FC2ブログ

B&O Earset 3i White



BANG & OLUFSEN Earset 3i White

B&O 瀟洒な美しいデザインですね。
久し振りに、この手のタイプのヘッドフォンを購入しました。

耳掛けタイプなので、圧迫感がなく、耳が痛くなりません。且つ外れにくいです。
解放型で外部の音を遮断しないので、それなりに外部の音は聞こえてしまう一方、
歩いている時も車の運転時も、危険が少ないというメリットがあります。

音もすっきりと上品で、聴き疲れしません。デザインと通じるものがありますね。


B&Oと言えば、昔々リニアトラッキングのアナログ・レコードプレーヤーを出していました。


Beogram 4000

これも、本当に美しいデザインでした。ニューヨーク近代美術館に永久展示されている逸品です。
とうの昔に製造中止で、中古ではなかなか程度の良い物がありません。



Jacob Jensenの芸術。

スポンサーサイト



エベーヌ弦楽四重奏団のモーツァルト



弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調K421
1. 第1楽章:アレグロ・モデラート
2. 第2楽章:アンダンテ
3. 第3楽章:メヌエット&トリオ.アレグレット
4. 第4楽章:アレグレット・マ・ノン・トロッポ
 
ディヴェルティメント ヘ長調 K138
5. 第1楽章:アレグロ
6. 第2楽章:アンダンテ
7. 第3楽章:プレスト
 
弦楽四重奏曲 第19番 ハ長調K465 「不協和音」
8. 第1楽章:アダージョ-アレグロ
9. 第2楽章:アンダンテ・カンタービレ
10.第3楽章:メヌエット&トリオ.アレグロ
11.第4楽章:アレグロ・モルト

CD・ステレオ・録音:2011年5月10日・11日、フェルム ドゥ ヴィルファヴァール エン リムーザン(コンサートホール)、フランス


この団体は、ジャズもこなす所謂クロスオーバーの何でも屋さんなのですが、他とは似て非なるものです。

しかし、このアンサンブルの妙、表現力の豊かさは、並大抵ではありません。
ダイナミック且つしなやかに音楽を生き生きと奏でる様は、真に瞠目に値します。
内から湧き出づる音楽性に満ちながら、客観性も併せ持っているのです。

エベーヌ弦楽四重奏団・・・新時代の旗手。

録音も極めて鮮明で、弦楽のナチュラルな響きを堪能出来ます。
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ