FC2ブログ

黙祷


 
2011年3月11日
 
未曾有の大地震
 
亡くなられた方々のご冥福を、
 
また被害を受けた方々が一日も早く立ち直られることを、
 
衷心よりお祈り申し上げます。
 
 
黙祷
スポンサーサイト



ESOTERIC P-10のクロック換装 (その5)

暫く聴いてみて、FIDELIX PureRhythmとDEXA UWB Regulatorの組み合わせは、音質的にあまり好ましくないことが分かってきました。バックグラウンドの静けさがあるのは良いのですが、楽音までマスクされた様な感じが付き纏います。またオケのトゥッティでは、やや五月蝿い響きになってしまうのです。
 
クロック認識が不安定だった頃の金田式レギュレーターはアキュフェーズDP-75に移植してしまったので、新たに金田式レギュレーターを作る必要があります。う~ん、そこまでやるのか・・・。
 
やってしまいました。
 

 
この基板(特に制御用メタルキャンTr)がエソテリックP-10のシャーシーに接触しては一大事ですので、注意深く位置を調整して固定します。念の為、シャーシー側に絶縁の意味でテープを貼っておきました。
 

 
2SC1775のところは、同じく金田石のC984とC943に置き換えました。C1775を持ってはいるのですが、ちょっと遊んでみたかったので。因みにC1583の代わりに残り少ないC1400を使用しています。C984は背が高くて、それこそシャーシー直撃になりますので、写真の様に他のFET共々ドミノ倒し状態にしてしまいました。(^^ゞ
 
はい、完成。
 
試聴してみると、やはり全然違います。オケの分解能が素晴らしく、余裕綽々のトーン、フォーカスがビシッと合った響きには一種の凄みがあります。それにこの余韻の美しさときたら。VRDS機構の持つ低域のリジッドな支えが、自然に生かされているイメージの音です。
 
しかし、際限がないですね~。(^^♪

Vixen ニューヘッドルーペ

Vixen ニューヘッドルーペ スペアレンズ付 444502
 

 
表面実装部品のハンダ付等々、老眼の身には辛いものがあります。(^^ゞ
 
このヘッドルーペはなかなかの優れモノです。
 
1. まず軽い。華奢ですが、強度は充分あります。
2. レンズの部分がパッと見小さく感じますが、使ってみると外の視野が広く取れているので
  却って作業し易いです。コツを覚えればOK。
3. レンズは倍率1.5倍・2.5倍・3.5倍が付属しています。アクリル製の軽いレンズです。
   私は2.5倍を常用にしています。
 
細かい作業には持って来いのアイテムと思います!♪
因みに日本製です。
 

ESOTERIC P-10のクロック換装 (その4)

ESOTERIC P-10のクロック換装 (その3)では、三田電波製高精度水晶発振器&金田式レギュレーターを入れましたが、どうもブレークスルーしません。FIDELIX PureRhythmで不安定ながら出ていた音は、これとは次元が異なる音でした。
 
 
アキュフェーズDP-75のクロックをPureRhythmに換装後の音の素晴らしさ・・・
しなやかで美しく、瑞々しい音色。弦楽器の響きに聴き惚れます。
深くヌケの良い低域をベースにして、立体的で広大な音場感。
アナログレコード、2トラ38を思わせる豊かな表現力。
 
やはり、P-10でもPureRhythm2を入れなければなりません。動作が不安定なのは、恐らく水晶発振子の精度が原因でしょう。アキュフェーズでもPureRhythmのクロック波形が急峻で方形波(理想)に近い為、水晶発振子の精度を100ppm→20ppmにしないとワディアのDACの同期クロックがロックしませんでした。クロック波形が方形波に近づく程、水晶発振子の精度を上げないと同期クロックがロックしないという現象が生じるのです。
 
さて、そうなれば即実行あるのみ。
 

 
電源には低ノイズのDEXA UWB Regulator +5Vを導入しました。金田式DACのUSB入力基板(セルフモード)で、その音の良さは実証済です。
 
 

 
水晶発振子は20ppm品に交換。
 

 
UWB Regulatorはデジタル系のノイズを拾い易い様なので、電波吸収テープを貼った熱収縮テープを被せてあります。発熱は大したことがないので大丈夫でしょう。
 
さてさて、完成。ドキドキしながら、電源のスイッチを入れます。
 
おっ!きちんと動作しています。やはり「クロックの波形と水晶発振子の精度」の相関関係で生じていた問題だったのです。
 
ニンマリとして~次に試聴です。
 
断然、情報量が増えているのが分かります。UWB Regulatorも、FIDELIX 低ノイズ・低インピーダンス三端子レギュレーターと同様に一聴してその静けさが印象的です。FIDELIXのそれは低ドロップアウトタイプなので、入出力電圧差は0.5Vもあれば動作しますが、UWB Regulatorの方は2Vないと動作しませんので注意が必要です。
 
気のせいかUWB Regulatorの音はヨーロッパ調に感じます。ノーブルな佇まいがある様な・・・。
 
しかし~やはり、PureRhythmは素晴らしい!!
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ