FC2ブログ

ブルックナー・交響曲第9番


ブルックナー・交響曲第9番ニ短調

サー・レジナルド・グッドオール指揮/BBC交響楽団

BBC Music BBCL-4174-2
CD・ステレオ・録音:1974年5月4日、BBCスタジオ、ロンドン



グッドオールという指揮者をご存知の方は少ないと思います。

イギリスの指揮者レジナルド・グッドオール(1901-1990)は、本国ではなかなか評価されませんでしたが、エーリッヒ・クライバーが高く評価し、その息子カルロスもロンドン客演の際にグッドオールを表敬訪問しています。

クレンペラーには録音時の助手に起用され、その実力を認められていたのです。また、ブリテンの「ピーター・グライムズ」初演指揮者に指名され、バイロイトではクナッパーツブッシュの知己を得て10年間その許で研鑽を積みました。

グッドオールについて詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ…
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=317010

業界では冷遇されてきたグッドオール。
ショルティとは相当な確執があった様ですね。

さて、このCD、超名演です。
個人的にはシューリヒト/ウィーン、ヴァント/ミュンヘンと並んでベスト3にエントリーとなりました。

第1楽章、冒頭のトレモロからして徒事ではありません。第1主題の荘重さといったら、かくあるべしといった堂々たるものです。第2主題の想いの丈は如何ばかりでしょうか!

第2楽章、絶妙のテンポ感できりっとした仕上がり。

第3楽章、このアダージョの素晴らしさは桁外れ。片時も音楽から耳をそらすことが出来ません。グッドオールは常に冷静に音楽を構築していきます。そして、クライマックスではオケのエネルギーが全開で放心状態に・・・どうにかなってしまいそうです。

それにしてもこのテンポ感、悠揚迫らざる…巨大さがひしひしと身に迫ります。
グッドオールは、スコアの向うに音の大建築を創造して我々に見せてくれます。

峻厳さと深い祈りの世界。

心を籠め抜いていながら、決して重たくならず、厳しく律せられているのです。

和音の響かせ方も実に鋭敏~不協和音の生かし方も本当に絶品。



今回、ブル7と8も纏めて購入しましたが、どれも見事な演奏で敬服させられます。
更めてこちらの記事にしたいと思っております。
ブル8のカップリング「トリスタンとイゾルデ」第1幕への前奏曲等々も素晴らしい演奏です。

これだけの実力派が無名に近い存在とは、クラシック界の七不思議の一つでしょう。
敢えて誤解を恐れずに言えば、グッドオールの演奏はクナッパーツブッシュとクレンペラーを足して2で割ったイメージです。上記にもある様に、やはりこの2大巨匠の影響は大きいものがあります。

是非、聴いてみて下さい!

スポンサーサイト



コメント

No title

シューリヒト/ウィーンと並びますか!それは素晴らしいですね。気になっててまとめてウィっシュリストには入れておいたのですが、早めに購入しておけばよかったです。HMVの割引が再開したら即刻購入ですね、これは。

No title

うーん、グッドオール!先を越されたー(笑)気にはなっていたCDでしたが、この指揮者知らない名前でしたので・・しかし、本記事を読むと買ってしまうかも!

No title

Jinさん、私もHMVでこのグッドオールとホルショフスキを纏め買いしたのです。一気に2.5万円(^_^;)。この二人は、何が何でも聴かねばなりません。(^^♪

No title

junozaさん、そうなんです。グッドオールです!名前も「Goodall(全て良し)」ですが、演奏も「全て良し」です(オヤジギャグ(^_^;))。これは買わなければ損かと。(^^♪

No title

はじめまして☆ブル好きな者です。2楽章トリオの木管(フルートとか)大変そうですね(。≖ิ‿≖ิ)バイオリンはシャープだらけで初見だとキツいです(;☉д☉)

No title

初めまして、フランチェスカッティさん。確かにブル9は和声もそれ以前と比べて斬新になっていますね。技術的にはハルサイより簡単かもしれませんよ(^_^;)。

No title

長さがハルサイの比で無いので先日これ弾いてややグッタリしました(笑)

No title

フランチェスカッティさん、音楽もお仕事となると大変ですよね。そうした疲れも吹っ飛ぶ素晴らしい指揮者はいませんか?練習がきつくても、出てくる音楽が良ければ全て良しでしょう(^^♪!

No title

グッドオールは歌劇「トリスタンとイゾルテ」がタワーの企画CDでお買い得なので購入をいたしました。前からブルックナーはきになっています欲しい!。

No title

グッドオールにとって「トリスタンとイゾルテ」は、格別の想い入れがある曲だそうですね。タワーにまだ残っていますかね~私はそちらの方が欲しいです(^^♪。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ