FC2ブログ

ファビオ・ルイージのモーツァルト・交響曲第40番


モーツァルト・交響曲第40番K.550

ファビオ・ルイージ指揮/ウィーン交響楽団

NHK音楽祭2006の模様が12月17日に放送されていましたね。HDビデオにしっかり録らせて頂いてます。

久々に40番で感銘を受けました。基本的にテンポはあまり動かさず速めの設定で、感情を省くのではなく抑制しつつ、何気に弱音を聴かせたり、旋律の歌わせ方にも細心の注意が払われています。モーツァルトの様式美が見事に表現されていて涙が出てきました。

心を籠め抜いていながら凛とした緊張感を維持する辺り、只者ではないと思います。オケも真剣に弾いているのがひしひしと伝わってきます。やり過ぎない絶妙のバランス感覚・・・これは素晴らしい!

端整で彫りの深いモーツァルト。

ファビオ・ルイージ、これから目が離せなくなりそうです。マーラー等の演奏も良いらしいので、是非、聴いてみたいです。

スポンサーサイト



コメント

No title

ファビオ・ルイージ!いい指揮者ですね。昨年だったか?サントリー・ホールでブラームス第2交響曲をライプツィヒ放送交響楽団と来日した時、聴きました。ドイツのオケでブラームスは「おはこ」ですから、非の打ち所がありませんでした。今回のTV、私もじっくり聴きました。ハーディングに注目が集中しているようですが、私はこのルイージの方が評価できます。

No title

junozaさん、激しく同感です!本物はルイージの方ですよ。この人は、大物になりますね。指揮ぶりを見ても、この人の音楽に対する考え方や人となりが現れていて非常に好感を持ちました。

No title

ルイージの実力は本当に素晴らしいですね。ハーディングは若すぎますが、このお方もまだまだ若いですからね。来年のタンホイザー、なんとか行きたいです!

No title

Jinさん、きっと注目してらっしゃると思いましたよ。ミラン・ホルヴァートの薫陶を受けたくらいですから、半端じゃないですね。マーラーの解釈は、師匠からの直伝なのでしょう。私もコンサートに行きたいです(^^♪。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ