FC2ブログ

A&D DA-F9000(その3)




A&D DA-F9000

駆け込み寺の救世主様に折角調整して頂いたので、この際、電源廻りのコンデンサーを交換しようと思い立ちました。

早速、秋葉でニチコンMUSE-FXをゲット。このニチコンMUSE-FXは、サイズが比較的小型で既存のモノと交換し易いのです。残念ながら製造中止になってしまい、市場の在庫分だけしか後がありません。FWが後継品種らしいです。

ニチコンMUSE-KZやジェルマックスのブラックゲートも考えましたが、製造されているアイテムが少ないので容量等がうまく合わず、且つ数倍高価なので止めておきました。

写真は上・交換前、中・交換後、下・外した旧いコンデンサーです。
電源基板を見ると、コンデンサーの電解液が長年の間に漏れ出しているのが分かります。
1988年製ですから、もう18年も勤め上げた訳です・・・よく頑張った!

電源廻りには、2200uF/35V, 1000uF/50V(2), 1000uF/35V(2), 1000uF/25V, 100uF/50V, 100uF/25V(2), 1uF/50V, 47uF/16V,10uF/50Vの計12本のコンデンサーがあるのですが、10uF/50Vは買いそびれたので、今回は11本の交換となりました。コストは約2千円。

交換後は音がしっかりと安定して、音質がくっきり&まろやかに、またヌケが良くなりました。スピーカーを離れて立体的に音が出る様が、一層リアルになりました。
エージングで更に良くなると思われます。

20数年前、金田式DCアンプ(電池プリ&電池[電圧増幅段]パワー)を製作して以来の部品弄りでした。アンプを作り出すと、寝食を忘れて没頭してしまうのです。
また作りたいですが、なかなか時間がなくて無理ですね~^^;。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ