FC2ブログ

PCオーディオ(その16)


その15のD-Clock電源電池化の続編です。

《松下電池 オキシライド単三形》
shin_pa_paさんのHPに書かれていたポイント「オキシライドは両極をポリマールで良く磨き、鉛筆で炭素コートした後、ティッシュで綺麗に拭う」・・・そのポリマールが昨日やっと手に入ったので、早速、実行してみました。

結果は低域方向の量感がグンと増し、非常に充実したエナジーバランスになりました。その前にも、オキシライドの電極はそれなりにきちんと磨いて使用したのですが、これだけ違うとなると本当に唸ってしまいます。1日経って電池が活性化したのか・・・初日は殆ど音質に変化がなかったので、やはり「磨き効果」が大きいのではないかと思っております。

強音でも艶やかさが些かも失われず、音の伸びが尋常ではありません。変な言い方ですが、意外な程フレッシュな音が連続して出てくるのです。まだ、少々スケール感が小ぶりな表現が時折見られたり、エージング不足なところがありますが、仕上がりはトンでもないことになりそうです。shin_pa_paさんに拠れば、3パラにしたら更に凄いことになるとか・・・恐らくスケールもアップするはずですので、三端子レギュレーター電源をも凌駕しそうです。

この音を聴いて思い出すのは、金田式のスイッチングレギュレーター電池プリの音です。恐ろしく透明で俊敏、パワーアンプからスピーカーまでを強力にコントロールし、驚くべきエージング力を持っていたのです。

shin_pa_paさん、有難うございます!m(__)m



途轍もない音楽が鳴ろうとしている予感。

スポンサーサイト



コメント

No title

ポリマールは、コンセントプラグを磨くのにも重宝します。
鮮度感に違いが出てきます。
D-Clock は 6~18Vに対応しているので、出来る限り低めの電圧の方が無駄がないと思います。

No title

shin_pa_paさん、お世話になっております。
ポリマール、コンセントプラグにも良いのですね。
D-Clockですが、NewClassD Audio ClocksのサイトでPower Supply Requirements: 9.00 - 24.00 Volts DC 20 mAとの記載があります。
これは間違っていますか?
15Vが9Vに下がるまで使えると思っていたのですが・・・。

No title

プラクトの資料をそのまま書いてしまいました。
どちらが本当なんでしょう??

ポリマールですが、壁コンセントも木へらに巻いてみがいてみてください。 電源ケーブルに凝るのも良いですが、とにかくお安く改善が得られると思います。

No title

shin_pa_paさん、私はとりあえず15Vにしておいて良かったです。過電圧でD-Clockを壊す危険もありました(^_^;)。プラクトのものと仕様が異なるのかもしれません。
ポリマール、いろいろと磨けそうですね。お安く改善が一番ですよ。高価な電源ケーブルは案外キャラクターが強いものが多く、良いものは少数だと思います。

No title

拙宅では10年以上前に買った、LINNのブルーケーブルが電源ケーブルのデフォルトです。
良い悪いは別として、まだ余っているので・・・

ポリマールですが、整流管の端子を磨くのも効果大です!

No title

shin_pa_paさん、LINNのケーブルは聴いたことがないのですが、CDプレーヤーの並外れた音楽性から察するに、きっと素晴らしいのでしょうね。
ポリマール、真空管の足磨きにも使わせて頂きます!

No title

こんばんは、初めまして(^^)。最近Yahoo!ブログで投稿したら、同ジャンルの記事を見せてくれるので飛んできました。お気に入り登録させていただきます。

No title

kazukitaoさん、はじめまして。
今後、宜しくお願い致します。貴ブログ、興味深い話題が沢山ありますね。私もお気に入り登録させて頂きます。

No title

カーだろうがホームだろうが、楽しめない物はヤダ!と言うスタンスでやってます。クルマにはD-clock搭載しまくり(5基)ですが、おうちの方はLclockXOとかXO3止まりです(^^;。それでもなかなか甘美な世界を楽しませてくれています。また来てくださいね(^^)

No title

Kazukitaoさん、凄いですね!クルマにD-Clock、しかも5基とは半端な拘りじゃないです。
貴ブログ、楽しく拝見させて頂いております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ