅢ

「MJ無線と実験」平成20年9月号・金田式DCアンプシリーズNo.198レコード再生システムの安定化電源・モータードライブ・アンプ用シリーズ・レギュレーター+15VによるMacbook用電源MarkⅢ


PCオーディオ(その66)・(その67)で金田式Macbook用リニア電源の製作をしてきました。
電圧を15.2Vから16.5Vへ上げて、デフォルトと同じにしてあります。今までは音質優先でヒューズも入れていなかったので、今回弄くりついでに安全を図ってオーディオ用サーキット・プロテクターも導入しました。電源スイッチを兼用出来るので、ヒューズより音質的には良いかと思われます。

シャーシーの蓋を閉めて、温度上昇のチェックも終えました。40℃くらいで止まっていますので、まず問題ないでしょう。

一週間経って、エージングも進んできたところです。さて、音質はどうか・・・?
ん!より自然でリアル、クリアで懐が深くて表現力の幅が広くなったぞー!流石、金田式超高速電源。

この透徹した響き、何しろ音に凄みがあるのです。音楽が始まる前の気配が既に録音現場にワープ状態。楽器の音色の変化が一層敏感になった上、音場が前後左右上下に拡大しています。(^^♪

以前使用していたユニエル電子の直流電圧可変型電源AVR-302AHでは差動増幅部分がICだったのですが、この金田式電源はディスクリートになっています。その辺も利いている様です。

Macbookにリニア電源、途轍もない効果!

因みにシリコン・バッテリーの入力端子(12V×2)も設けてあります。その効果の程が楽しみです♪

《2009.7.7 追補・修正》
オーディオ用サーキット・プロテクターは上記の試聴後に入れたのですが、結果、本環境では「半殺しトーン」になってしまうので、オーソドックスなトグル・スイッチとヒューズに入替えました。

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ