FC2ブログ

イッセルシュッテットの第9



ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125《合唱》

ハンス ・シュミット=イッセルシュテット指揮
ジョーン・サザーランド(ソプラノ)
マリリン・ホーン(メゾソプラノ)
ジェイムズ・キング(テノール)
マルッティ・タルヴェラ(バス)
ウィーン国立歌劇場合唱団(合唱指揮:ヴィルヘルム・ピッツ)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

CD・ステレオ・録音:1965年12月8-12日 ウィーン、ゾフィエンザール


奇を衒わない、堂々たる第9

演奏も見事ですが、録音も秀逸。広大なスケール、響きの厚み、深み、艶やかさ。

嘗てキングレコードからTHE SUPER ANALOGUE DISCとして出されていて、その素晴らしい音質に吃驚仰天しておりましたが、今般、CDで購入してみました。というのは、PCオーディオでCDをリッピングした場合と比べてみたかったからです。

予想通り、アナログ・ディスクと非常に良く似た音調ですが、安定度が一層高く、2トラ38を聴いているイメージです。16bit 44.1kHzは、決して侮れません。世の中、ハイレゾ、ハイレゾと騒ぎますが、普通のCDにも物凄い音が隠されているのです。

当時のデッカの録音技術には、本当に敬服致します。60年代をはじめ、現代でも通用する多くの優れた録音がありますので(これはデッカに限らずですが)、更めてCDで買い集めてリッピングしていこうと画策中です。
スポンサーサイト



クロックの電源を切ってはいけない!






「音が悪くなるから、クロックの電源を切ってはいけない!」

と言われていますが・・・Stanford Research Systems等々の高精度水晶を使った物だけに顕著な事象かと思っておりました。

FIDELIXのPure Rhythmでも、同様のことが起きています。因みにPure Rhythm1のクロック出力に75Ωドライバー
(バッファー)SN74128を入れて、hiFace Evoの外部クロックとして使用している状況です。

特に低域が深くなり、音色に自然さが増します。
熱的に安定すると、位相ノイズが減る(ノイズ分布が変わる)とかあるのでしょうか?

不思議です。
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ