FC2ブログ

ブルックナー:交響曲第8番

ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調 WAB.108 [ノヴァーク版]
セルジュ・チェリビダッケ指揮 
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
 
CD・ステレオ・録音:1990年10月20日、サントリーホール、ライブ
 

 
嘗てNHKテレビでこの演奏を視聴し、あまりの素晴らしさに驚愕して即六本木WAVEに走り、LDを買い求めたことが懐かしく思い出されます。CDとしてなかなか発売されなかったのですが、やっと陽の目を見て何よりです。
 
第1楽章
始まりから深く澄み渡ったまるで「禅」の世界の様な響きが現れて、思わず惹き込まれてしまいます。後から聞いたところでは、チェリビダッケは静岡県三島にある龍澤寺で「禅」の修行もしたとのこと。ブルックナー=「キリスト教」と「禅」の融合とは何とも凄いことになったものです。
しかし、この遅いテンポは彼必然のものですね。遅くても緊張感が持続していて、決して凭れることがありません。
 
第2楽章
この楽章は割と普通のテンポで奏させていますが、楽章間で違和感がなくバランスが取れているのは流石です。中間部も美しく、心の籠った響きが印象的です。
 
第3楽章
素晴らしいアダージョ。テンポは愈々遅くなり、因みにシューリヒト/ウィーン・フィルが21分44秒、マタチッチ/N響が25分18秒に対して、このチェリビダッケは31分28秒ですから、如何に遅いかが分かるでしょう。しかし、第1楽章同様に凭れることがありません。
この耽美的なまでの深遠・広大な響きに只管埋没したいと願う自分に気付くのです。
 
第4楽章
チェリビダッケのブル8の結論がここにあります。冒頭の推進力も只事ではありません。中間部もぎりぎりの遅いテンポが深い呼吸を齎し、この上ない優しさを伝えて聴く者の心を癒してくれます。いつもながら、第1楽章第1主題の全強奏、金管の咆哮には本当に痺れます。それにしても、ペーター・ザードロのティンパニーは実に見事に決まっていますね。オケ全体の状態も良く、この演奏はチェリビダッケ最高のブル8だと言って過言ではないでしょう。
マニアが血眼になって探しているという同曲のリスボン・ライブより、個人的にはこちらの来日公演の方が色付けがなく、更に深く清澄な演奏と感じます。
 
音も良いですし、お薦め◎です!
 
ところでこのCD、まともに買うと4,715円しますが、量販店では3,300円くらいで売られています。以前、同チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルのブル5を確か値引き後3,300円くらいで買って、暫くしたら1,000円になっていたショックを思い出しましたが(今見ると、このブル5もブル8と同じ4,715円に戻っています)、勢いづいて買ってしまいました。このCDも、いずれまた1,000円になる日があるやもしれません。虎視眈々と狙っておいでの方、多いのでは・・・?(^^
 
 
 
 
スポンサーサイト



ブラームス:交響曲第2番

R.シュトラウス:《ドン・ファン》作品20
ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73
 
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 
CD・ステレオ・録音:1966年9月8日、モントルー・フェスティバル、ライブ
スイス・ロマンド放送所有のテープよりデジタル・リマスタリング
 
Somm SOMMCD037
 

 
昨日、立ち寄った新宿のタワレコで、偶々目に入ったCD。
コメント・タグに「幻のCD。本当に今度こそ幻になるかも・・・」云々とありまして、そう言われると気になります。
お値段も990円と超お手頃ですから、お試し感覚でOK。
 
ホーレンシュタインと言えば、マーラーやブルックナーのイメージがありますが、これは珍しいチェコ・フィルを振ったブラームス。
 
早速、聴いてみます。
 
すっきりとしていて、それでいて味のあるブラームスでなかなかの演奏と感じました。実力派の指揮者が名門チェコ・フィルを振ると、かくも自然なブラームスの田園交響楽が生まれるのですね。第1楽章は今一つ興が乗らない感じですが、第2楽章辺りから調子が出てきます。
 
録音が1966年なのでチェコ・フィルはアンチェルの時代ですが、モントルーでホーレンシュタインが振った経緯は何なのでしょう?
 
このCD、音がかなり鮮明で良いです。余韻まで綺麗に聴き取れ、現代のレベルで言ってもポイントが高い録音だと思います。流石、スイスの録音技術・・・オープンリール・デッキの名機STUDERで録音されたのでしょうね。
目の前にオーケストラが広がるイメージで、指揮台に立った感覚です。
 
音質だけで買っても損はないと思います♪
買わないと本当に幻のCDになるかも。(^^ゞ

エギュベル・ジン


 
昨夜、新宿のとあるバーで友人と2次会の一杯。
 
私は、まずタンカレー・マティニを軽く飲み干し、次にジンを変えたくなり、ビーフィーターと言ったものの飲んだことのないものにトライしたくなり、バーテンさんに訊くとこのエギュベルを薦められました。
 
口に含んでみると、実に旨い!
 
しかし、こういうジンを造るセンスって物凄いと只管感銘頻り。
 
甘やかな味わい、ベリーや香草系の香りがアクセントになっていて何とも極めて美味。女性的な円やかさ、フランス物の馨しい音楽を聴いている様ないい気持ちにさせてくれる、私にとっては魔法のジンです。いやぁ、40度もあるのに口当たりが柔らかいので、危険なお酒でもあります。(^^ゞ
 
エギュベル・ジンの色香。
 
ネットの情報では・・・
エギュベル・ジン(Eyguebele Gin)は、南フランスはプロヴァンス地方、トラピスト派エギュベル修道院で造られているジン。もともとジンは解熱・健胃・利尿に効く薬用酒として誕生したものですので、修道院で作られていたのはそうした理由からかもしれません。エギュベル修道院のリキュール造りは、1239年ベネディクトゥス・デ・ヌライエ修道士のエリクシール・ド・ヴィを基本とし18世紀半ばにジャン神父がレシピを作り上げたのに始まります。そして1930年代にアルディッシュの醸造所であるドールズ社が買収し、現在のレシピが決まりました。甘く、ジュニパーベリーの香りが華やかで、ゆっくりと楽しめるジンだと思います。
・・・とのこと。

早速、ネットで検索して購入ポチ致しました。
我が家では、ストレートかオンザロックで楽しもうと思っております♪

マルグリット・ロンのKV488


 
MOZART :
 
1. Violin Concerto No.5 in A (K.219): I. Allegro Aperto
2. Violin Concerto No.5 in A (K.219): II. Adagio
3. Violin Concerto No.5 in A (K.219): III. Rondo: Tempo Di Minuetto
Jacques Thibaud, violin
Charles Münch, conductor
The Orchestre de la Societe du Conservatoire
recorded on 6/1/1941
 
4. Violin Sonata No.35 in A (K.526): I. Allegro Moderato
5. Violin Sonata No.35 in A (K.526): II. Andante
6. Violin Sonata No.35 in A (K.526): III. Rondo: Allegro
Jacques Thibaud, violin
Marguerite Long, piano
recorded on 12/7/1943

7. Piano Concerto No.23 in A (K.488): I. Allegro
8. Piano Concerto No.23 in A (K.488): II. Adagio
9. Piano Concerto No.23 in A (K.488): III. Allegro Assai
Marguerite Long, piano
Philippe Gaubert, conductor
The Orchestre Symphonique (de Paris)
recorded on 1935

10. Piano Concerto No.21 in C (K.467): Andante
arrengement for violin and piano by Camille Saint-Saens
Jacques Thibaud, violin
Tasso Janopoulo, piano 
recorded on 24/4/1930
 
CD・モノラル
 
Biddulph Recordings LAB114
 
 
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番KV488、私の大のお気に入りですので、幾つも異演盤を持っております。
その中でも、このマルグリット・ロンの演奏はとても印象的なものです。
時に恣意的であるとか批判を受けることがあるロンの演奏ですが、私にはきちんと客観も持った上で自己の解釈を表現していると感じられます。このテンポ・ルバート!こういうのもありなんだという目から鱗の演奏なのです。
 
第1楽章
楚々とした優美さ、弧を描きつつ上下に流れるように奏される旋律達、丸みを帯びた真珠の様なタッチ、トリル一つとっても内なる輝きに満ちています。
カデンツァはロンのオリジナルで、モーツァルトに対するロンの考え方がよく伝わってきます・・・このロマンティシズムが堪えられません。ワルター弾き振りのKV466、そのワルターのオリジナル版カデンツァをふと思い出してしまいました・・・儚くも美しいロマンの影。
バックのサポートもロンのピアノを生かしています。時折掛かるポルタメントが憧憬を切々と語って止みません。旧いスタイルとの一言では片付けられないものだと感じます。
 
第2楽章
暗く沈み過ぎない、抑制されたピアノ。過去の想い出を辿る様なモノローグの世界。背後の静けさが、音楽の一部になっているところが凄いです。
 
第3楽章
曲想に合わせて刻々と変化するピアノ、そのテンポ・ルバートの妙。決して嫌らしくならない自然さがあります。底流にあるのは、第1楽章から続く楚々とした優美さ。一方、オケはフランスならではの馨しさがあって、実に良い雰囲気が醸し出されています。
 
 
時代を超えた輝き・・・ロンのKV488。
 
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ