FC2ブログ

BELDEN 1506A VS. SAEC STRATOSPHERE BNC-1




自作外部クロックとM2TECH D/Dコンバーター hiFace Evo TWOの外部クロック入力を繋ぐクロックケーブルとしての聴き比べ対決です。BELDEN対SAEC、日米対決ですね。因みにhiFace Evo TWOと金田式DAC(No.196 Solid State)間のS/PDIF接続ケーブルは、Nordost Valhalla 2 Reference Digital Interconnectとなっています。

自作外部クロック

従来クロックケーブルとして使用してきたBELDENですが、SAECのPC-TripleC(EX)導体を用いたUSBケーブルやアナログケーブルのSTRATOSPHERE SL-1があまりにも素晴らしい為、ここでデジタルケーブルのSTRATOSPHERE BNC-1も是非試してみようと思い立った訳です。BELDENも高性能の優れたケーブルですから、結果がどうなるのか興味津々です。

さてSAEC  STRATOSPHERE BNC-1を繋いでみた処、何故かステレオなのにモノラルの様に音像が団子っぽくなってしまったのです。ガサガサした変化に乏しい音で、一体何故? 否、これはエージング不足~特に情報量が大きくなった場合によく現れる現象に違いないと思い、数日様子をみることにしました。

結果、大正解! SAEC  STRATOSPHERE BNC-1が本領発揮です。俄かに信じ難い音が鳴っています。その情報量・分解能は圧倒的で、録音されたホールとリスニングルームの空気が入れ替わった感が半端ない。BELDENも優れたケーブルですが、上には上があるものだと感服致しました。

しかしクロックケーブルでも、これ程の変化があるというのには本当に驚ろかされます。デジタルの時間軸は、厳密でなければならないという何よりの証左ですね。ケーブルのマイクロフォニックノイズ、絶縁体の誘電体ロス、導体の結晶粒界~伝導率・伝送速度等々が関係しているものと思われます。

元ソニー技術者の、かないまる氏もHPで言及されていましたが、デジタルのビット精度というものはケーブルを指で弾いただけで崩れてしまう微妙な部分があるのです。
スポンサーサイト



プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ