FC2ブログ

PCオーディオ(その15)


D-Clockへのクロック換装

CDドライブ Premium2基板上とドライブケースのATA→1394変換基板上のクロック換装について、その14で触れましたが、その後の音の変化をお伝えしたいと思います。

デジタル音響機器に於けるクロックの重要性を思い知らされることになりました。m(__)m
譬えれば・・・ジグソーパズルの全てのチップが寸分の隙なく嵌っている状態に近づくとでも言いましょうか、録音ソースの正しい再生とはこうなんだという方向性を見せてくれる半端じゃない優れモノだと思います。

音場が前後・左右・上下に拡大し、帯域も上下に更に1オクターブ拡大するイメージ。量感も強かにアップし、何気に部屋に入ってきた家族が思わず「小音量でもド迫力を感じる」と漏らしていました。

余韻は一層克明に響き、録音現場の空気を感じる程の透徹した音質にはハッとさせられます。聞こえるというより見えるという感覚。CDを替える毎に、新たなエージングが始まったのです。

「また、オーバーなことを言う!」と怒られそうですが、本当なんですよね~。信ずる者は救われる・・・なんちゃって。(^_^;)

もし、D-Clockを導入してあまり良くならないシステムがあったとしたら、それは繋がれている他の機器を疑うべきでしょう。


今般、このD-Clockを電池でドライブしたらどうなるか実験してみました。嘗て金田式のスイッチングレギュレーターで、電池の種類によって相当に音が変わることを経験しています。どの銘柄が良いか探し出すのも楽しみですね。とりあえず、2種類の電池について感想をアップします。

単三形を10本シリーズに繋ぎ、15VとしてD-Clock(CDドライブ Premium2基板上とドライブケースのATA→1394変換基板上の双方共)に接続しています。ケーブルは、いつものダイエイ電線(方向性は揃えてあります)です。本当は、金田式みたいに電池全部をハンダ付けすると良いでしょうけど・・・今回はやっておりません。

《松下電池 オキシライド単三形》
絞り込まれたクリアサウンドという面持ち。やや高域方向にレスポンスが偏る気もします。しかし、この静謐さは一聴して明らかな特質。バックグラウンドが吸い込まれる様に静かです。特にDENONのバロック音楽CD等で印象的な響きが得られます。低域は量感こそ今一つですが、タイトで俊敏、レンジ的には十分伸びています。

《GP ニッケル水素電池2500mAh単三形》
オキシライドが静謐さならば、こちらは元気一杯サウンド。切れは良いですが、少々、賑やか過ぎるかもしれません。高域の伸びは若干不足して聴こえますが、旧めのジャズ系を掛けるには良い音質傾向でしょう。これにオキシライドの高音の伸びと静謐さが加われば、相当な水準の音になると思います。

《オリジナル 三端子レギュレーター電源》
スケール感が大きく、フルオケにはやはりこれです。オキシライドには及びませんが、クリアさも十分にあり、全体にバランスが良い音です。単相200V→Plitronアイソレート・トランス→AC100V→三端子レギュレーター(Plitronトランス)という構成がノイズ低減に効いているのだと思います。パワー感に余裕が感じられ、安心して聴ける良さもあります。

バロックやヴォーカルものを聴くならオキシライド、オケは三端子レギュレーター電源ということになりそうです。NEO Hi-TOPがあったら、是非、試したいですね。

このシリコン・バッテリーはどうなんでしょうね?内部抵抗は低いとか・・・
http://www.sengoku.co.jp/modules/sgk_cart/search.php?toku=%C5%C5%C3%D3%C6%F3%BC%A1&cond8=or&dai=&chu=120&syo=&k3=0&pflg=n&list=2

スポンサーサイト



コメント

No title

訪問 & 良い週末をお過ごしください。

No title

クロックの電源によって、音質が異なることが確認できました。 有り難うございます。
シリコン・バッテリーは、私もチックしていました。
内部抵抗が半分という文言に惹かれています。
私は、プラクトの岡本さんと相談しながら、出川式電源で、例のコンデンサーを使ったモノを考えています。
OCXO は 電源にシビアで熟慮中です。

No title

saigaibaさん、はじめまして。
Darkoogle、地球環境への配慮ですね。
こちらは・・・オーディオで電気を喰っておりまして、罪悪感を感じております。m(__)m

No title

shin_pa_paさん、流石に進んでらっしゃいますね。
フィルムコンではDynamicapも素晴らしいですが、マイカコンで双信のものを使ってみたいと思っています。しっかし、ウルトラ高価です。(^_^;)金田式で使用して以来、その音質に嵌っております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ