FC2ブログ

クルト・ヴェスのブルックナー


 
ブルックナー:交響曲第9番ニ短調
 
クルト・ヴェス指揮
ヴュルテンベルク国立管弦楽団
 
CD・ステレオ・録音:1984年9月16日
 
Lucky Ball LB0010
 
 
クルト・ヴェスは、旧くは1950年代NHK交響楽団の首席指揮者を務め、オーケストラのレベルアップに大きく貢献した人物です。ブルックナーにも一家言あり、このCDでも面目躍如たる解釈が聴けます。
 
第1楽章
壮大なテーマを幅広く奏させていますが、程を弁えており、決して大袈裟にはなりません。金管をはじめハーモニーに厚みがあり、響きに充実感があります。私の愛する第2主題は、輝かしくしなやかな弦が何より慈愛深く、その美しさに心を奪われます。
 
第2楽章
テンポはシューリヒトよりやや遅めで、ここでもハーモニーにヴェスならではの拘りが感じられます。中間部の弦も、蠱惑的なまでに歌わせていますが、嫌らしくはなりません。細かい部分まで彫琢されていて、その展開の充実振りには瞠目に値するものがあります。
 
第3楽章
最初の念の入った主題の提示、次いでの弦のトレモロが実に絶妙な響きで、その後が弥が上にも期待されます。広い空間を感じさせる構築感が本当に見事です。不協和音が真に魂の叫びとなって、聴く者の心に響きます。
 
個人的には、シューリヒト/ウィーン・フィル、ヴァント/ミュンヘン・フィル(sardana)、グッドオール/BBC響、ライトナー/シュトットガルト放響と並ぶ超名演と感じます。
 
 
清澄と厳粛
 
安息と永遠の祈り
スポンサーサイト



バッハ:ゴルトベルク変奏曲


 
J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲
 
1. Aria  
2. Variation 1  
3. Variation 2  
4. Variation 3 - Canone all'Unisono  
5. Variation 4  
6. Variation 5  
7. Variation 6 - Canone alla Seconda  
8. Variation 7  
9. Variation 8  
10. Variation 9 - Canone alla Terza  
11. Variation 10 - Fughetta  
12. Variation 11  
13. Variation 12 - Canone alla Quarta  
14. Variation 13  
15. Variation 14  
16. Variation 15  
17. Variation 16 - Canone alla Quinta  
18. Variation 17  
19. Variation 18 - Canone alla Sesta  
20. Variation 19  
21. Variation 20  
22. Variation 21 - Canone alla Settima  
23. Variation 22  
24. Variation 23  
25. Variation 24 - Canone all'Ottava  
26. Variation 25  
27. Variation 26  
28. Variation 27 - Canone alla Nona  
29. Variation 28  
30. Variation 29  
31. Variation 30 - Quodilbet  
32. Aria  
 
シモーネ・ディナースタイン(ピアノ)
 
CD・ステレオ・録音:DSD, 2005年3月11日~13日、NewYork, American Academy of
Arts and Letters
 
TELARC CD-80692
 
 
漆黒に瞬く星
 
降り注ぐ祈りの光
 
心洗われる響き
 
 
ロザリン・トゥーレック、グレン・グールドの流れを汲むアプローチですが、何とも美しい、女性ならではの癒し系の演奏です。しかし、決してなよなよしたものではなく、しっかりした構成力も持ち合わせています。
 
実に見事な演奏で、録音も良く、お薦め◎です。

スタニスラフ・ネイガウスの芸術


 
ロシア・ピアニズム名盤選40
スタニスラフ・ネイガウス最後のリサイタル
 
ディスク:1  
1. ピアノ・ソナタ第8op.84(プロコフィエフ)     
2. 前奏曲ト長調op.32-5(ラフマニノフ)     
3. 前奏曲ハ短調op.23-7(ラフマニノフ)     
4. 前奏曲変ホ長調op.23-6(ラフマニノフ)     
5. 前奏曲ヘ短調op.32-6(ラフマニノフ)     
6. 前奏曲ニ長調op.23-4(ラフマニノフ)     
7. 前奏曲ト短調op.23-5(ラフマニノフ)     
8. バラード第1番ト短調op.23(ショパン)     
9. バラード第2番ヘ長調op.38(ショパン)     
10. バラード第3番変イ長調op.47(ショパン)     
 
ディスク:2  
1. バラード第4番ヘ短調op.52(ショパン)     
2. 子守歌変ニ長調op.57(ショパン)     
3. 舟歌嬰ヘ長調op.60(ショパン)     
4. ピアノ・ソナタ第3番ロ短調op.58(ショパン)     
5. ワルツ変イ長調op.64-3(ショパン)     
6. 月の光(ドビュッシー)     
7. 前奏曲ハ短調op.23-7(ラフマニノフ)     
8. 舞い踊る愛撫op.57-2(スクリャービン)     
 
コロムビアミュージックエンタテインメント
DENON COCQ83982-3
 
CD・ステレオ・録音 ディスク:1 1~7 1976年、8~10 1980年、ディスク:2 1980年、モスクワ音楽院ホール
 
 
瑞々しく美しい音色
 
楚々としたリリシズム
 
澄んだ心の響き
 
そして、燃え盛る炎の如きダイナミズム
 
圧倒的な高揚感
 
 
スタニスラフ・ネイガウスは、ギレリス、リヒテル、ヴェデルニコフの師にあたるゲンリッヒ・ネイガウスの息子です。スタニスラフ・ブーニンの父と言えば、分かり易いでしょう。
 
このCDには、彼の最後のリサイタル(1980年)と1976年のリサイタルの演奏が収録されています。彼は最後のリサイタル後、僅か一週間でこの世を去ってしまうのです。
 
本当に素晴らしい演奏です。ショパンのバラード第4番など、真に慟哭そのものです。ミスタッチは少なからずありますが、奏でられる音楽の真実味に心を揺さぶられます。
 
録音も鮮明で、彼の美しい音色とデュナーミクの妙を堪能出来ます。
彼の演奏で、もっと他の曲も聴いてみたいという欲求に駆られます。

シュナーベルのベートーヴェン


 
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集
アルトゥール・シュナーベル (ピアノ)
 
ディスク
01Piano Sonata No. 1 in F Minor, Op.2 No.1
02Piano Sonata No. 2 in A Major, Op.2 No.2
03Piano Sonata No. 3 in C Major, Op.2 No.3
Recorded in 1934
 
ディスク
01Piano Sonata No. 4 in E Flat Major, Op.7
02Piano Sonata No. 5 in C Minor, Op.10 No.1
03Piano Sonata No. 6 in F Major, Op10 No.2
Recorded in 1933/1935 
 
ディスク
01Piano Sonata No. 7 in D Major, Op.10 No. 3
02Piano Sonata No. 8 in C Minor, Op.13 "Pathetique"
03Piano Sonata On. 9 in E Major, Op.14 No.1
04Piano Sonata No. 10 in G Major, Op.14 No. 2
Recorded in 1932,1934, 1935 
 
ディスク
01Piano Sonata No. 11 in B Flat Major, Op. 22
02Piano Sonata No. 12 in A Flat Major, Op. 26
03Piano Sonata No. 13 in E Flat Major, Op.27 No. 1
Recorded in 1932, 1933, 1934 
 
ディスク
01Piano Sonata No. 14 in C Sharp Minor, Op.27 No.2
02Piano Sonata No. 15 in D Major, Op.28 "Pastoral"
03Piano Sonata No. 16 in G Major, Op. 31 No. 1
Recorded in 1933/1934/1935 
 
ディスク
01Piano Sonata No. 17 in D Minor, Op.31 No.2 "Tempest"
02Piano Sonata No. 18 in E Flat Major, Op.31 No.3
03Piano Sonata No. 19 in G Minor, Op.49 No.1
04Piano Sonata No. 20 in G Major, Op.40 No.2
Recorded in 1932,1933,1934 
 
ディスク
01Piano Sonata No. 21 in C Major, Op. 53 "Waldstein"
02Piano Sonata No. 22 in F Major, Op. 54
03Piano Sonata No. 23 in F Minor, Op.57 "Appassionata"
04Piano Sonata No. 24 in F Sharp Major, Op. 78
Recorded in 1932/1933/1934 
 
ディスク
01Piano Sonata No. 25 in G Major, Op. 79
02Piano Sonata No. 26 in E Flat Major, Op. 81a
03Piano Sonata No. 27 in E Minor, Op.90
04Piano Sonata No. 28 in A Major, Op.101
Reocrded in 1932/1933/1934/1935 
 
ディスク
01Piano Sonata No. 29 in B Flat Major Op.106
02Piano Sonata No. 30 in E Major, Op. 109
Recorded in 1932 & 1935 
 
ディスク10 
01Piano Sonata No. 31 in A Flat Major, Op. 110
02Piano Sonata No. 32 in C Minor, Op.111
03. Fantasy For Piano in G Minor, Op.77
04Bagatelle For Piano in A Minor, Woo59 "Fuer Elise"
Recorded in 1932 & 1937 
 
membran Order No.223051
CD・録音:モノラル
 
 
今更言うまでもない往年の名演奏。
 
厳しく律せられていながら、千変万化の豊かな表情があり、得も言われぬ深みが心に響きます。
ピアノに向っている姿勢が、今時のピアニストとは根本的に違うと感じます。
 
この格調の高さ~底光りする様な音色
 
融通無碍の境地~精神の芸術・崇高なる永遠
 
 
大変古い録音ですが、音質も思ったより鮮明で、演奏のニュアンスはよく伝わってきます。
しかもお安いですので、ベートーヴェンを聴く方はマスト・アイテムかと。

HiFi USB NOISE FILTER(その2)


 
FIDELIX HiFi USB NOISE FILTER
 
さてさて、じっくりと聴いてみました。
 
このフィルターを入れると、低域方向の量感が増すのですが、最低域の伸びは寧ろ抑えられる模様です。フィルターありで音色に自然さが増す様にも感じますが、よく聴くと高域にロールオフが掛かっていると言うか、新鮮さがトレードオフの関係になっていると思われます。また僅かながら、フィルターなしの方が音のヌケが良いと感じます。これもほんの僅かですが、バックグラウンドのノイズはフィルターありの方が減って聴こえるものの、一方で演奏会場の人の気配といったニュアンスがほんの僅か減退している気がします。音場の広がりでは、フィルターなしの方が奥行方向が深く、フィルターありの方が音像が手前に来るイメージです。響きのベクトル情報も、フィルターなしの方が心持ち多い様です。
 
拙宅のPCオーディオは、電源をリニア化していることやSSD換装により、既にかなり低ノイズになっているので、このフィルター導入効果が限定的なのだろうと推察されます。このフィルターを入れた場合の音の変化は、電源ケーブルにフェライト・コアを噛ませた時の音の変化に似ているところがあります。
 
フィルターありとなし~その差は微妙ですが、ストレート&リアルを求める私としては、フィルターなしを選択致しました。誤解なさらないで頂きたいのですが、このフィルターが駄目だと言っているのではありません。どんなに透明なガラスでも、2枚重ねると色が付いて見えるといったことかもしれません。一般のシステムでは、このフィルターを入れた効果の方がずっと大きくなると思われます。
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ