FC2ブログ

A&D DA-F9000(その2)


待望のA&D DA-F9000が、駆け込み寺の救世主様から戻って参りました。


師曰く・・・

・外観はかなり綺麗です。この年代としては奇跡的な美しさでしょう。

・内部は綺麗な状態で、手を入れられた状況(修理や改造など。)は確認で
 きませんでした。

・各部DC電源電圧は正常でした。電解コンデンサーもまだ交換しなくても
 大丈夫でしょう。(5年位はもつと思う。)

・FMフロントエンドとIF部の再調整で少し感度が上がりました。
 DA-F9000 のレベルメータで1段(=2LED分)分。

・クォードラチュア検波部で200mV分の調整ズレがあったので、これを再調
 整しました。同調精度が向上しました。

・PLL検波部で300mV分の調整ズレがあったので、これを再調整しました。
 歪率が向上しました。

・MPX部でVCOズレを再調整しました。ステレオセパレーションが向上
 しました。

・DCアンプでDCバランスが100mV分の調整ズレがあったので、これを再
 調整しました。

・AMフロントエンドとIF部の再調整で少し感度が上がりました。
 DA-F9000 のレベルメータで2段(=4LED分)分。

・実際の受信状態にも問題ありません。


以上でした。チューナーの様な高周波機器は、知識・技術・測定装置の三拍子が揃わないと調整が出来ません。そして、その音質は・・・

今、NHK・FMでモザイク・クワルテットのハイドンを聴いていますが、実に透明で美しい弦の音です。余韻が綺麗に尾を引いて消えていきます。

有難いことです!・・・素晴らしい製品が見事に蘇りました。

送り出し側のソースの質が高ければ高いほど、真価を発揮するマシンだと思います。
黙って聴かされたら、CDの音と勘違いするかもしれません。(^^♪


駆け込み寺の救世主様には、この場を借りて更めて感謝申し上げます。

スポンサーサイト



コメント

No title

FMチューナー復活おめでとうございます☆FM放送はソースとして侮れませんね!(あくまでチューナーのレベルやアンテナ等がしっかりしていること前提で)私の世代ですらデジタル>アナログが常識で、アナログ音源の素晴らしさを知らないのは本当に可愛そう…私も数種類のチューナーを所有しましたが(F9000より安物ばかり)それでも目前にアナウンサーが現れる音像感が確保できました☆何だかまた単品オーディオやりたくなってきました(ムズムズ)

No title

diatonemanさん、有難うございます。人間、結局はアナログでしか聴けないので、質の良いアナログ音源は究極の音源ですよね。実は私、単品オーディオを始めようかと思っていたところです(^^♪。A&DのDは、diatonemanさんのD(ダイヤトーン)。

No title

駆け込み寺の救世主様がいて、DA-F9000が復活して何かうらやましく思えます。

こういう物の調整を行える方に関して(探し方他)何かあったらいいのですが・・・。

No title

kapukapu54さん、はじめまして。
駆け込み寺の救世主様は趣味でおやりなのですが、腕はプロ並みです。ただ、厭くまで好意でお助け頂いたので、他の方にご紹介するのは難しいかと存じます。
AMP修理工房にお問い合わせされては如何でしょうか?
http://amp8.com/

No title

AMP修理工房は評判がよくなさそうなので止めておこうかと思います。

クソ高いし、部品から変わって別物になってそうで怖いですね。

No title

kapukapu54さん、そうですか・・・。
駆け込み寺の救世主様もネットで知り合った方ですので、お付き合いを大切にすれば、ネット上でお助け頂ける方が現れるかもしれませんよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ