FC2ブログ

ブルックナー:交響曲第9番ニ短調

ブルックナー:交響曲第9番ニ短調(ノーヴァク原典版)
 
若杉 弘 指揮
東京フィルハーモニー交響楽団
 
CD・ステレオ・録音:2007年12月13日、東京オペラシティ・コンサートホール、ライブ
コロムビア・タワーレコード TPTW-1003
 

 
若杉 弘の指揮するブルックナーの素晴らしさはザールブリュッケンとの同曲で深く印象付けられましたが、この東京フィルとの演奏も実に見事です。前者が1994年12月録音に対して、後者は2007年12月録音と13年の歳月を経てのものになります。
 
若杉はここでも自然体ですが、ブルックナーを充実した響きで構築・再現して聴かせます。恣意的にテンポやダイナミクスを変化させることがなく、音楽が歪むことがないのです。
 
第1楽章
第2主題の優しさは如何ばかりでしょう。ゆったりしたテンポで心を籠め貫いていますが、決して重たくはなりません。全体を見渡す余裕が感じられ、音楽に広大な響きを齎しています。
 
第2楽章
鋭さと重厚さのバランスが素晴らしく、特に中間部は若杉ならではの内声部を生かした解釈が感じられます。集中と拡散を繰り返しつつ跳躍する和声の魔術が、実に鮮烈に描かれています。
 
第3楽章
深遠なる世界に誘われます。全てのパッセージに入念な感情移入が施され、蔑ろにされる音がありません。
コーダのトゥッティこそ、この演奏の結論と言えましょう。常に響きが構築的に展開し、圧倒的巨大さの中に新たな地平が現れるのです。
 
これは本当に素晴らしいブルックナーです。オケのアンサンブル等はザールブリュッケンが勝りますが、東京フィルも一生懸命弾いていて真に勇将の許に弱卒なし。
 
ザールブリュッケンと東京フィル、共に私の愛聴盤となりました♪
 
若杉が真に「心血を注いだ」ブルックナー。
スポンサーサイト



ベートーヴェン:弦楽四重奏曲作品131・133(弦楽合奏版)

ベートーヴェン:
1.弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調作品131(弦楽合奏版)
2.大フーガ変ロ長調作品133(弦楽合奏版)
 
シャーンドル・ヴェーグ指揮
ソロイスツ・オブ・インターナショナル・ミュージシャンズ・セミナー弦楽合奏団
 
SACD Hybrid・ステレオ・録音:1987/1989年、バーヤン教会、コーンウォール、イギリス
 
CAPRICCIO 71 072
 
 
ヴェーグの演奏には、モーツァルトのディベルティメントで嵌って以来、ずっと心酔して参りました。
 
天衣無縫、変幻自在・・・実に生き生きと音楽が鳴り響きます。
 
 

 
 
このベートーヴェン作品131も、冒頭から思わず惹きつけられてしまいます。
心が凍てつく悲痛の響き、そして止むに止まれない憧憬。
愉悦、安息・・・様々な心象がヴェーグの棒の許、表現力豊かに描かれていきます。
 
曲の素晴らしさを再認識する見事な演奏だと思います♪
 
しかし、ヴェーグにはもっと長生きして欲しかったですね。
 
録音も素晴らしく、弦楽合奏の美しさが手に取るように伝わってきます。
廉価盤なのが信じられない演奏・録音共に秀でた名盤です!
 

FMトランスミッター

拙宅のカー・ステレオにはミニプラグの外部入力ジャックがないので、携帯音楽プレーヤー等固体メモリー系媒体から音楽を鳴らすにはカーナビのSDカード・スロットを使うか、FMで飛ばしてチューナーで受けるしかありません。
 
簡便なのはFMですが、このFMトランスミッターに案外良い物がないのです。ネットで1,000円くらいの中国製と思しき物を購入したのですが、これは雑音が入り易い上、すぐに壊れてしまいました。(^^ゞ
 
次に、それなら国産の有名メーカー製なら大丈夫だろうと数千円出して購入したのですが、これまた雑音が入り易く、トンネルや建物の中に入ると音が途切れるという代物~~~まるで使い物になりません。
 
暫く諦めていたのですが、先日偶々ネットを眺めていると「むむむ、ん!」という頗る評判の良いモノが見つかったのです。
それが、このBKM iPOP デジタルワイアレスFMトランスミッター BP-11017F
 

電源はシガーライター、USB、単4電池とマルチ仕様。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

周波数切替も出来ます。
小型で嵩張りません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何より電波送信性能が高く安定していて、ノイズに悩まされることがありません。音質も必要充分なもので、なかなかFMで出すことの難しい低音も結構イケてます。
 
この機能・音質で、たったの980円とは驚きのコストパフォーマンス!♪
これは韓国製でして、日本製にこうした優れモノがないのは寂しい限りです。

クララ・ハスキル ポートレート


CD1
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第19番(録音:1953年 RIAS)
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番(録音:1954年 RIAS)
  フェレンツ・フリッチャイ指揮、RIAS交響楽団

CD2
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第13番(録音:1953年 RIAS)
  フェレンツ・フリッチャイ指揮、RIAS交響楽団
・シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番(録音:1951年 PHILIPS)

CD3
・ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番『春』(録音:1957年 PHILIPS)
  アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
・モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番(録音:1957年 PHILIPS)

CD4
・バッハ:2台のピアノのための協奏曲 BWV.1061(録音:1956年 EMI)
・モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲 K.365(第10番)(録音:1956年 EMI)
  ゲザ・アンダ(ピアノ)
  アルチェオ・ガリエラ指揮、フィルハーモニア管
CD5
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番(録音:1953年 SWR)
・ラヴェル:ソナチネ(録音:1953年 SWR)
・バッハ:トッカータ ホ短調 BWV.914(録音:1953年 SWR)
・ドビュッシー:練習曲集より『対比的な響きのための』(録音:1953年 SWR)

CD6
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番(録音:1950年 WESTMINSTER)
  ヘンリー・スヴォボダ指揮、ヴィンタートゥール交響楽団
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第18番(録音:1955年 PHILIPS)

CD7
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番(録音:1954年 RIAS)
  ディーン・ディクソン指揮、RIAS交響楽団
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番『テンペスト』(録音:1955年 PHILIPS)

CD8
・シューマン:ピアノ協奏曲(録音:1956年 TSR)
  エルネスト・アンセルメ指揮、スイス・ロマンド管
・シューマン:アベッグ変奏曲(録音:1954年 RIAS)
・シューマン:アルバムの綴りより4曲(録音:1954年 RIAS)

CD9
・バッハ:ピアノ協奏曲第5番(録音:1950年 SONY)
  パブロ・カザルス指揮、プラド祝祭管弦楽団
・D.スカルラッティ:11のソナタ集(録音:1950年 WESTMINSTER)

CD10
・シューマン:子供の情景(録音:1955年 PHILIPS)
・シューマン:森の情景(録音:1954年 PHILIPS)
・シューマン:色とりどりの小品(録音:1952年 PHILIPS)

 クララ・ハスキル(ピアノ)

CD・モノラル

Germany SONY MUSIC 232868 PC:321



ハスキルの芸術を堪能出来る10枚組CD。

何とネットの某ショップで1,132円の超お買い得価格で、LPやCDで既に持っていて被る曲目があってもポチですね。

リマスタリングしたのかどうか分かりませんが、音もバラつきはあるもののモノラルながら鮮明です。

それにしても、ジャケットのハスキル、本当に凄い形相ですね。繊細で愛に満ちた演奏の影には、恐るべき厳しさが潜んでいたに違いありません。


ハスキルの音楽には、孤独の中に聴く者を癒す響きが満ちています。類稀な音楽性と技術を持つ演奏家が、全身全霊を籠めて描く世界・・・それに触れられる喜びは、何より無上のものです。♪

音楽・・・それは生きる喜びであることを教えてくれる、ハスキル。

ブルックナー:交響曲第9番ニ短調


Sinfonie Nr.9 d-Moll "Dem lieben Gott"
1.Feierlich. Misterioso
2.Scherzo.Bewegt, lebhaft - Trio. Schnell
3.Adagio. Langsam, feierlich

Radio-Sinfonieorchester Saarbrücken
Hiroshi Wakasugi, Dirigent

CD・ステレオ・録音:1994年12月

BMG 82876 52587 2



若杉 弘のブルックナー。

先日、若杉氏のシュターツカペレ・ドレスデンとのエロイカに甚く感銘を受けて、それならブルックナーもと買い求めてみたのです。

期待通り、実に素晴らしい演奏です♪

シューリヒト/ウィーン・フィル、ヴァント/ミュンヘン・フィル(sardana sacd-105/6)、グッドオール/BBC響と並んで、大のお気に入りとなりました。


清澄で自然な流れの中に、織り込まれた濃やかな心。若杉氏が振ると、清澄・自然といったものが常に底流に流れている様に感じます。

若杉氏は何より献身的に楽曲に取り組み、真に心血を注いだブルックナーの響きに満ちています。


まるで水晶を彫琢して作ったキリスト像、否、聖母マリア像を髣髴とする心象世界が広がります。



ブルックナーが神に捧げた第9番。






10万アクセスの御礼


畏れ入ります。

気が付けば、10万アクセスを突破。

大変、遅ればせながら、御礼申し上げます。


お陰様で何とかここまでやってこられました。

本当に有難うございます。m(__)m

Night and The City


"Night and The City"

1 Twilight Song
2 For Heaven's Sake
3 Spring Is Here
4 Body And Soul
5 You Don't Know What Love Is
6 Waltz For Ruth
7 The Very Thought Of You

CHARLIE HADEN, bass
KENNY BARRON, piano

CD・ステレオ・録音:1996年9月20~22日、イリジウム・ジャズクラブ、ニューヨーク、ライブ

Verve 314 539 961-2



グラスを傾けながら過ごす・・・素敵な都会の夜。

ニューヨークのとあるレストランでのライブ録音。

バロンのピアノとヘイデンのベース、静けさの中の強かなタッチ・コントロール。


掛け合い、時に囁き、そして語り合う。

その雰囲気の良さは格別。


甘過ぎない大人の響きに包まれて、時の流れに身を任せるのも悪くない。


"Night and The City"

ハイティンクのマーラー


マーラー:交響曲第6番イ短調「悲劇的」

ベルナルド・ハイティンク指揮
フランス国立管弦楽団

CD・ステレオ・録音:2001年10月24日、27日、シャンゼリゼ劇場、パリ、ライブ(フランス放送による録音)

NAIVE V4937



ハイティンクのマーラー・・・しかもフランスのオケです。

一体、どんなマーラーを聴かせてくれるのか、期待に胸は高鳴ります。


さて、拝聴させて頂きます。

むむっ、オーソドックスな様でいて、結構灰汁のある部分も。

濃やかな表情付け、ダイナミクスやアゴーギクも「これが私(ハイティンク)のマーラー観だ」と納得させる堂に入ったものです。基本は、丁寧・じっくり系の音楽作り。しかし黙って聴かされたら、これがフランスのオケだとは思わないでしょう。


個人的に同曲最高の演奏はボンガルツ盤ということに変わりはありませんが、このハイティンク盤もなかなかの好演と感じました♪

この曲は曲想・オーケストレーションからしてド派手にやりたくなるでしょうが、やり過ぎは禁物なのです。やり過ぎると行方不明になって、途中で飽きてしまいます。一歩手前で踏み止まる抑制が、何より感動を呼び起こします。



その場の感情に溺れることなく、冷静さと情熱が同居する熟達の筆で描かれたマーラー。

ハイティンクの思考が音化される瞬間(とき)。

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ