FC2ブログ

辛い時に聴く音楽(>_<)


辛い時には音楽を聴く気にもならないかもしれませんが・・・聴くならば、どの作曲家でしょうか?

私の場合は・・・ブルックナー、モーツァルト、ベートーヴェン、マーラーですね。
どれか一つにしろと言われたら、ブルックナーかモーツァルトで迷いますが、ブルックナーにします。

実際、苦しかった時にそうだったのです。

苦しい時に、ブラームスやチャイコフスキーはあまり聴かないです。でも、暗いマーラーは聴いてしまうのです~これって危険かも。


気障っぽいですが、自己分析してみると・・・


ブルックナーには「慈愛」と「救い」を、

モーツァルトには「愉悦」と「慟哭の美学」を

ベートーヴェンには「憧憬」と「意志の力」を

マーラーには「退廃美」と「嘆きの共有」を

主に求めているのではないかと思います。


一方、苦しみから抜け出しそうな時に、よく聴くのがシベリウスですね。

シベリウスには「大自然の息吹」と「安息」を求めているのでしょう。


何を聴くか・・・人それぞれなのでしょうけど、ある程度の傾向はありそうな気がします。

皆さんは如何ですか?




※写真は昭和音楽大学の新校舎・コンサートホール(新百合ヶ丘)です。平成19年4月開校予定。
 杮落としが楽しみです(^^♪

スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。辛い時ですかぁ~、やっぱり私はマーラー9番の4楽章だと思います。今のところ、あまり辛い時に聴くという行為をしたことが無いのであくまで推測ですが。。。でも、風邪をひいて辛い時は必ずマーラー9番の4楽章です。あれれ、、、少し意味が違いますかね(^^; 昭和音楽大学って新百合ヶ丘に校舎造るんですか。私は仕事がら、新百合ヶ丘辺りもウロチョロしてます。

No title

cwdnf332さん、マラ9の4楽章ですか・・・マーラーの危ない世界へ敢えて行きたくなるんですよね。風邪の時も~今度、私も試してみます(^^♪。昭和音大、凄いものを建ててますよ。オペラが出来る大ホールと室内楽用の小ホールの二つが併設されるとのことです。

No title

辛いときに精神の安らぎを求めて聴くのはモーツァルトです。何にも考えたくないときには宇宙的音響に浸れるブルックナーです。人間社会を超越した世界という感じで。

No title

yymoonさん、なるほど、辛いときに精神の安らぎを求めて聴くのはモーツァルト・・・共通点ですね。ブルックナーには永遠を感じます・・・浮世を超越した世界(^^♪!

No title

なんだか、この記事を見ながら、聞いてみたいなー!って・・・・

No title

あれ?また「ぴ~こ」さんに戻り・・・否、正確には「ぴーこ」さんですね(^^♪。私のイメージで宜しければ・・・聴いてみて頂けたら幸いです。

No title

旧スレにコメントを残します。

大昔、気持ちが落ち込んだ時、矢野顕子さんの<ごはんできたよ>をヘッドフォン着用して大音量で聴いておりました。
当時の彼女はポップスにチャレンジをしていました。

それが心地よかったのでしょう。。
ちょっと話題が離れてしまい、申し訳ない限りです。

クラシックでは、ラフマニノフのピアノになるのかなとも思っています。

No title

mos_mos_yoshiさん
ご訪問、有難うございます。

矢野顕子さんには、そこはかとなく温かい歌がありますね。
決して、話題が逸れてはいないと思いますよ。

クラシックも、演奏によって大きく変わるかと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ