FC2ブログ

ブルックナー・交響曲第8番


ブルックナー・交響曲第8番ハ短調 ハース版

サー・レジナルド・グッドオール指揮/BBC交響楽団

BBC Music BBCL 4086-2
CD・ステレオ・録音:1969年9月3日、ロイヤルアルバートホール、ロンドン



やはり、クナッパーツブッシュとクレンペラーからの影響が大きい演奏と感じました。しかし、ただの模倣に終わらないところがグッドオールの凄さです。

ゴリッとした低弦のアーティキュレーション、分厚い金管群、ここぞという時に思い切って打ち込まれるティンパニ・・・。

心を籠め抜いた弦や木管の魅惑、しかし、決して重たくはならないのです。底流には厳しく温かな精神があって、グッドオールは自らの響きに耳を澄ましつつ、深い足取りでブルックナーの芸術を再現していきます。

随処に聴かれる研ぎ澄まされた表現、ブルックナーの法悦境にワープしてしまいます。(^^♪

本当に並大抵の演奏ではありません。是非、お聴き下さい!

スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。新着で見つけちゃいました。まさかウイリアムKさんだったとは偶然!!!

No title

グッドオール・シリーズ続きますね!録音はちょっと古そうですけど、前回の第9番と比べてどちらがお薦めでしょうか?

No title

おお、む~ちゃんさん、お久しぶりです。土曜日の朝からブルックナー云々言い出したら、それは恐らく私メです(^_^;)。「旨いもの」書庫にも陶酔の世界がありますよ(^^♪。

No title

junozaさん、録音の良い順番で言うと7、8、9です。9でも鑑賞には十分なレベルです~少々、ヒスノイズが多いですが気になるほどではありません。さて、演奏ですが・・・私のお薦めは9番ですね。しかし、8番も聴かないと勿体無い演奏です(^^♪。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ