FC2ブログ

Spring is here


 
"Spring is here"
Anna Luna Quartet
 
1. Spring is here  
2. Small day  
3. Nature boy  
4. Manha de carnaval  
5. Alone again  
6. Eleanor Rigby  
7. Rugas  
8. Alibi  
9. Samba do Aviao
 
Frank Andrada Music SL
 
 
アンナ・ルナ四重奏団・・・クラシック音楽の団体みたいですが、こちらはジャズです。
FM放送で5曲目のAlone againを聴いて、即、米国Amazonでポチしてしまいました。
 
アンナ・ルナの表現力豊かなヴォーカル、それでいてやたら歌い過ぎない絶妙な節度。
バックのミュージシャンが、これまた実に上手い。特にピアノのセンスが抜群かと。
全体のサウンドが洗練されていてクールなのですが、決して冷淡にはならないパッションが底流にあります。
 
これほどに素晴らしいジャズを聴かせてくれるアンナ・ルナ、私の大のお気に入りとなりました♪
スポンサーサイト



Beaujolais Nouveau


 
解禁日21日に1本、殆ど1人で空けてしましました。
癖がなくライトで非常に飲み易く、新酒の香りがフレッシュです。
すっきりとした品格がありますね。
 
今宵は、別の銘柄を頂きます♪

SONY ST-5000F(その2)


 

 
先日電源の平滑コンデンサー2本をニチケミに替えたのですが、KMQの方をニチコンKGに変更しました。
ニチケミKMQでは少々スカスカした感じになり、アナウンスの声も荒れて聞こえます。ニチコンKGに替えてみると、グッと音に潤いが出てきました。細かいニュアンスもはっきりして、リアルさも増しました。容量は10,000μFから4,700μFに減りましたが、これは当たりです♪

ロスバウトのハイドン


 
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第4番 ニ長調 K.218
1. 1楽章:Allegro                                 09:04
2. 2楽章:Andante cantabile                               06:28
3. 3楽章:Rondeau.Andante grazioso-Allegro ma non troppo  07:00
           
ハイドン:交響曲 第92番 ト長調 Hob.I:92 ≪オックスフォード≫ 
4. 1楽章:Adagio-Allegro spiritoso                          06:10
5. 2楽章:Adagio                                 07:49
6. 3楽章:Menuet.Allegretto                               04:00
7. 4楽章:Finale.Presto                                    05:29
 
ハイドン:交響曲 第104番 ニ長調 Hob.I:104 ≪ロンドン≫ 
8. 1楽章:Adagio-Allegro                                   08:51
9. 2楽章:Andante                                         08:16  
10.3楽章:Menuet.Allegro-Trio-Menuet                      05:31 
11.4楽章:Finale.Spiritoso                                  05:17
 
 Hans Rosbaud
演奏者Berlin Philharmonic Orchestra
           1~3 Wolfgang Schneiderhan(ヴァイオリン
 
 音:Studio (Mono), 1~3 8~11 March 1956, 4~7 March 1957
 
Deutsche Grammophon
UCCG-90352
 
 
ロスバウトのハイドンは、分析的で稠密な視点を持ちつつ、新鮮にして精彩を放つ、実に素晴らしいものです。ロスバウトは現代音楽のスペシャリストとして知られていますが、古典の解釈も見事です。ハイドンの名演盤と言うと、ザンデルリンク、シューリヒト、ワルター等々が浮かんできますが、このロスバウト盤もそれらに比肩する本当に驚異的な演奏です。
 
オケはベルリンフィル、録音された1956~1957年は既にカラヤンの時代ですが、まだフルトヴェングラーの頃の響きが色濃く残っている様です。
 
 
音楽が今ここで生まれた様に、生き生きと奏でられる旋律達。
自由闊達でありながら、律せられた様式美。
 
ロスバウトのハイドン・・・それは至福の時。
 
 
モノラル録音ながら、音質は鮮明で鑑賞に支障はありません。
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ