FC2ブログ

シューリヒトのベートーヴェン「第9」 (その2)


 
・ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調 Op.21
・ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調『合唱付き』Op.125
 
 アグネス・ギーベル(ソプラノ)
 マルガ・ヘフゲン(アルト)
 ラグナー・ウルフング(テノール)
 エドゥアルト・ヴォリッツ(バス)
 フランス国立放送合唱団
 ルネ・アリックス(合唱指揮)
 フランス国立放送管弦楽団
 カール・シューリヒト(指揮)
 
 録音時期:1965615
 録音場所:パリ、シャンゼリゼ劇場
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)
 
 Altus ALT239/40
 
 
発売が早まったのか、HMVが余裕を見て発売日を載せたのか分かりませんが、23日には拙宅に到着しておりました。3週間も早く聴けるとは・・・幸せの限りです。
 
第1楽章
のっけから尋常なテンションではありません。鋭利な刃物の感性が、響きの空間を切り裁いていきます。シューリヒトは通常表面は淡々としているのですが、ここでは驚くほど思い切った表情で隈取をつけています。しかし、これが曲想からして必然なのです。楽曲の内奥に分け入っていく、その燃える様な精神の輝きをこれほどに実感させる演奏はないでしょう。木管の微笑みが、その炎に常心を見つめる花を添えています。
 
第2楽章
この楽章で、こんなに深みを感じたことは嘗てありませんでした。躍動と生成の中に、深遠すら感じさせる驚くべきスケルツォ。
 
第3楽章
もう、これは歌、歌、歌!! 驚くべきレガートの極地。天衣無縫の旋律の流れに陶酔させられます。俗っぽさが微塵もありません。シューリヒトの澄み渡った目を、心の目を何より感じさせます。音楽がここで生まれたかの様な新鮮さは瞠目に値します。
 
第4楽章
細部まで神経を通わせながら、全体を失わない。シューリヒトならではの至芸が展開します。ここではテンポ・ルバートが極めて効果的に且つ自然に行なわれており、真に音楽が生きて語りかけてきます。決して一時の感情に流されることなく、揺ぎ無い精神によってコントロールされているのです。シューリヒトの脳内には、高僧の如くα波が大量に出ている気が致します。独唱も合唱も集中度が高く、実に素晴らしい出来です。完璧な演奏とは、この演奏のことを言わずして何を言うのでしょうか。
 
まるでベートーヴェンがワープして来て、そこで指揮しているかの如きシューリヒトの洞察力。オケの縦の線が、多少斜めになるところも散見されますが、この演奏の価値を些かも失わせるものではありません。
 
旧盤のパリ音楽院との演奏と比べると、絶妙なタイミングでの各パート入りのコントロールでは旧盤が勝り、渾身に籠めた気迫と深みでは新盤が遥かに勝ると感じます。オリンピックの満点をマークした様な旧盤から、新盤は更に進んだ未知の世界が展開すると言って過言ではないと個人的には思っております。旧盤でシューリヒトが拘った部分を超えた、更なる本質に乾坤一擲の覚悟で挑んだのではないでしょうか。 良く聴けば、旧盤の決めが甘かった部分に気付きます。ベートーヴェンという作曲家の偉大さを更めて知らしめる、シューリヒトならではの直観力が光る超名演。
 
ベートーヴェンとシューリヒトのコラボ。
 
音質は心配された音の欠落もなく、鮮明なステレオです。仏DISQUES MONTAIGNE TCE8841で出ていたベートーヴェン第1の録音と同等かと思われます。
 
これは、本当にお薦め◎です!!
スポンサーサイト



愛する女性(ひと)に

愛する女性(ひと)に
 
 
君の微笑、それは何より私の喜び。
 
君の悲しみ、それは何より私の心の痛み。
 
 
無上の温かみと真実は、君の瞳の中にこそある。
 
その深く澄んだ瞳が、いつも私の傍らにあったのなら。
 
 
 
 
君の手を取り、口づけよう。
 
夢から覚めぬうちに。

ヴェデルニコフに捧ぐ

ヴェデルニコフに捧ぐ
 
 
一心不乱に弾きながら、客観を失わない。

厳しさと温かみ、そして慎み深い響き。

身も心も引き裂かれたであろうのに、甘やかに微笑む絶美。

研ぎ澄まされた空間。


求心的にして愛に満ちた・・・永遠。
 
 
 
 
 
 
(器楽曲CDレビューの方にアップしていたものをここに再掲致しました。http://blogs.yahoo.co.jp/william_kapell/40134681.html

DSD/CAPRICE-Dual Mono(その1)


 
DSD/CAPRICE-Dual Mono
 
DSD仕様のCAPRICEをデュアル・モノで動かしたらさぞかしという想いが募り・・・遂にやってしまいました。
 
ところが~です。
 
ディップスイッチでモノ動作としてCAPRICE2台を左右に振り分けようとすると、何故か出てくる音がモノにしかならないのです。何故にして~!?
 
中川先生にお訊きした処、DSDの場合はあり得る事態とか。原因を究明して下さるそうです。とりあえずは、ディップスイッチをステレオ動作として、CAPRICE2台を左右片チャンネル側だけ使用して音出ししています。
 
期待のデュアルモノではないですし、まだエージング不足なので、音質については後日コメントと致します。
 
CAPRICEの足に履かせているのは、真鍮のスパイク受けです。これはサイズもピッタリで、音も明確さを増す様です。因みにその下の白い板は、コーリアンです。

シューリヒトのベートーヴェン「第9」(その1)


 
・ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調 Op.21
・ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調『合唱付き』Op.125
 
 アグネス・ギーベル(ソプラノ)
 マルガ・ヘフゲン(アルト)
 ラグナー・ウルフング(テノール)
 エドゥアルト・ヴォリッツ(バス)
 フランス国立放送合唱団
 ルネ・アリックス(合唱指揮)
 フランス国立放送管弦楽団
 カール・シューリヒト(指揮)
 
 録音時期:1965615
 録音場所:パリ、シャンゼリゼ劇場
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)
 
 
これは、大変なことになりました!♪
 
9番について以前パリ音楽院管との演奏以外では、フランス国立管との甚だ音質の良くないプライベートCDしかありませんでしたが、その演奏の尋常ならざる素晴らしさは何より深く印象に残るものでした。それが、遂にオリジナル・マスターからの復刻で、正規のスタジオ録音並みの鮮明なステレオ盤が発売されることになったとのこと。
 
1番の方は、仏DISQUES MONTAIGNE TCE8841で出ていた録音と同一と思われます。9番も、それと同日同場所故、録音状態は同じはずなので鮮明なコンサートプレゼンスが期待出来ましょう。
 
8月10日に発売されますので、入手次第聴いてみます。本当に待ち遠しいです。
演奏の素晴らしさ、物凄さは過去の記事に書かせて頂いておりますが、その際更めてレビューしたいと思います。

魂柱


 
オーディオのインシュレーター、写真はソルボセイン(弾まないゴム)とコーリアン・ボードですが、いろいろと応用の利くアイテムですね。
 
CDプレーヤーやアンプ等々に振動対策として、やたら重い物を載せると音が抑圧されてしまいます。重さのストレスがシャーシーの内部の基板にまで伝わってしまい、それがどうしても音に出てしまうのです。
 
オーディオ機器が振動することは大なり小なり不可避なので、出来るだけ美しく振動させてやって、美しく減衰させるのが吉かと。スピーカーからの音圧で振動するだけでなく、電流が流れることで部品が振動することもあります。シャーシー自体を堅牢に作るのも振動対策として大変有効でしょうが、振動の影響から完全に逃れるのは困難でしょう。
 
ヴァイオリンの魂柱やチェロのエンドピンは響きを美しく豊かにするものですが、オーディオ機器にも通じるものがある様な気がします。オーディオ機器も楽器だと思うことが、生き生きとした響きに繋がるのではないでしょうか。
 
PCオーディオでMacbook本体のインシュレーターをあれこれ替えていて、更めてそう感じた次第です。(^^
 
 
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ