FC2ブログ

スーパーPCOCCスピーカーケーブル/ゴトウ総合音響製


スーパーPCOCCスピーカーケーブル/ゴトウ総合音響製

この製品は、導体に純銅アズキャスト線を使用したものです。
ダイスで線を引き出す一般の大量生産方法とは異なり、アズキャスト線は加熱鋳型を用いてゆっくり鋳込んだ細線を直接リールに巻き取り製造します。従来の銅線製造の数倍の時間を要するので、量産は困難です。
つまり、線材にストレスが掛かっておらず、結晶境界の影響が非常に少ない訳です。


スーパーPCOCCを最初に世に出したのはオーディオ・テクニカだったと記憶していますが、その後、他のメーカーからも発売されていました。銀製の物も出ているそうですね。

オーディオ・テクニカのスーパーPCOCC スピーカーケーブルの音には、本当に衝撃を受けました。超低域から超高域まで帯域バランスはフラット、透明且つ開放的な音なのです。これは、今でもサブシステムで活躍しています。

一方のメインシステムのスピーカーケーブルはと言うと、同じスーパーPCOCCですが、デルカテックの製品を使っていました。このデルカテック、導体表面に縞状の模様がついていて(オーディオ・テクニカの導体表面はピカピカで綺麗)、音もオーディオ・テクニカのそれと比べると少々くすんだ感じがありました。しかし、ケーブルの長さ等の関係で仕方なくデルカテックを使ってきたのです。

今般、そこにネットで偶々見つけたこのゴトウ総合音響のケーブルの登場です。
ゴトウ総合音響は、オーディオ誌でも見かける老舗オーディオショップです。

しかし、この製品については・・・正直、半信半疑でした。
ホームページでの製品説明でなるほどと思わせる部分もあったので、とりあえず、中高域ホーン・ドライバー用に使ってみようと導入を決定しました。

配送された紙袋のあまりの軽さに驚き、封を切ってケーブルを見て・・・絶縁被覆がウレタンと表示されている・・・愈々これは駄目かなとの印象を持ちました。せめてテフロン系を使って欲しかったのよねぇ~。

とは言え、何せ聴いてみなければ・・・そしてシステムに結線。

何と、これは素晴らしい!

以前より相当良くなっています。透明感と繊細且つダイナミックなニュアンスがグッと増して、帯域バランスも抜けたところがありません。中高域だけ変えたのに、低域まで繫がり良く鳴る様に変化しました。しかし、この深い低域の鳴り様には感動です。実に自然でストレスのない音。

オーディオ・テクニカと比べても、ダイナミックレンジが拡大して聴こえます。また、硬い音、柔らかい音の描き分けが俊敏です。

オーケストラの個々の楽器の音が鮮明で、またそれらの響きの溶け合いが美しく、奏者の掛け合いや気配が見事に再現されるのです。
録音による音の差も更にはっきりと出ます。左右・上下・前後に音場が変化する様が手に取るように分かり、マイクアレンジ、ミキシングの状態も一層明らかにしてきます。

ケーブル固有の音色に塗り潰されることがなく、表現力の豊かさとニュートラルな質感が両立しています。

見た目は稍々シャビーですが、このケーブルは本当にお薦めです。
次に低域用にも導入すべく、もう1セット注文しました。

その後、知ったのですが・・・残念ながら線材メーカーがこの素線の製造を中止するとのことで、最早、在庫限りとのことです。

ゴトウ総合音響~ホームページのセンスは今イチですね(^_^;)・・・少々オカルトっぽいものもある様な気もします。
店主も言われている通り、何よりも自分の耳で聴いてみることです。
http://homepage3.nifty.com/audio-goto/index.htm

スポンサーサイト



コメント

No title

william_kapell様こんばんはー。ケーブルは際限がないので楽しい反面難しいですね!ゴトウ様のアクセサリーは高価で過大広告的が?なので自分的には手が出ませんが…自分は人気のケーブルをオークションで購入売却を繰り返しておりましたが、最後はディスク昭和でお馴染みの『スーナー』で楽しんでおりました。ガッツがあり太い音(野蛮?)音がして楽しめます。こちらも結構お勧めです。今はB&Oがメインシステムなので全然悩まなくて済むのがちょっと寂しいです(T-T)

No title

diatonemanさん、確かに少々怪しいかもです。まぁ、音が良ければよしということで考えております。B&Oのセンス溢れる世界、拙宅でもサファイア・カンチレバーのカートリッジMMC-1を時折使っております。(^^♪

No title

ゴトウさんは一時期通って、顔馴染みになったのですが、ここ何年かご無沙汰してしまっています。名古屋弁丸出しで、オーディオを語りだしたらとまらない気さくな方ですね。久しぶりにお邪魔してみようかな?

No title

dsch156さん、やはり、ご店主は熱血オーディオ談義派タイプの方でしたね。ネットでは、表現の仕方で若干損をしている感じがします~いつの日も、本物は理解され難いのでしょうね・・・(^_^;)。私は関東なので、名古屋ですと気軽には行けませんので羨ましいです。

No title

william_kapellさん今晩は。 僕は今日、ウエスタンのスピーカ・ケーブルに交換しました。 レア・コードの交換はwilliam_kapellさんとは、まったく反対の方向です。スーパーPCOCCケーブルはハイエンドシステムで発揮するようですが、きっと良い音で鳴っているのでしょうね。

No title

HS9655さん、温故知新と言うか・・・その調整法はとても興味があります。時代の淘汰に耐えたウエスタンの音楽性は、そんじょそこらのハイテク製品も真っ青ですよね。私のシステムも日々精進中ですが、方法は異なっても貴殿と同じものを求めているんだと思います(^^♪!

No title

横レス失礼、小生も、ちょうど1年ほど前にWEケーブルを初導入しました。NET通販されていたもので、WE単線使用の自作デジタルケーブル。60cmかつBNC-RCAという中途半端さゆえ、廉価で入手。あまり期待もしていなかったのですが、繋いだ瞬間に驚愕!そのとき聴いていた古澤巌がいきなりオイストラフ!変貌しました。(ダヴィドではさすがに嘘臭いので、イゴールにしときます)廊下を通りがかった妻も(普段は滅多に言及しないのに)「今日はいい音出してるねー」と言ったので錯覚では無いようです。

No title

(続き)その後、コンバータ→ハーモネーター間、ハーモネータ→SA-5.1間もWEにしています。残念ながらMCトランス-SA-5.1間は(ノンシールドゆえ)ハムが回避できずモガミ(NEGLEX)、SPケーブルはPAD(アクエアス)のままですが・・・。あの驚愕よふたたび、でSPはそのうちと考えています。

No title

damaterraさん>僕もSPケーブルをPADかWEか迷ったのですが、一度はPADで聴いてみたいと思っています。御指導宜しくお願いします。

No title

HS9655さん、小生は基本的にNEGLEX(モガミ)2803&2804があれば他のケーブルは不用というアンチハイエンド&ヴィンテージ派です。PADは、B&Wなどをハイパワーのアンプで鳴らすには良いかも。但しケーブル無間地獄に陥る可能性あり。アナログ、真空管、高能率SPなら「知足」のWEケーブルで決まりでしょう。

No title

damaterraさん、WEケーブルはそんなに良いですか!これは要チェックですね。モガミは、2497の自作ケーブルを今でも常用としております。少々、音が甘くなる感じはあるものの、ニュートラルな情報量の多さで抜きん出ていると思います。(^^♪

No title

確かにケーブルを替えると音が変りますね。ただ、良くなるか悪くなるか精神的なものが結構入りますので注意ですね。後から冷静に聴き直すと安い方がバランスよかったりします。オーディオは難しいです。

No title

valve_845さん、はじめまして。
仰る通り、思い込みの世界が結構入ってしまいます。後から冷静に聴き直すことが、何より大切ですよね!
市場では、安くて良いモノは目立たず、高くて悪いモノは目立つということではないでしょうか?
安くても高くても、良いモノは少ないというのが実態かと・・・。
生のコンサート、そして友人の意見や音が頼りです。

No title

個人宅でオーディオの商売をやっておられる方を訪問した事があります。市販の高級ラインコードから、その人のお勧めの超高額ラインコード(笑)に交換したら、確かに今まで聴こえなかった細かい音まで聴こえます。でも、だからどうなのかなあと思いました。重箱の隅を突付いていると、全体が見えなくなる。そのコードは大らかさがないんです。聴いていてしんどかったですね。レベルが同じご親友が居られるのは自由な意見交換ができていいですね。

No title

うーん、そのコメントは、かなり重いものと受け止めました。
一番大切なのは、バランスだと思います。細部だけ聴こえるのは、ある意味、異常かもしれません。
正しい音は、細部も全体も見渡せるものだと思っております。
何せ、生のコンサートが基準かと思います。
「生の音楽」に近づこうというのは無謀かもしれませんが、挑戦のし甲斐はありますよね。
良い友は、その道を教えてくれることと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ