FC2ブログ

PCオーディオ(その9)




遂にプライトロンのトロイダル・トランスが到着しました。

ondaさんの仰る通り、プライトロンは小さくて軽いです。

Nouvotemは早くも引退に・・・いずれ何かに使ってあげようと思います。円形の上部固定金具が鉄製というのが気に入らない(鉄が入ると音の切れは良いように聴こえますが、音色が暗くなってダイナミックレンジも狭まる傾向あり)ので、次に使う時は銅板を丸く切って入れ替えとしましょう。


早速、Premium2(ケース:Coolmax)強化電源のトランスを取替えました。


さてさて、期待の音質は・・・

一聴して雰囲気豊かでクリアな再現性に驚きます。情報量が非常に多く自然なプレゼンスを持っているのです。流石はプライトロン!しかし、生々しくも美しい音です!

プライトロン・・・絞り込まれた贅肉のない俊敏な表現力、鋭敏にしてエネルギッシュ。

金田式御用達パーツの投入も効いています。

金田式DCアンプの金田氏は「時空を超えた音楽再現」と言われましたが、確かにこの音は金田式のプリアンプ(電池使用SWレギュレーター)に通じるものがあります。金田式DCアンプは、DCから100KHz超までレスポンスを持っている超広帯域アンプです。その為の電源は、吟味されたディバイスと回路構成を持っていました。極めてハイスピードな動作を支える優秀で高音質なディバイス・・・それらがこのデジタルの世界(電源)でも、生き生きとした再現性に役立つ・・・これは不思議なことではないですね。

プライトロンのお陰でヴェールが1枚剥ぎ取れ、更に音楽がクリアで豊かに鳴り響く様になりました。
この恐るべきハイスピード・サウンド!変幻自在の表現力!畏れ入りましたm(__)m。


じっくりと音楽を聴きたくなってきました。
そういう気にさせる音です・・・(^^♪。

スポンサーサイト



コメント

No title

DCアウトの線を軽く捩り、更にひと手間ですが、電波吸収テープ + テフロンテープ等を巻き付けてみては!?
ノイズレベルが下がる様な気がすると思います(笑)。

No title

shin_pa_paさん、アドバイス有難うございます。確かにDCアウトが「そのまんま」状態で、気になってはいたのです。炭化珪素やテフロンは、音に非常に良いですね。トライしてみたいと思います(^^♪!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ