FC2ブログ

Nordost Valhalla 2 Reference Digital Interconnect VS. SAEC DIG-1





今回はクロックケーブルではなく、M2TECH D/Dコンバーター hiFace Evo TWOと自作金田式DAC(No.196 Solid State)間のS/PDIFケーブルとしての比較対決です。

Valhallaは大変お高いケーブルですが、それなりの表現力と品格を持ったケーブルだと思います。価格が3分の1ほどのSAEC DIG-1がどこまで善戦するか・・・

SAECのPC-TripleC(EX)導体を用いたUSBケーブルやアナログケーブルのSTRATOSPHERE SL-1があまりにも素晴らしい為、前回デジタルケーブルのSTRATOSPHERE BNC-1を導入し、またもや唖然とする好結果に愈々気を良くし、今回のNordostとSAEC対決となった訳です。

Valhallaは情報量も見事な上、ウィーンフィルの弦など蠱惑的なまでに美しい響きを醸し出します。非常にうまく薄化粧しているとも言えましょう。一方のDIG-1はHifiが身上ですが、並みのHifiではありません。僅かな響きも逃さず、克明に再現して聴かせる~この録音には、こんな音も入っていたのかと驚くこと頻り。中低域の厚みが半端なく、大変堅牢な骨格を持っているのです。16bit/44.1KHzのCDをリッピングしたソースが、ここまでの音を聴かせるとは恐るべし。

ということで、拙宅ではSAEC DIG-1がメイン採用と相成りました。

デジタルケーブルでも、アナログケーブルでも、替えれば必ず音は変わります。デジタルで厄介なのは、電圧軸方向の精度(分解能)も時間軸方向の精度に左右されてしまうということです。サンプリング周波数の全てのインターバルにビット・パーフェクトである為には、ノイズが大敵なのです。時間軸方向の精度が悪くなる=ジッターのある状態=スレッショルドレベルがノイズに依って変動していると、デジタル⇔アナログの変換はボロボロになってしまいます。ブレブレの写真に喩えることも出来るでしょう。ケーブル自体の持つマイクロフォニックノイズ等も大きな影響を及ぼすことになります。

立体的で潤いのある響きを得る為には、デジタルケーブルも疎かに出来ません。
スポンサーサイト



プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ