FC2ブログ

Jean Frye Sidwell "Tenderly - The Great American Songbook"



Jean Frye Sidwell "Tenderly - The Great American Songbook"

1. As Time Goes By - Herman Hupfeld
2. Pure Imagination - Leslie Bricuuse & Anthony Newly
3. I Left My Heart In San Francisco - Cross & Cory
4. Nature Boy - Eden Ahbez
5.Don't Get Around Much Anymore - Duke Ellington & Bob Russell
6.Sophisticated Lady - Duke Ellington & Irving Mills & Mitchell Parish
7.How Long Has This Been Going On - George & Ira Gershwin
8.That's All - Alan Brandt & Bob Haymes
9.There Will Never Be Another You - Gordan & Warren
10.Tenderly - Walter Gross & Jack Lawrence

CD・ステレオ・録音年月日:不詳
Pacificcoastmusic.com B005G52UKW


ジーン・フライ・シドウェルという女性ジャズ・ヴォーカリスト、某動画サイトで初めて知り、早速ゲット。

とてもラグジュアリーな時間と空間を満喫させてくれます。歌が上手く、品格もあり、かなりの実力派かと。
往年のスタイルでありながら、編曲も垢抜けしていて、ありそうでない統一感のあるアルバム。
バックのミュージシャン等、録音に関する情報がCDのジャケット・本体共に全く書かれていないのが不思議です。

彼女のコンピレーション・アルバムのPortrait vol.1とvol.2(双方XRCD24)は録音の良さで、オーディオ・ファイルにも有名な模様。この"Tenderly - The Great American Songbook"も通常CDながら高音質で、XRCD24バージョンと被っている曲を聴き比べてみても面白いかもしれません。

スポンサーサイト



日帰りの箱根


芦ノ湖 遊覧船
今回は遠くから見るのみ。




Bakery & Table箱根
写真左側のカウンター席が足湯になっています。
時間帯もあったのでしょうが、2階が意外に落ち着けるスポットです。


Bakery & Table箱根
お店からの眺望がまた素晴らしいです。



イタリアン・レストラン "La Terrazza 芦ノ湖"
ここの料理は、自然で優しい味がします。箱根に来たら、いつもここです。








鰻「きくかわ」
晩は無性に鰻が食べたくなり、当日の友栄は無理なので、こちらで。




何故か・・・




行きがけにエヴァンゲリオン

東名高速は行きは空いていましたが、帰りは帰省の戻りに被って少々渋滞に。
箱根の観光客は大涌谷の件の所為か、やや少ない様な気がしました。

Francien van Tuinen "A Perfect Blue Day"



"A Perfect Blue Day"
 
1. On a Summer’s Day
2. This Dream of Mine
3. Turn off the Moon
4. Ever After
5. Will We Still Dance
6. No.Seven
7. The Muse
8. Driving
9. Up on the Roof
10. My Heart Gets Weak
11. Sea
12. Out Here
13. Haven’t We Met
 
Francien van Tuinen, vocals
Jesee van Ruller, guitar
Joost Swart, piano & Fender Rhodes
Jeroen Vierdag, bass
Sebastian Kaptein, drums & percussion
 
CD・録音:Feb.2003, Fieldworkstudios


マクドナルドのBGMで流れていた、洗練されたヴォーカル~一体誰が歌っているんだろう?
ホームページから照会した処、丁寧な回答がありました。店名・日にち・時間帯を伝えると、曲名とアーティストを教えてくれます。その後はネットを只管検索、フランシアン・ファン・タイネンの歌うThis Dream of Mine(本アルバム2曲目)と判明しました。
 
巧さをひけらかす様な歌い方ではなく、自然で清澄な癒し系のヴォーカル。This Dream of Mineは変拍子の曲で、サラッと歌うのは難しいはずですが、大変リズム感が良いので、実にお洒落に決まっています。バックのミュージシャンも秀逸で、絶妙なバランス感覚で一つの世界を創り上げています。
 
サウンド全体に流れる、実に都会的なセンスの良さ。
この季節に相応しい、清々しい大気に満ちたアルバム。

JBL K2 S9500 ウーファーの修理完了+α



JBL K2 S9500 ウーファー、4本共にリコーンして返送されてきました。
バリッといった時には、ボイスコイルが焼損したのかと思いましたが、それはなかったとのこと。

ウレタンエッジ~大体10年が寿命なんですね。多少なりとも寿命を延ばしたい・・・しかし、液体ゴム等は音が変わってしまうリスクがあり、俄かに進み難いです。それならと、これを使ってみました。



クレポリメイトのナチュラルです。ネットでも、先人がトライして好結果を得ているらしいです。音質悪化や却って寿命を縮めたりする可能性もゼロではないですが、思い切ってやってしまいました。ナイロンの筆で丁寧にエッジを2度塗り。塗るのは、表側だけにしておきました。裏側は、フレームが邪魔でうまく塗れそうもないです。クレポリメイトがエッジに滲み込んでいく感じなので、これで十分かもしれません。しかし・・・もしかして人柱?

エッジのクレポリメイト加工後、ウーファーをエンクロージャーに装着して試聴です。当然ながら、エージング不足で紙臭い音がします。暫く鳴らし込んでいくと、それなりに音が良くなってきています。これで、数ヶ月様子見ですね。
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ