FC2ブログ

DSD/CAPRICE-Dual Mono(その3)


 

 
DSD/CAPRICE-Dual Mono、バランス出力をパラレル接続としました。ケーブルは例によってBELDENプロ用ですが、細目の88761を片チャンネル2本使ってオス側で1本に纏めてあります。
 
さて、その音ですが・・・
 
例えばブルックナー交響曲第3番 シモーネ・ヤング指揮ハンブルク・フィルを聴いてみると、広大な音場と精細な描写の両立はそのままに、更に深い低域のエナジー、各楽器が全方位に発した音響ベクトルがホールトーンとして広がっていく様が見事に再現されます。繊細で美しくありながら、ここぞという時は圧倒的なエナジーを噴出します。弦も木管も、アナログを彷彿とする潤いと温かみに満ちています。最初に聴いた瞬間、「あっアナログの音だ」と直感する響きがあるのです。
 
視覚を刺激するまでの凄み。
 
これには参りました。もうこれは、何しろ録音次第の世界です。PCオーディオも、普通のCD(16Bit 44.1kHz)リッピングソースでSACD並みの音が出ていますが(拙宅はDSDソースでの比較が出来ない環境)、DSDが本領を発揮するとこうなるのですね~。アナログ・ディスクでは、安定的にこのクラスの音を出すのが難しいのではないでしょうか。対抗出来るのは2トラ38ですが、あまりにソースが限られています。
 
DSDデータでリッピングして、PCオーディオで再生したらどうなるのか興味がありますが、何だか現時点でもう十分な気がしております。
 
因みにカプリースの足に履かせていた真鍮のスタビライザーは外して、直接コーリアン・ボードに載せました。この方が音がずっと良くなります。
スポンサーサイト



DSD/CAPRICE-Dual Mono(その2)


 
DSD/CAPRICE-Dual Mono、ディップスイッチでモノ動作としてCAPRICE2台を左右に振り分けようとすると、何故か出てくる音がモノにしかならないのです。その原因が分かりました。DSDでは、モノ動作にならないのです。つまりステレオのままになってしまう訳です。これでは、夫々のCAPRICEの左チャンネル(乃至右チャンネル)をプリアンプに繋いでも、当然モノにしかなりません。スピーカーからは、左の信号だけか(乃至右の信号だけ)が出てくることになります。
 
さて、どうするか・・・中川先生から伝授頂きました。ソニー800番(改造版)の2つあるHDMI基板のところは、デフォルトで両方に白と赤(左右ステレオ)が配線されているのですが、この配線を片方は白だけ(左モノ)を配線し、片方は赤だけ(右モノ)にするのです。因みに800番側から引っ張ってきているDSD信号関係の配線は5本あって、赤黒黄橙白の色分けがされています。個体によって、配線の色が異なる場合がある模様なので、トライされる方はFIDELIXにご確認下さい。
 
これで目出度くDSD/CAPRICE-Dual Monoシステムが出来上がります。後は、出力ケーブルで夫々のCAPRICEの出力をパラってやればOKです。出力パラの前ですが、音質は素晴らしいものがあります。CAPRICEを2台にすると、音場のスケールが大きくなるのと同時に精細な描写が際立ってきます。PCオーディオ(低ノイズ電源&低ジッタークロック)やアナログと比較してどうかは、出力パラ後に試聴をしていきたいと思います。
 
とりあえず、一山超えました。中川先生が仰るには、拙宅がDSD/CAPRICE-Dual Mono 2CHパラレルシステム導入「日本初」だそうです。(^^♪

ORACLE DELPHI MKⅤ(その1)


 
殆ど新品状態の程度が良い中古品を入手しました。写真の物はSMEのトーンアームを積んでいますが、入手したのはDELPHI UP-4というMORCH製 UP-4 トーンアームが付属している物です。これをVPIのトーンアームに替えてみようと思っています。アームベース(PRE CUT ARM BASE)は、ORACLE社が使用するアームに合わせて製作してくれます。
 
ORACLE DELPHI MKⅤ、本当に美しいデザインですね。個人的には、アナログ・ディスクのプレーヤーとして3本の指に入るデザインと思っております。他の2つは、Bang & Olufsen Beogram 4000とLUXMAN PD-121です。
 
LUXMAN PD-121は金田式ドライブアンプを製作中ですが、これでメインのプレーヤーが2台になってしまいました。(^^ゞ

SONY: Cyber-shot RX100


 
SONY: Cyber-shot RX100
 
RX100、ゲットです。
 
デジカメは、ずっとCanon IXY DIGITAL 5.0MPを使ってきて特に不満はなかったのですが、このRX100には一目惚れしてしまって、多少価格がこなれるまで待っておりました。
 
以前、銀塩カメラでCONTAX T2を使っていました。上記同様Zeissレンズ搭載機種です。Zeissと聞くと、心穏やかではなくなります。(^^
 
RX100はコンデジですが、かなり本格的な画像が撮れそうです。私は、重たいカメラをぶら下げて行くのが嫌で、兎に角コンパクト&高性能を求めました。
 
Horestaさんに背中を押されて、RX100仲間に入りました!♪

ジルデコ4


 
JiLL-Decoy association
ジルデコ4 ~ugly beauty~
 
1. ドレスを着る前に  
2. 上質サボタージュ  
3. happy ever after   
4. わすれ名草(Vergiss-mein-nicht!)  
5. JiLLs bomb  
6. 3年目のジンクス   
7. Telephonica   
8. Fairy money   
9. 乾いた咳   
10. ugly beauty   
11. squall  
12. THOUGHT ID NEVER SEE YOU AGAIN   
13. varnish
 
VICTOR VICJ-61640
 
 
ジルデコ・・・才気溢れる3人のクラブジャズ・ユニット。
 
ジャズと言うか、ジャズ、ソウル、ファンクのエッセンスをジルデコ流に纏めたクロスオーバー的なサウンド作りです。実にクールでセンスの良い曲と詞、演奏とヴォーカル。
 
J・フォーダムの名曲「happy ever after」のカバーも、センスの光るものです。
 
ヴォーカルのchihiRoさんの声は、正に七変化の世界。
バックの演奏とお互いを生かし合っています。
 
日本人のユニットで、こんな体験はParis Match以来です。
 
痺れます!
 
知的にして官能的。
 
美しい♪

常に微笑みを忘れず


 

 
ロンドン・オリンピック 女子バドミントン・ダブルス、銀メダルおめでとうございます!
 
藤井瑞希さんと垣岩令佳さんの忍者の様な身のこなしには、本当に驚きました。
中国には惜敗しましたが、その激闘は息をもつかせぬものでした。
 
その試合中、デンマーク戦でもそうでしたが(因みに他の試合は見ていません)、どんなに苦しい場面でも二人が微笑みを絶やさず、試合を楽しんでいる様に見えたことには非常に感銘を受けました。
 
「常に微笑みを忘れず」・・・何という美しい心・精神でしょうか!
本当に目頭が熱くなりました。
 
ブルーノ・ワルターのモーツァルトも、「常に微笑みを忘れず」でしたね。
 
勝つことへの執念だけでなく、もっと永遠なるものを感じさせてくれました。
お二人に何より感謝申し上げます。
 
m(__)m
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ