FC2ブログ

ロスバウトの「大地の歌」


 
Hans Rosbaud Conducts Mahler & Bruckner
 
Disc1
Mahler: Das Lied Von Der Erde
Grace Hoffmann, Alto
Helmut Melchert, Tenor
  1  Das Trinklied Von Jammer Der Erde  8:41    
  2  Der Einsame Im Herbst  10:52    
  3  Von Der Jugend  3:29    
  4  Von Der Schonheit  6:38    
  5  Der Trunkene Im Fruehling  4:36    
  6  Der Abshied  28:54    
  
Disc 2
Bruckner: Symphony No. 7 In E (Original Version) 
  1  Allegro Moderato  19:05    
  2  Adagio: Sehr Feierlich Und Sehr Langsam  21:33    
  3  Scherzo: Sehr Schnell  10:45    
  4  Finale: Bewegt Doch Nicht Schnell
 
Hans Rosbaut, conductor
Symphony Orchestra of the Southwest German Radio, Baden-Baden
 
CD・ステレオ・録音:1957年(Mahler)、1958年(Bruckner)、南西トーンスタジオ、シュトゥットガルト
 
VOXBOX LEGENDS CDX2 5518
 
 
ロスバウトのマーラーとブルックナーが、ステレオで聴ける有り難いアルバム。
以前、damaterraさんから、ご紹介頂いた盤(ブルックナーの方)です。この場を借りて、御礼申し上げます。
 
マーラーはテンポをかなり動かしていますが、曲想に見事にマッチしており、弦の歌わせ方一つ取っても、相当細かい神経が通っています。マーラーの心象世界がダイレクトに伝わってくる様な、現代音楽を得意としたリアリストたるロスバウトならではの分析力が光る名演と思います。
 
ブルックナーは、第2楽章で打楽器類を使わない純正ハース版による演奏。ロスバウトは、殊更この曲の清澄さを伝えたいが為、この版を使用したのでしょう。地味ながら、しみじみと聴かせる、曲をして語らしめた好演と感じます。ノヴァーク版にも聴くべき表情はあると思いますが、この純正ハース版も印象に残るものです。
スポンサーサイト



プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ