FC2ブログ

レーザー・ターンテーブルシステム ELP LT-1LRC (その3)


レーザー・ターンテーブルシステム ELP LT-1LRCが修理から戻って参りました。

・・・と申しますか、全くの新品に交換と相成りました。

前の機械はデモ品でリアパネルに傷ありでしたから、これは結果として非常にラッキーでした。(^^♪


ELP社に拠れば、不具合の原因は・・・

1・ピックアップを動かすモーターの先端部に付いているギヤが曲がっていて、白いレールの上部のギヤと上手く噛み合わず、結果、ギヤが白いレールに若干斜めにあたり、動く度にレールを削ってしまったこと。

2.モーター軸のギヤと白いレールのギヤの山が噛み合う押し付け(トルク)が、調整ミスで通常の2倍掛かっていたこと。

とのことでした。まぁ、滅多にないことが偶々起きてしまったという不運だったのです。


これでじっくりとLPが聴けます。当面はエージングです。

スポンサーサイト



コメント

No title

無事に帰ってきて(?)良かったですね。さて、レコードの音はどんな具合に鳴るんでしょう!とても興味がありますね。CDとは当然ちがうのでしょうが、アナログでもないし~?ふぅ~ん?

No title

Junozaさん、このレーザー・ターンテーブルシステムは内部でデジタル変換しておらず、アナログそのものです。音は、針でトレースする場合に比べてストレスが減る感じがします。
まだエージング半ばですが、なかなか多彩な表現力があります。何せレコードが幾ら聴いても傷まないのが、とても精神的に良いことですね(^^♪。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ