FC2ブログ

AE線


 
AE線 Alarm Polyethylene Cable
 
AE線とは、警報用ポリエチレン絶縁ビニールシース線のことです。導体は電気銅の単線で、0.6ミリ、0.9ミリ、1.2ミリのものが市販されている様です。このAE線1.2ミリをスピーカーケーブルとして使ってみました。一部では評判となっている物です。
 
今回、この単線のケーブルを使おうと思ったのは・・・
1. 電源が単相200V環境では、スピーカーケーブルがWestern 16GAだと音がキツくなってしまうこと。
2. Super PCOCCの単線スピーカーケーブルを信奉する私としては、同じ単線のAE線に興味津々なこと。
といった理由です。
 
結論として、これは大正解でした♪ 緻密で分解能もあるのですが、キツくならず、押し出しの良い音がします。最初は帯域が狭まった様に感じましたが、暫く鳴らし込んでエージングすると、実にいい響きが出て来ました。聴いていて疲れないのです。
 
このAE線、メーター当り100円くらいで買えます。気軽にお試し出来ますね。(^^
 
スポンサーサイト



HERMES Eau de narcisse bleu


 
HERMES Eau de narcisse bleu
 
エルメスのフレグランス、「ナイルの庭」もお気に入りですが、この2013年発売の「水仙(ナルシス)」は更に私好みの香りです。
 
水仙(ナルシス)の貴重なエッセンシャルオイルを使用しており、フローラル・ウッディーですが、一本筋の通った主張を感じさせる香りです。得も言われぬ色香も潜んでいて、ユニセックスに使えます。調香師はエルメス専属のジャン=クロード・エレナで、 ブルガリの「オ・パフメ・オーテヴェール」や、ラルチザンの「ボワ・ファリーヌ」、イブ・サン・ローランの「イン・ラブ・アゲイン」なども手掛けている調香師とのこと。
 
シャネルの「POUR MONSIEUR」がお好きな方は、この「Eau de narcisse bleu」も気に入られるのではないでしょうか。前者はアイリス 系で、後者はナルシス系と異なりますが、両者共に飾り過ぎず飽きの来ない品格が感じられます。

マーラー:交響曲第7番ホ短調


 
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ミヒャエル・ギーレン(指揮)
 
【録音】1994年9月21日フィルハーモニー・ザール、ベルリン、ベルリン芸術週間ライヴ
 
ギーレン/ベルリンフィルという珍しい組み合わせのマーラー、それも7番という渋い曲。テンシュテットの代役で、急遽ギーレンが振ることになったという一期一会のライブ。
 
ベルリンフィルとの一期一会と言えば、バルビローリとの9番がありますが、このギーレンとのライブも見事です。カラヤン時代のシャープでクールな響きがオケに残っていて、指揮者とオケの一本勝負的な白熱・迫真の瞬間が収められています。
 
宇野功芳氏もこの盤を絶賛されているそうですが、確かに宇野氏好みの雰囲気満点です。(笑)
7番は捉えどころのないところのある曲ですが、ギーレンがベルリンフィルの性能を生かして、我々にその謎を解き明かして聴かせてくれている気が致します。
 
 
闇に蠢き、そして轟く光の渦
 
一期一会の《夜の歌》
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ