FC2ブログ

フォーレ:レクイエム


 

 
ナディア・ブーランジェ指揮
BBC交響楽団&合唱団他
 
リリ・ブーランジェ没後50周年追悼コンサート
 
録音:1968年11月、ロンドン、ライブ
intaglio INCD 703-1
 
フォーレの弟子ナディア・ブーランジェ女史の指揮する師直系のフォーレ。
 
門下生に錚々たる顔ぶれを持ち、超一流の教育者として著名な方です。
 
ジネット・ヌヴー
イーゴリ・マルケヴィチ
ディヌ・リパッティ
レナード・バーンスタイン
ダニエル・バレンボイム
スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ
ジョン・エリオット・ガーディナー
etc
 
クラシック以外でも
キース・ジャレット
クインシー・ジョーンズ
etc
 
さて、その演奏は深い祈りを籠めた厳粛なものです。
オケのパッセージは折り重なる様に立体的に奏され、合唱には清澄な心の流れが横溢しています。
 
コルボやクリュイタンスの美しい名演がありますが、このブーランジェの演奏も素晴らしいです。
 
 
決して華美に奔らない、抑制の効いたフォーレ。
 
この演奏が録音として残されたことを、私達は感謝しなければなりません。
 
スポンサーサイト



バッハ:7つのコラール前奏曲

J.S. バッハ:
1. イギリス組曲 第6番 ニ短調 BWV 811
2. 7つのコラール前奏曲
  ベツレヘムに生まれし幼子 BWV 603
  いまぞ喜べ(愛するキリストの仲間たち) BWV 734
  人みな死すべきもの BWV 643
  甘き喜びのうちに BWV 608
  我ら悩みの極みにありて BWV 641
  目覚めよ,と呼ぶ声あり BWV 645
  いざ来れ,異教徒の救い主よ BWV 659(ヴェデルニコフ編)
3. イタリア協奏曲ヘ長調BWV 971

アナトリー・ヴェデルニコフ(ピアノ)
1962年(1)、1970年(2)、1963年 (3)
 
CD・ステレオ
DENON COCQ-83651
 

 
ヴェデルニコフのバッハ・・・パルティータの素晴らしさを友人に伝えた処、友人も買い求め甚く感銘を受けていました。その際、友人からこちらのアルバムも見事との話があったので早速購入してみました。
 
友人は特に「7つのコラール前奏曲・目覚めよ,と呼ぶ声あり BWV 645は、涙なしには聴けない」としていましたが、真にその通りの演奏でした。
 
このピアニストの凄さは、苦悩を決して表面に出さないのですが、それに立ち向かう厳しく律せられたものを感じさせるところと思っております。繊細な表現の瑞々しさも相俟って、実に彫琢の深い音楽が鳴り響くのです。
 
 
どこまでも清澄な心のあり様
 
解脱から永遠への扉
 
ヴェデルニコフが語る時間(とき)の重み
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ