FC2ブログ

PCオーディオ(その1)


PCオーディオ(その1)

録音・編集・再生のプロセスをPCシステムで行なうこと、その全般が広義のPCオーディオと称されている様です。

iPod等もPCオーディオの一種ですが、聴き専でもっと本格的なPCオーディオも存在するのです。昔ながらのプロパー・古典オーディオに迫るどころか超えるPCオーディオです。

ondaさんから教えて頂いたのですが、何倍もの値段がする高級CDプレーヤーを凌駕する音質のシステムが工夫次第で可能になります。

http://www.eonet.ne.jp/~audio-interior/jounal.htm

一番簡便な方法として、USB接続で使えるD/Aコンバーターを用いる方法があります。その一つが、このPS AUDIO Digital LinkⅢなのです。

PCとDigital LinkⅢをUSBケーブルで繋ぎ、Digital LinkⅢとプリアンプをアンバランス乃至バランスXLR接続します。CDドライブはPC内臓のものではシャビーなので、きちんと音質対策されたプレクスターPremium2を購入、外付けケース(Oxford911チップを使ったものが良い)に収めIEEE1394ケーブルでPCに繋ぎます。USB、1394をここで使うことが音質上のポイントなのです~今回は、ondaさんのお薦めもあって共に音質に定評があるモンスターケーブルの製品を使いました。デジタルと雖もケーブルで呆れるほど音が変わりますので、ここでいろいろと試してみるのも面白いと思います。(^^♪

この際、PCもお洒落なMacBook(マッキントッシュ)を導入しました。メインシステムのパワーアンプもマッキントッシュですが・・・マッキン違いですね(^_^;)。

CDプレーヤーのデータは謂わば垂れ流し状態でして、一旦、ハードディスクにCDのデータを蓄えてからD/Aコンバーターに入れると音が非常に良くなることが知られています。ジッターの低減や方形波の鈍り・変形の抑制に効果があるのでしょう。PCでは、データ読み取りエラーが基本的に許されませんから、その音質上の効果も納得がいきます。本件はハードディスクに蓄える方式ではありませんが(メモリにバッファー)、いずれにしてもPCグレードの持つデータ処理精度が効いていることは間違いないと思われます。

裏返して言えば、市場では高級CDプレーヤーと言うだけで高価格になってしまっているのです。高価なオーディオ用パーツを多用すれば、良い音になるとは限りません。PCオーディオは基本をきっちり押えた上で、そうした実質の伴わない価格上昇があまりないのでコスト・パフォーマンスに非常に優れていると言えます。

その音は、価格からは信じられない精緻なものです。
まだ、CDドライブのケースが入手出来ていないので、Macの内蔵ドライブでの試聴ですが、それでも非常に可能性を感じるものです。

ただ、唯一最大の問題点があります~それは音飛びです。こなれてくると大丈夫になる(気もする)のですが、時折、不整脈の様に音が飛ぶのです。しかし、この音質の素晴らしさには抗し難い魅力があり…この問題点と格闘する気にさせられます。今後、格闘記をアップ致します(^_^;)。

いずれメインシステムに繋ぐ予定でおります。

MacBookはリモコン付なので、操作は楽々です。CDドライブも手許に置けますので、ラックまで行かなくてもO.K.です。

これからCDプレーヤーを買おうという方、これは一考に値するシステムですよ!


【機器構成】

PC:MacBook*MB061 J/A 2GHz Core2Duo/13.3~A2/N667-1G MacBook/Intel iMac用メモリ667×2(2Ghzへ増設)

D/Aコンバーター:PS AUDIO*Digital Link Ⅲ

CDドライブ:Plextor* Premium2

CDドライブケース:未定

USBケーブル(PC~D/A Converter):MONSTER CABLE*JP ULPC UP-7(2.1m)

IEEE1394ケーブル(CD Drive+Case~PC):MONSTER CABLE*JPFLPC6/6HP-6(1.8m)

スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは~CDをHDに落とすと音質が良くなるってのは聞いたことがありますし、理論的にも納得がいきますネ(確か以前ヤマハにそういった商品が有ったけど・・・著作権とかでボツッタとか・・・)理想的には可動部分のないメモリーが良いのでしょうかネ~(^^)

No title

Vinです、ご無沙汰してます。なぜかYahooIDで無いとログインできなかったので変な名前で失礼します。^^;拙宅にもCDのデータを一旦メモリーにためてからDA変換するDACがありますが確かに情報の緻密さはというか再現性は非常に良いと思います。どうやっているのかは良くわかりませんが. .笑
ところでPlatinum Kitの見積もりを転送しておきましたが届いてますか?

No title

kinkonさん、そうです!ヤマハにその種の商品がありました。ヤフオクとかで出ているかもしれません。高速メモリーがやはり良いでしょうね(^^♪。

No title

chronosmithさん=Vinさんということで・・・お世話になっております。Platinum KitではなくてPremium"Gold"Kitですね。頂いておりますが、個数に間違いが・・・(^_^;)。別途、メール致しております。

No title

PS AUDIO Digital LinkⅢ DACは評判が良いのですが、値段的にはそこそこの音質というイメージが否めません。音場は広いそうですが、解像度はどの程度ありますか?やはり価格相応といったところでしょうか?

No title

ah64d_apach_longbow10さん、はじめまして。
PS AUDIO Digital LinkⅢは、本当に素晴らしいDACだと思います。音場は広く、解像度も秀逸です。音質は、価格を遥かに超えるものと感じます。繋ぐ機器のグレードが高ければ高い程、その真価を発揮すると思います。但し、電源もクリーンなものにする等の配慮は当然ながら必要です。
同軸入力よりUSB入力の方が、またバランス出力よりアンバランス出力の方が音質が良いです。

No title

バランスの方が一般的には音が良いとされていますが、不思議ですね。またUSBのほうが音質は下がるとされていますが、これも逆ですね。不思議です。本当はBenchamrkDAC1の鋭い解像度にも魅力があり、音場の広さをとるか、解像度をとるかで悩んでいます。フジヤエービックではDigital LinkⅢのほうが売れているし、DAC部も優秀だということですが、INFRANOISE DAC-1を試聴したときも、ネットの評判の良さと、実際の試聴とでは違いました。ごくノーマルなDACでした。Digital LinkⅢは?となってしまいます。試聴も東京ではなく岡山在住ですのでできず、デモ機も貸してくれません。BenchmarkのDAC1は超高解像度なのですが、モニター的な音で音場はほとんど狭く、DigitalLinkⅢは音場は広くオーディオ的なのですが、解像度は疑問符がつきます。一聴してうなるほどのものであってほしいです。

No title

ah64d_apach_longbow10さん、一聴して解像度抜群でないと駄目なのですか・・・う~ん、このDigilinkⅢも解像度抜群だと思いますが、繋ぐ機器・ケーブル等との相性もあるでしょうから何とも申し上げ様がありません。使い方によっては、同軸入力でも素晴らしい結果を得られるポテンシャルを持った鋭敏なDACだと思います。
バランス接続は必ずしも良くない・・・というかかなり条件を整えないとアンバランスより悪くなる危険性を孕んでいます。ゴールドムントがアンバランス優位を提唱しています。ジェフ・ローランドのプリにジェンセンのトランスが多用されているのも、バランス接続をきちんと行うことが如何に大変なことかを示しています。
それからUSB接続も素晴らしいですよ。先入観は捨てましょう!

No title

どうもはじめまして。
私はこのDigital LinkⅢを去年の年末フジヤエービックで発売されて
音も聞かずに予約して買いました。
この価格帯でデザインが一番良かったというのが
一番の理由だったんですが。^^;

今はエソテリックのX-30をトランスポートとして
このDACに通して使っています。
X-30単体で聞くのと比べて、このDACを通すようになって、
自分が一番感じたのは低音域の締りが出て気持ち良い音楽が
聴けるようになったことでした。

当たり前ですが、デジタルケーブルや電源ケーブルによってや、
インシュレーターの有無でも音はコロコロ変わります。

一時期はナップスターに加入してPCから音を出して
遊んだりもしていました。
なかなか懐が深いです。(笑)
私としてはかなり満足いく買い物でした。

No title

pon3ganchanさん、はじめまして。
実は私も信頼の置ける方から薦められて、音は聴かずに買ってしまったのです。
確かにこのデザインはとても良いですね。デザインが音を表していると思います。
兎に角、精緻・俊敏で整った帯域バランスを持ったDACで、私も満足度は非常に高いです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ