FC2ブログ

フォノ・イコライザー強化電源(その3)


一つ気になっていた高域のレスポンスが僅かに甘くなる点・・・これは残念ながら整流ブリッジと平滑コンデンサー間に使っている(Parts Connexionで買った)Auric wire 21 awgが怪しいと踏んで、ダイエイ電線20芯に交換してみました。

音は、一層ダイレクトでフレッシュなものとなりました。たった配線ケーブル15cm足らずのものですが、この変化は実に大きいです。高域のレスポンスの甘さが消え、恐ろしい程の明確さがスピーカーを制動し、更にエージングを深めていくのです。

結果として、Auric wire 21 awgという余計なワイヤーを買ってしまいましたが・・・これから先、どこかで役に立つこともあるでしょう。自作はそのくらいの感覚でないと、うまくいかないですよね。

しかし、この音・・・笑っちゃうほど生き生きしています。(^^♪

DCアンプの金田氏が言われた~「よくもスピーカーから、こんな音が出るものだ」というフレーズが思わず浮かびました。m(__)m

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ