FC2ブログ

A&D DA-F9000(その4)



先日の電源廻りのコンデンサー交換、10μFだけ買いそびれて旧いままだったので、ここをブラックゲートにしてやろうと思いました。小容量のものなら比較的安価なので、ついでに100μFまでのものはブラックゲートに入替えすることに決定。

そして、即、実行。結果は低音の伸び・力感が増し、無音時の静けさが印象的です。やはり基本的に作りが良い製品なので、部品の交換に対してとても鋭敏に反応します。コストは5箇所替えて約千円でした。

ブラックゲートは容量の割りにサイズが大きいので、この基盤に収めるのには少し工夫が要ります・・・100μFは足を長めに残して基盤から浮かし、トランジスターの放熱器等に当たらない様に本体を少し寝かせました。

ブラックゲートは、1000μFになると途端に1個千円を軽く超える金額になるので、流石に諦めました。これで充分です!

末永く使わせて頂きます。(^^♪

スポンサーサイト



コメント

No title

OHは100%完了ですね(^-^)想像するに音質もFM放送局の送り出し側のクオリティーまで描きだすところまでいってますね♪次はのステップは電源ケーブルの入れ替えですか???

No title

diatonemanさん、「音質もFM放送局の送り出し側のクオリティーまで描きだすところまで・・・」~うーん、そこまでいっているかどうか・・・しかし、元ソースの質が良ければ良いほどリニアに反応します。電源ケーブル・・・誘惑ですね。(^^♪

No title

Kapell様

こんにちは。
このDA-F9000の一連記事はずいぶん前に拝見したことがありました。
Kapellさまのブログだったのですね・・。

ST-5000Fの件、ノイズが抑えられるといいですね。

No title

BLUESS様
ご丁寧に有難うございます。

ST-5000F~とりあえず、コンデンサーの交換です。金田式系中心のパーツでトライします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ