FC2ブログ

ワルターの「英雄」






ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」
ブルーノ・ワルター指揮
コロンビア交響楽団
2track38cmオープンリールテープ復刻
CD・ステレオ・録音:1958年1月20日、23日、25日


こうした復刻物は玉石混交で、SACDや高品質CDが必ずしも良いとは限りません。
そうした中で、2トラ38の復刻盤CDが目に留まり、これは面白そうと早速ゲットしました。平林直哉氏の手になる物ですが、どうやってこのテープを入手したのかは制作手記を見ても判然としません。まぁ、その辺は気にせず、兎に角リッピングしてPCオーディオで聴いてみます。

真に2トラ38の音がします。CDの介在を感じないアナログ・サウンドです。これは素晴らしい!CBSソニーのアナログ・レコードの音は、ドライな感じで弦楽器も固めでしたが、この復刻CDは潤いのある、そして実に分厚い響きです。ボケ味の良いレンズで撮った写真の様に、美しい余韻を身に纏ったオーケストラの演奏が、味わい深く展開していきます。ステレオ初期の録音とは思えない、見事な音質です。

この2トラ38シリーズには、ベートーヴェンの「田園」やマーラー9番もあるので、速攻で注文致しました。


スポンサーサイト



マーラー:交響曲第3番・第6番



レーグナーのマーラー第3と第6は、嘗てステレオサウンド誌のプリアンプ特集号で、試聴用にも使われたドイツシャルプラッテンのアナログ名録音。これも、CDをリッピングしてPCオーディオで再生すると、新次元の世界が広がります。アナログLPも良い音ですが、PCオーディオも実に凄い。

この大河の様な響きの広がり~思わず惹き込まれます。瑞々しく、雄々しく、深々と・・・圧倒的インパクト。
DSDも素晴らしいですが、従来型マルチビットPCMも素晴らしいです。分解能とパワーの両立。

マーラー:交響曲第7番「夜の歌」



今更申し上げるまでもない、折り紙つきの名演です。

ここで特筆したいのは、その音質です。
近頃流行りのDSDではありません。従来型PCMです。

このCDをリッピングして、PCオーディオで再生して本当に驚きました。
途轍もない高音質に唖然。
低音がどうの、高音がどうのの世界ではなく、マーラーの音楽が眼前に聳え立っています。

演奏・録音共に圧倒的な逸品です。
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ