FC2ブログ

ブルックナー・交響曲第5番


ブルックナー・交響曲第5番変ロ長調

カール・シューリヒト指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Deutsche Grammophon 435 332-2
CD・モノラル・録音:1963年2月24日、ウィーン楽友協会大ホール、ライブ



シューリヒト晩年の名演。

ゆったりとしたテンポで仰ぎ見るようなブルックナー。
シューリヒトはどちらかというと早めのテンポを取ることが多いのですが、ここではじっくりと歩を進めて、この曲の持つ峻厳な世界を見事に描き切っています。

隅々まで神経の通った、実にニュアンスに溢れて多くを語る演奏です。
ウィーン・フィルも素晴らしい音色で応えています・・・金管のパワーも相当なもの。

特に最終楽章の高揚感は驚異的で、真に言葉を失います!

ヴァント/ベルリン・フィルとベスト2だと思います。
これは両方聴くしかないですよ。


シューリヒトの演奏の背後には、いつも静寂があります。

その静寂は、透明な緊張感とでも言いましょうか・・・

そのキャンバスに音楽が立体的に充実して展開するのです。

スポンサーサイト



コメント

No title

ブルックナー好きですよ~!私もね、心の隙間を埋めるため、合気道に杖術に、サルサや横笛・旅行や能に歌舞伎と人生を楽しみながら過ごしています。スキーもスノボードもします。健康第一で楽しい毎日が目標ですね。夜に杖術の素振りして、月光浴で瞑想したりすると心のコントロールはバッチリです!

No title

これも良いんですが、59年録音のヘッセン放響とのライブ録音も良いですよ。TBさせてもらいます。

No title

これもまた、極めの付いた名演です。むかしは、バックハウスとのブラームスの協奏曲第2番とカップリングで海賊盤でCD化されていました。DGから正規盤で出たののがこれですね。どこをとってもシューリヒトという想い。透明かつ静謐でいながら、鳴らすところは骨太で、もう嬉しくなってしまいます。ほんとにフィナーレは凄い。もしも生で聴いたら、どうにかなってしまうのでは・・と、いう気がします。

No title

rivertg17さん、初めまして。芸術系だけでなく、スポーツ系も幅広くこなされるとは!チェリビダッケも「ブルックナーは自分の傍に居る気がする」と言っていますが、本当に心に深く響く音楽ですね。

No title

yymoonさん、59年録音のヘッセン放響とのライブ録音は未聴です。貴ブログを拝見するに・・・ヘッセンの方は、テンポが速く明るい演奏なのですね~興味深いです。

No title

カワサキヤさん、この演奏は尋常ではないと思います。いやぁ、これを生で聴いたら卒倒するかもしれません(^_^;)。シューリヒトの演奏は、いつも何かを教えてくれますよね。

No title

第5はブルックナーの交響曲の中でもかなり人気のある曲ですね。名盤が数多くでており、ベスト!と奨める指揮者も沢山おりますね。やはり「ヴァント」さんかな・・私は!

No title

junozaさん、ブル5も人気があるとは嬉しいことですね。ベスト盤のご意見も多々ありそうです。先日、ヴァント/ミュンヘンのブル9を聴き、更めてとてつもない凄みを感じました・・・(^^♪!

No title

私もこれ、持っています。最近あまり聴いてませんが……シューリヒトのような飄々として、それでいて味わいのある指揮者って今はいなくなっちゃいましたね。もうこれ以降も出てこないような気がします。その意味でも貴重な指揮者だと思います。

No title

dsch156さん、今、CDで聴けるだけでも幸せだと思わなくてはいけないのですね。これから、シューリヒトの少しでも多くの録音が発掘されることを切に願う次第です。

No title

長くて睡魔に耐えられず、聴かず嫌いになってしまったブルックナー。5番の最終楽章なら聴けるようになってきました・・・。ヴァント/ベルリン・フィルと双璧なのですね。もう少しブルックナーが聴けるようになったら購入候補にしたいと思います(^^)

No title

さえさん、確かに慣れないとそうでしょうね。ブルックナーは、オケ楽団員からも休符が多くて暇だからと嫌われることもあったとか・・・冗談みたいですけど(^_^;)。しかし、嵌ると堪えられませんよー(^^♪!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ