FC2ブログ

ブルックナー:交響曲第8番ハ短調


 
ブルックナー:交響曲第8番ハ短調
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 
CD・モノラル・録音:1961年10月29日、ムジークフェラインザール、オーストリア放送協会ライブ
Altus ALT225/6
 
個人的にシューリヒト/ウィーン・フィル、チェリビダッケ/ミュンヘン・フィル(1990.10.20日本公演)、朝比奈/大フィル(1994.7.24)、ヴァント/ベルリン・フィル(1998?ライブ sardana)と並んで5本の指に入る名演奏です。
 
この演奏を初めて聴いたのは、30年以上前のこと・・・ワルター協会のLPでした。
音質はLPに比べると、サーフェイス・ノイズがないこともあってCDの方が鮮明です。ただLPにはない、音飛びがところどころある様な気もします。音質が鮮明な分、目立つのかも。
 
LPを買ってきて、針を下ろした瞬間から釘付けになり、結局最後まで聴き通してしまいました。どれか一つの楽章を聴いたら、とりあえずお仕舞いというのが普通だったのですが、この演奏ではそうはいきませんでした。
 
同じクナでもミュンヘン・フィルを振った演奏と比べると、こちらはロマンティックな解釈と言えるかもしれません。心を籠め抜いた響きが、聴く者を包み込み癒してくれるのです。しかし遅いテンポも、決して重たくはなりません。
 
アダージョ中間部の弦を三度の和音で弾かせたり、同終結部の弦のトリルに上行ポルタメントを掛けたり、クナの閃き・センスには眩暈感を覚える程に痺れます。フィナーレ中間部の愛に満ちた清澄な世界・・・この遅いテンポでこそ、音楽が生きて語り始めるのです。
 
ロマンティックなだけではありません。恐ろしく峻厳な響きに圧倒されること頻り。表面を磨き上げる様なことを一切していないのでゴツゴツした雰囲気ですが、聴こえて来る真実味のある響きには、無上の音楽美が宿っています。クナは、「入念なリハーサルより本番一発勝負」の緊張感を逆手にとって、実に上手く利用している感があります。名門ウィーン・フィルを喰ってしまう大物ですね~。(^^
スポンサーサイト



ヒメヒオウギ(アノマテカ)


ヒメヒオウギ(アノマテカ)・アヤメ科アノマテカ属
 
たかあきさんからお教え頂いた花「ヒメヒオウギ」です。
 
今年も立派に咲きました♪
 
小さな花ですが、何とも綺麗で愛らしい。
 
アヤメ=IRIS、ということは・・・根から香水が取れるIRISの仲間ですね。根を取って乾燥させてみようかな。
何だか可哀想なので、止めておきましょう。
 
この花の様に小さく目立たなくとも、人の心を癒す様な人物になりたいものですね。(^^

ブラームス:交響曲第4番ホ短調


 
ブラームス:交響曲第4番ホ短調
 
ヨーゼフ・カイルベルト指揮
バンベルク交響楽団
 
CD・ステレオ・録音:1968年5月20日、東京文化会館、NHK収録ライブ
キング KICC 422
 
 
外連味のない、実に滋味深い演奏。
 
誠実で温かく、黄金の中庸といった風情ですが、ブラームスの音楽の世界に知らず知らずに引き摺り込まれる様な一種の緊迫感も併せ持っています。
 
ブラームスの書いた楽譜に対して、カイルベルトは畏敬の念を持って接していることが、ひしひしと伝わってきます。その姿勢が、何よりかくも豊かな音楽美を生み出しているのです。
 
この演奏は、本当に見事です!!
 
個人的には、シューリヒト/バイエルン放送響、アルヴィド・ヤンソンス/ドレスデン・シュターツカペレ、ザンデルリンク/ベルリン響(新盤)、クナッパーツブッシュ/ケルン放送響、ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルと並ぶ名演奏となりました♪
 
カイルベルトは、この演奏の僅か2ヵ月後、ミュンヘン・オペラ総監督として「トリスタンとイゾルデ」を指揮している最中に心臓麻痺で倒れ、そのまま帰らぬ人となったのです。

マーラー:交響曲第9番ニ長調


 
マーラー:交響曲第9番ニ長調
 
レナード・バーンスタイン指揮
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
 
CD・ステレオ・録音:1985年8月25日、マン・オーディトリウム、テルアビブ(ライブ)
helicon 02-9656
 
先日、新宿のタワレコで見掛けたCD。
来日公演の直前の演奏とか。
 
バーンスタインの同曲はコンセルトヘボウとの演奏で既に持っていますが、
店舗のコメントタグに嵌って衝動買い。
 
一緒に居た友人はアンチ・バーンスタインなので、聴く前から拒絶反応。
そこまで嫌うこともなかろうと思いますが、気持ちは分からないでもない・・・。
 
とりあえず、聴いてみました。
 
切々たる訴え・・・音楽の節々に、その呼吸にバーンスタイン万感の想い入れが籠められています。
イスラエル・フィルもバーンスタインの棒に実によく応えていて、迫真の響きが聴く者の心を捉えて離しません。
深く彫琢された響き、スケールも極大。
 
この録音の1週間ほど後、来日公演を聴かれた方は、本当に幸運でしたね!
来日公演の録音はない模様ですが、このCDが世に出て真に有難いです。
 
録音も良いので、出来たらSACDで出して欲しかった~。
これからでも良いので、どうかSACDで出して下さい。m(__)m
 
いやはや、衝動買いも「大いにあり」かと♪

金田式ターンテーブル制御アンプ・テクニクスSP-10MK1用(その5)


 
 
ゴールデンウィーク中、とりあえず、シャーシー加工を行ないました。
穴開け箇所が多くて、結構面倒臭い~嫌なものは先にやろうと一念発起。
 
あとは、配線と調整です。
首尾よく360縞が廻ってくれるでしょうか。(^^ゞ

SONY:SCD-XE800(MOD) & FIDELIX:CAPRICE/DSD(その2)


 

 
SONY:SCD-XE800(MOD) & FIDELIX:CAPRICE/DSD
 
当然ながら、エージングは必要不可欠です。コンデンサーや抵抗だけでなく、中川氏も仰っている通り、水晶発振子もエージングさせる必要があります。2週間程エージング・鳴らし込みをした処、実に見事な音が出てきました。透明で潤いがあって、空間・余韻の再現性が素晴らしい!! 弦のしなやかさ、木管の瑞々しさ、そして全体を支える深い低域の響きが印象的です。
 
単に情報量が多いというオーディオ然とした音ではなくて、音楽を聴き込ませる表現力の幅の広さを備えているところが非常に魅力的です。
 
今、バルビローリがベルリン・フィルを振った往年の名盤・マーラー:交響曲第9番のSACDを聴いています。
このフレッシュな響きは、とても48年前の録音とは思えません。この録音は、アナログLPでも持っていますので、金田式SP-10モータードライブシステム完成の際には、どちらが良いか対決させてみたいものです。因みにこのLP、何と今10万円するとか・・・売らなくて良かったです。(^^
 
PCオーディオで再生するPCM 44.1KHz・16bitも、決して侮れない音です。旧い録音でも、見違える(聴き違える)様な響きが出てきて驚かされます。上記SACDシステムとどちらが良いかって?・・・意地悪なご質問かと。それぞれに良いとお答えしておきましょう。またSACDで入手可能な録音で私の欲しいものが限られているため、通常CDで購入することになることもあって、拙宅ではSACDシステムとCDシステムが独立・並存することになりました。
 
このSACDシステムは実にコストパフォーマンスが高く、とりあえず繋げば(エージング後)、素晴らしい音・音楽が聴けます。PCオーディオの様にクロックや電源等々に手を加える必要がないのは、非常に簡便・お手軽です。
 
中川氏に拠れば、800番の改造メニューは、「SBD17個交換、PureRhythm2、超低ノイズ3端子レギュレーター2個、HDMI変換基板2個」とのことです。無駄な努力をしないクロックを初め、実質本位の超低ジッター機器に生まれ変わった800番、最新鋭のDAC ES9018をビルトインしたCAPRICEとのコンビが聴かせる音は本物です♪
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ