FC2ブログ

ステファン・アスケナーゼ(その2)



フレデリック・ショパン:

CD1
1. ピアノ協奏曲 第1 番ホ短調 作品11
2. ロンド《クラコヴィヤク》 ヘ長調 作品14

CD2
3. ピアノ協奏曲 第2 番へ短調 作品21
4. ポロネーズ 第6 番変イ長調 作品53《英雄》
5. ポロネーズ 第3 番イ長調 作品40 1《軍隊》
 
ステファン・アスケナーゼ(ピアノ)
ハーグ・レジデンティ管弦楽団(1,2)、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(3)
ウィレム・ファン・オッテルロー(指揮)(1,2)、レオポルト・ルートヴィヒ(3)
 
録音・ステレオ:1959725-26日 アムステルダム、コンセルトヘボウ(1,2)
                  1962427-30日ベルリン、UFA トーンスタジオ(3-5)
 
原盤:Deutsche Grammophon


ステファン・アスケナーゼ、このピアノ協奏曲第2番は、彼の面目躍如たるものです。美しい音色、繊細なタッチ、ショパンが存命であったなら、かくあったであろうと思わしめる絶美の世界が展開します。

レオポルト・ルートヴィヒの指揮が実に堂々たるもの。この指揮者は全く知らなかったのですが、調べてみると相当な大家ですね。ウィーン国立歌劇場の主席指揮者、ハンブルク国立歌劇場の音楽総監督等々を歴任、オペラのエキスパートだったとのこと。旋律は深い呼吸を伴って何よりロマンティックに歌われ、アスケナーゼとの息がぴったり合っています。まるで時間の流れが止まったかの様に、その音楽に惹き込まれてしまいます。オケもベルリンフィルで言うことなし。

このピアノ協奏曲第2番、英雄&軍隊ポロネーズは、世界初CD化だそうです。タワレコさん、復刻して下さって本当に感謝申し上げます。



こちらのジャケット写真を見ていて気付いたのですが、協奏曲の方のジャケット写真は画像裏返しで焼いてませんかね?背景等加工してありますが・・・皆さん、どう思われますか?
スポンサーサイト



ステファン・アスケナーゼ(その1)



ピアノ小品集

CD1
1. フェリックス・メンデルスゾーン:《無言歌集》から〈甘い思い出〉〈紡ぎ歌〉〈後悔〉
2. :スケルツォ ホ短調作品162
3. フランツ・シューベルト:メドレー(アスケナーゼ編)
4. フランツ・リスト:愛の夢第3番 変イ長調
5. :忘れられたワルツ第1番 嬰へ長調
6. フレデリック・ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31
7. :子守歌 変ニ長調作品57
8. 舟歌 嬰ヘ長調 作品60
 
CD2
9. 4つの即興曲集
~第4番 嬰ハ短調 作品66《幻想即興曲》、第1番 変イ長調 作品29、第2番嬰へ長調 作品36、第3番 変ト長調 作品51
10. スケルツォ 第3番嬰ハ短調 作品39
11. 4つのマズルカ集 作品41
~第4番 嬰ハ短調(26)、第1番 ホ短調(27)、第2番 ロ長調(28)、第3番 変イ長調(29)
12. バラード第3番 変イ長調作品47
 
ステファン・アスケナーゼ(ピアノ)
 
録音:19681212-14(1-8)1971104(9-12) ミュンヘン、プレナールザール
 
原盤:Deutsche Grammophon

TOWER RECORDS VINTAGE COLLECTION+ Vol.20 PROC-1711/2
ルビジウム・クロック・カッティングによるハイクォリティ・サウンド


ステファン・アスケナーゼはショパン直系の弟子筋にあたり、興味をそそられてCDを購入。

得も言われぬ品格を漂わせる演奏。

ショパン直系と言えば、ホルショフスキが思い浮かびますが、演奏の品格において相通じるものがあるかと。

実にロマンティックな演奏で、何気ないパッセージに、ふと現れる弱音にもファンタジーが広がります。

沈黙(休符)にも、音楽を感じさせる優美。

陶酔の時間。
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ