FC2ブログ

Charlie Haden & John Taylor "Nightfall"




チャーリー・ヘイデンとジョン・テイラーのデュオ。

味のある美しい響きが部屋を満たします。

編集なしの一発録りで、この完成度は見事。


音質がまた極めて秀逸。マイクの本数は、最小限に止めていると思われます。ワンポイント・ステレオかも?

ダブルベースとピアノの掛け合いが、実にクリア且つ豊麗に響きます。


CD・ステレオ・録音:2003年10月8日、9日、ロイ・オー・ディズニー ミュージック・ホール、カリフォルニア
naimcd077
スポンサーサイト



PCオーディオ(その94)



APPLE MacBook Pro with Retina Display MF839J/A
(2.7GHz Dual Core i5/13.3インチ/8GB/128GB/Iris Graphics)

M2TECH D/Dコンバーター hiFace Evo TWO

PCオーディオで使用してきたMacbookを新調。
デフォルトのOSはOS X Yosemiteなのですが、再生アプリのFidelia最新版がEl Capitanに対応しているので、この際El Capitanにアップデートすることにしました。

ところで、MacBookの電源は金田式リニア電源に改造してあり、出力ケーブルの末端はMagsafeとなっていますが、このMacBook Proの電源入力端子はMagsafe2なので、そのままでは使えません。そこで、Magsafe→Magsafe2アダプターという物を間に噛ませてやります。このアダプターもMagsafeならではの磁石になっていて、ピタッとくっ付いてくれるのが良いですね。

さて、OSアップデートが終わり、徐にMacBook ProにhiFace Evoを繋ぐと~ここで大問題発生。
MacBook ProがhiFace Evoを認識しないのです。調べてみると、OSがYosemiteなら認識するらしい・・・(汗)。 しかし、もうOSをアップデートしてしまいましたし、やはりどうせならFideliaの最新版を使いたいという想いがあります。

hiFace Evoの輸入元に確認した処、hiFace Evoの新型、hiFace Evo TWOなら大丈夫とのこと。うまく商売に持込まれた感はありますが、こうなったらhiFace Evo TWOを導入する他ありません。思わぬ出費となりましたが、仕方ないです。

上の写真は、hiFace Evo TWOを導入後のものです。hiFace Evo TWOは、かなり高機能でDSD信号も扱える上、出力にI2Sも備えています。目の前にI2S入力対応のFidelix CAPRICEがチラついて来たりしますが、まあ、それは今後の課題としておきましょう。

さて、肝心の音ですが、まだエージング不足ながら生き生きとダイナミックです。クリアでフレッシュ、克明な描写力とアナログ的な滑らかさの両立→この数日聴いてきて、この方向に向かっているのは間違いなさそうです。

一つ気になるのは、旧Macbookでは内臓のリチウム電池を外した方が音が良かったことです。ところが、このMacBook Proは取り外せる仕様ではないのです。本体を開腹する必要がありますので、Appleの保証が受けられなくなるのを覚悟の上で、トライすることになります。何故か、その為の特殊ドライバーが既に手許にあったりします。(笑)
プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ