FC2ブログ

バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ


 
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
 
ユリア・フィッシャー、ヴァイオリン
 
Sonata for solo violin No. 1 in G minor, BWV 1001
1. Adagio
2. Fuga (Allegro)
3. Siciliana
4. Presto

Partita for solo violin No. 1 in B minor, BWV 1002
5. Allemanda
6. Double
7. Corrente
8. Double (Presto)

Partita for solo violin No. 1 in B minor, BWV 1002
9. Sarabande
10.Double
11.Tempo di Borea
12.Double

Sonata for solo violin No. 2 in A minor, BWV 1003
13.Grave
14.Fuga
15.Andante
16.Allegro

Partita for solo violin No. 2 in D minor, BWV 1004
17.Allemande
18.Corrente
19.Sarabanda
20.Giga
21.Ciaccona

Sonata for solo violin No. 3 in C major, BWV 1005
22.Adagio
23.Fuga
24.Largo
25.Allegro assai

Partita for solo violin No. 3 in E major, BWV 1006
26.Preludio
27.Loure
28.Gavotte en Rondeau
29.Menuets 1 - 2
30.Bourrée
31.Gigue
 
Violin:Jean Baptiste Guadagnini from 1750
 
SACD Hybrid Multichannel・ステレオ・録音:Doopsgezinde Singelkerk, Amsterdam, 12/2004
 
PentaTone classics PTC5186 073 / PTC5186 074
 
 
ユリア・フィッシャーというヴァイオリニストは、今回、初めて聴きました。
 
奇を衒わず、確かな技術に裏付けられたオーソドックスな弾き振り。
 
厳し過ぎず、温かく女性的な円やかさも垣間見られます。同じ女流でもムローヴァがパルティータを弾いた場合、幻想の世界に入っていくのに対して、フィッシャーはどちらかと言うと現実を見つめているイメージです。
 
私の同曲のお気に入りは、ミルシティン、シェリング(旧盤)、シゲティ、フェラスですが、このフィッシャーも音楽だけを感じさせるなかなかの好演と思いました。音色も大変美しいです♪
 
このSACD、音質が素晴らしいです。瑞々しく静謐・艶やかで、ヴァイオリンの胴鳴りと拡散していく響きが見事に捉えられています。
 
演奏良し&録音良しで、これは実に価値高い盤です!(^^
 
 
スポンサーサイト



CHANEL POUR MONSIEUR

CHANEL POUR MONSIEUR
 
この香りが好みで、昔から使っております。
 

 
シャネル曰く・・・
 
永遠のエレガンス 繊細で洗練された爽やかな香り

マドモアゼル・シャネルは生涯を通じて女性であることを楽しみ、才能あふれる男性たちとの交流も豊かでした。
ピカソ、ストラヴィンスキー、コクトー、ウェストミンスター公爵など、彼女はこうしたアーティスト、貴族、デザイナー、企業家などに、あるフレグランスをプレゼントしています。それがプール ムッシュウでした。

さわやかでシトラス、ウッディ、スパイスのきりっとした繊細で洗練された香り。上品さとやさしさが調和しています。都会的な洗練された大人の男性のための香水です。
 
調香師:アンリー・ロベール
 
********************************************************************************************
 
~残念ながら私はハイソではないので、憧れを香りだけでもと・・・。(^^ゞ
 
シャネル他、幾つか試して、このオー・ド・トワレが私のお気に入りになりました。
 
一方、女性用の香水ではシャネル19番が好みです。清潔で気品のある色香を感じます。ゲランのミツコとかは苦手です。だんだん気持ち悪くなってしまうのです。対象年齢層も異なる香水ですが・・・。
 
皆さんは、どんなものをお使いでしょうか?
また、女性の香水で好悪はありますか?
 

スタイラス・クリーナー

ゼロダスト・スタイラスチップクリーナー
ONZOW Labo
 

 
アナログ・カートリッジの針先をクリーニングするアイテム。
 
上の蓋を外して、針先を中央の粘着質のところにタッチさせるだけの手軽さです。
 
普段、その都度使いに便利です♪
 
オルトフォンも推奨しているとか。
 

買ってしまった・・・

ステレオサウンド等々の雑誌を買うと、結果的にオーディオ機器購入に至るという散財パターンが・・・。(^^ゞ
 
しかし、買ってしまいました~オーディオアクセサリー。
 

 
オーディオ系の雑誌もいくつか見ておくと、偏らなくて良いとか勝手に思っております。
 
眼の保養ですかね・・・Orz

路傍の花

路傍の花
 
うっかりすると見過ごしそうな小さな花。
 
しかし、何故か印象に残る綺麗な花です。
 
どなたか、この植物の名前をご存知でしょうか?
 

Ultra Wide Bandwidth Regulators

Ultra Wide Bandwidth Regulators
NewClassD DEXA Technologies
 

デンマーク製
超低ノイズレギュレーター
 
以前、金田式DACのUSB入力基板のクロック5V電源用に使用して、大変な好結果が得られました。
 
バックグラウンドの静けさが素晴らしく、透明でいて表現力豊かな音なのです。
 
今回、これをFIDELIX PureLhythmの電源として使おうと思っております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※上記サイトでは、日本からの注文を受けない模様です。パツコネで買えます。
 
 
FIDELIXからも、超低ノイズ三端子レギュレーターが出てくる予定なので比較が楽しみですね♪
 

若杉 弘のベートーヴェンとシューベルト

ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92
 1. 第1楽章 Poco sostenuto-Vivace
 2. 第2楽章 Allegretto
 3. 第3楽章 Presto
 4. 第4楽章 Allegro con brio
 
シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 『未完成』D.759
 5. 第1楽章 Allegro Moderato
 6. 第2楽章 Andante con moto
 
若杉 弘(指揮)
東京フィルハーモニー交響楽団
 
CD・ステレオ
録音:1~4 2006年4月23日、Bunkamuraオーチャードホール
   :5~6 2007年12月13日、東京オペラシティコンサートホール、ライブ
 
コロムビア・タワーレコーズ
TPTW-1004
 

 
 
《ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92》

第1楽章
第一音は態とズラして奏させる往年の演奏系。冒頭で控えめに奏されるヴァイオリンも、その後の低弦のアタックとの対比を意図したものと知らされます。重厚な響きと清澄な響きの一体感が見事です。若杉は安定した足の運びで、音楽を進めていきます。自然体の中に深い思索の跡が伺え、曲の持つ素晴らしさを歪めることなく伝える技量には本当に頭が下がります。
 
第2楽章
細部まで神経を通わせながら決して繊細振ることなく、悲しみを抑えているので一層聴く者の涙を誘います。ここにも若杉が心血を注いだ響きが、確かに存在します。
 
第3楽章
各楽章に言えることですが、日本のオケとは異なる響き。どこか東欧のオケを髣髴とするものがあります。若杉の脳裏には、きっとドレスデンの響きがあったのでしょう。
西と東の伝統を融合し、更により高きものへの挑戦が若杉にはあったに違いありません。
 
第4楽章
クレンペラー張りに遅いテンポですが、クレンペラー同様に凭れることはありません。響きを鋭く彫琢しつつ常に落ち着いた展開で、音楽を優美に且つ圧倒的な充実度で締め括るのです。
 
 
《シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 『未完成』D.759》

第1楽章
充実した響きは相変わらずですが、時に抑え目に鳴らされる弦には諦念の美が感じられます。自然体でいて深い、非常に困難なことを成し遂げた驚異的な演奏と思います。
若杉の演奏を聴いていると、剣の達人や高僧のイメージがどこかあります。響きの背後にある静けさが、既に普通の演奏とは異なっているのです。
 
第2楽章
実に清澄な流れの中に無欲の境地・彼岸の美があります。激しい情念と冷徹さが同居したムラヴィンスキー盤とは対極にあるタイプの演奏ですが、得られる感銘の深さは同様です。
 
 
若杉の晩年の録音がこうして残されたことを、我々は感謝しなければなりません。もっとオケが良かったらと思うところもありますが、それを補って余りある素晴らしい音楽=再現芸術に只管感銘を受けます。

ミュンシュの幻想交響曲

ドビュッシー:管弦楽のための3つの交響的素描『海』
 1.「海の夜明けから真昼まで」
 2.「波の戯れ」
 3.「風と海の対話」
 
ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14
 1.「夢~情熱」
 2.「舞踏会」
 3.「野の風景」
 4.「断頭台への行進」
 5.「サバトの夜の夢」
 
シャルル・ミュンシュ指揮
パリ管弦楽団
 
CD・ステレオ・録音:1967年11月14日、シャンゼリゼ劇場、ライブ
Altus ALT182
 

 
ミュンシュの幻想~大爆演!
 
ベルリンフィルを向うに張ってのパリ管弦楽団発足演奏会のライブ録音とあって、その熱気・気迫たるや大変なものです。
 
新宿タワレコでもコンスタントに売れ続けているCDだそうで、試聴コーナーで聴いてみて驚愕、速攻ゲットと相成りました。
 

録音も良いですが、左の帯に「脅威の高音質ステレオ録音、初出」とあるのは「脅威」ではなくて「驚異」ですよね・・・ご愛嬌。
 
60年代には、現在聴いても素晴らしい録音が結構あります。当時のマイクアンプ等には、真空管やゲルマニウム・トランジスターが使われていたことと無関係ではないと思います。
 
熱血漢ミュンシュ、気合の叫びも入ってます。(^^ゞ
 
ドビュッシーの『海』も、スケールの大きい表現力豊かな演奏。
 
 
演奏・録音共に揃った名盤。
 
これはお薦めです♪
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ