FC2ブログ

オーディオ・グルメ・リサイタルの会

今般、リベロさんの企画で、オーディオ・グルメ・リサイタルの会にご一緒させて頂きました。



会長邸は、3千坪の敷地にゆったりと建てられていて、オーディオルームも入念に設計された模様で、ご覧の通り理想的なものとなっています。



多くの異なった個性を持つスピーカー達を、夫々にドライブするハイエンド機器群に圧倒されます。各スピーカーの特質に合わせたチューニングがなされていて、そのご手腕に敬服致しました。各機器は傷一つない綺麗な物で、状態が非常に良いのにも驚かされます。また特にパワーアンプ系は相当な重量があり、セッティングするのも一苦労かと思うのですが、全て会長お一人でなさっているとのことです。筋トレもされているのかな。(笑)



今回お聴かせ頂いたシステムはどれも素晴らしいものでしたが、特に印象に残ったのはDivaとEpilogueです。前者のホログラムの様に浮かぶ音像と広がりあるストレスフリーな響き、後者の付帯音のないクリアでリジッドな音の構築感、両者共に聴いた瞬間声を上げてしまう程衝撃的な世界でした。またじっくり聴いてみたいとの願望に駆られます。

この後、かのキーシンが舌鼓を打った「うさみ亭」のステーキをご馳走になりました。熟成肉なのでしょうか・・・とても柔らかく旨みのある高級なステーキでした。

さてラストは、中丸三千繪ソプラノ・リサイタルです。表現の幅の広さ、感情移入の深さに思わず涙が出る素晴らしい歌唱を満喫致しました。会場の坂東市民音楽ホールも木質の響きが見事で、東京中心部の某ホールよりずっと音楽に浸れるセンスの良い造りと感じました。

中丸三千繪「あの素晴らしい愛をもう一度」「私を泣かせてください」・・・
https://www.youtube.com/watch?v=JqnKN3L4JYc

という訳で~大変密度の濃い贅沢な一日でした!

オーディオも料理も音楽も、芸術の秋ですね。

会長nazo_otokoさん、リベロさん、この場を借りて更めて御礼申し上げます。
スポンサーサイト



外部クロックの電源スイッチ



外部クロックの電源スイッチですが、AC電源と電池電源を切り替えられる様に中点ありの物を使っています。上の写真のスイッチは接触不良を起こし易いので、電源投入時にいちいちカチカチ入・切やっていました。見かけは電源が入っていて音も出てはいるのですが、導通に問題がある為、都度カチカチすることで音がかなり改善されたのです。今般、抜本的対策として、下の写真の金田式御用達・NKKスイッチズ(旧日本開閉器工業)の同タイプのスイッチに交換しました。



下の写真は問題のあるスイッチですが、どこで買ったか忘れました。このロゴのメーカーはどこでしょう?二度と使いたくありません。右側にUSとある~アメリカ製ですかね?



交換して聴いてみると・・・頗る塩梅が宜しいようで♪

流石、金田式御用達のスイッチです。

クロック・ケーブル(その2)


ANALYSIS PLUS / Digital Crystal

当初、小音量で聴いた際は、そこそこ低音も伸びていて、情報量も多いかと感じましたが、音量を大きくしてみると、加速度的なエージングが始まらず、高域方向にエナジーが偏ったままです。切れ込みは良いもののワンパターンで、音色の変化に乏しいのです。この音は・・・もしやと思い、磁石をBNC端子のロック部分に近づけてみると・・・見事にくっつきました。端子の絶縁シース(樹脂)にもくっつきます~シースの下まで端子のアース部分が入っている為です。磁性体をこんなところに使っては、流石にいかんでしょう。ロックギター等に使われるエフェクターではないのですから、この癖のあるトーン=所謂「鉄の音」はピュア・オーディオ的に問題です。

それなりに期待して試聴したのですが、このケーブルは頂けません。BNC端子が非磁性だったら、結果は全く異なった可能性があります。RCA端子バージョンもあるので、その端子が非磁性なら、見事な音かもしれません。ネット上では高評価も見られるので、恐らくその方が使われたのは、非磁性のRCA端子バージョンではないでしょうか。非磁性なら、RCA端子バージョンを試してみたくなりますね。

叙上に拘わらず、システム環境が異なれば異なる結果・評価もあり得ますので、その辺はご容赦下さい。

クロック・ケーブル(その1)



Nordost / Valhalla 2

クロック用には、今までBELDEN 1506A(両端BNC)を使用してきましたが、S/PDIFデジタル・ケーブル試聴で好結果だった物を使うのが良さそうですよね。しかし、お値段が相当なので~ダブルでは俄かに進み難いです。(笑)


ANALYSIS PLUS / Digital Crystal

評判の良い、これを試してみます。一聴した処、低音が深く伸びていて、高分解能なイメージ。ただ明らかにエージング不足な音がしていますので、暫く鳴らし込みが必要かと。このケーブルは、オーディオ店よりも楽器店で注目されているアナリシス・プラスというメーカーの物。同社のギターケーブル等々は、プロミュージシャンにも根強い人気がある模様です。

http://www.cfe.co.jp/analysis-plus/

後日、試聴記をアップ致します。

デジタル・ケーブル聴き比べ(その2)


WireWorld Platinum Starlight 7 Digital Audio Cable

試聴が先延ばしとなっていたワイヤーワールドのプラチナムが手許に来ましたので、早速聴いてみました。

一聴して、明るく快活な音。低域にゴリッとした力感がありますが、重くならず、抜けが良いです。ただ超低域の伸びは、ノードストのヴァルハラやモッドスクアッドのワンダーリンクに及びません。サウンドステージは、左右・奥行き・高さと全体にやや狭く、音像を手前に持ってくる傾向があります。高域に輝く様なキャラクターがあり、ナチュラルとは異なる方向のコントラストを強めたオーディオ的な音です。ソースを次々に切り替えて聴いた際に、録音毎に空気が入れ替わった様なワープ感覚がやや希薄に感じます。声は若干ハスキー調になり、弦はメタリックで少々刺激的、固有の音色があるイメージです。

今回の試聴で、個人的に順位をつけると・・・
1. Nordost Valhalla 2
2. MODSQUAD WONDERLINK Ⅰ
3. BELDEN 1506A
4. WireWorld Platinum Starlight 7
となります。必ずしも価格順にはなっていません。繰り返しますが、システムのバランス等によって異なる結果になる場合があるかもしれませんので、その辺はどうかご容赦下さい。(笑)

デジタル・ケーブル聴き比べ(その1)


BELDEN 1506A


MODSQUAD WONDERLINK Ⅰ


WireWorld Platinum Starlight 7 Digital Audio Cable
 

Nordost Valhalla 2 Reference Digital Interconnect
 
新旧取り混ざり、多士済々のデジタル・ケーブルですが、聴き比べをしてみました。いずれも、1m程度の長さです。何故、今、デジタル・ケーブルの比較試聴なのかと言うと、たったS/PDIFケーブル1本でステレオ・システムの音楽情報伝送~再現力の全てを担っており、一番シビアな部分と思われたからです。システムのバランス等によって、本件とは異なる結果になる場合があるかもしれませんので、その辺はご容赦下さい。(笑)
 
BELDEN 1506A & カナレBNC/RCAコネクター
まず一聴して、最新鋭のスポーツカーで飛ばしている様なハイスピードな印象。情報量も多く、タイトで鋭角的な音です。一皮向けた爽快感のある音ですが、録音によっては少々キツく感じる場合があります。ケーブル本体のポテンシャルは非常に高く、もしかすると、コネクター~特にRCA側で信号の反射といった問題が生じているのかもしれません。実際、外部クロックのケーブルには、この1506Aを使用(コネクターは両端BNC)して、好結果を得ています。
 
MODSQUAD WONDERLINK Ⅰ
昔から使っているケーブルです。信号の反射を防ぎ、丁度漏斗の様に信号を注ぎ込む特殊な形状のコネクターを使用している為か、BELDEN に比べると、ナチュラルなイメージです。ケーブル本体は中空構造で、導体には銅・銀・ニッケルの合金を使用していますが、強磁性体のニッケル臭さがあまり感じ られません。磁性体を使うと、音の切れ込みは良くなるものの、音色の変化に乏しく、暗い半殺しトーンになる傾向があるのですが、ここでは音の隈取を明確に しつつ、音色も明るい方向で、音がダイレクトに出てくる感覚があります。情報量も多く、比較的安価なケーブルですが、既に絶版で中古品で入手するしかない状況です。
 
WireWorld Platinum Starlight 7 Digital Audio Cable
諸般の事情で、このケーブルの試聴は少々先のことになりそうです。
 
Nordost Valhalla 2 Reference Digital Interconnect
ケーブルは同社独自のデュアル・モノ-フィラメント構造、コネクターも同社オリジナルの物を使用している模様。ディティールをよく再現しますが、当初高域に僅かにざらつく様な癖が感じられました。しかし暫くエージングすると、その癖は取れ、実に深みのある音に変わりました。サウンドステージが広く、音色の変化に敏感です。特に弦楽器~例えばヴァイオリンとヴィオラの音色の描き分けが見事で、艶やかで美しい響きはアナログをも凌駕するレベルに達しています。響きの交錯・重なり・うねりといった表現にも長じていて、大編成のオーケストラ等、実に凄みのあるスペクタクルが展開します。超低域の再現性が頗る良いのでしょう。全体にナチュラルな再現性を持っていますが、素地の良い美人が薄化粧をした様な、イメージがあると言えばあるかもしれません。高価なケーブルだから良いはずだという先入観は捨てて、更めて聴いてみても、その印象は変わりません。音に品格があり、且つ表現力に富み、聴く者の心を豊かにするサムシングを持ったケーブルと感じます。
 
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ