FC2ブログ

井上道義のショスタコーヴィッチ@日比谷公会堂(その1)


社団法人企業メセナ協議会認定/日比谷公会堂の再生を願う
日露友好ショスタコーヴィッチ交響曲全曲演奏プロジェクト2007

11月4日(日)
コンサート 2
交響曲第5番・第6番
井上 道義 指揮/サンクトペテルブルグ交響楽団


歴史ある、しかし、音響は良くない日比谷公会堂。嘗てクーベリックもマーラー9番をここで振るのを拒否して、東京文化会館に変更したという話。シートのスプリングも、かなりキテいる感じですね。

日比谷公会堂の再生・・・本当に再生して欲しいと思います。日比谷公園というロケーションがとても良いです。ただ、多目的ホールで建て替えとなると、音響は期待出来ないかも。最近のハイテク音響技術で、何とか両立出来ないものですかねー。

日比谷公会堂で聴くということ・・・昔日にワープした感覚に包まれます~曲もショスタコです。

コンサート後に、感想をアップ致します。

スポンサーサイト



コメント

No title

日比谷公会堂でショスタコーヴィッチ!
会場と音楽(ショスタコーヴィッチ)もいいロケーションですね。
懐かしいです、日比谷公会堂は。
相当昔に、ここでブルックナーを聴きました。
確かに、体育館で聴いているような印象でしたが、今はどうなんでしょうね?
コンサート評、お待ちしています。

No title

Junozaさん、仰る通り、会場と音楽も良いロケーションですね。
きっと、かなり熱の籠もった演奏が聴かれると思います(^^♪。音響的には、今もその昔と変わらないですが、そこがまたノスタルジーを感じさせます。

No title

先日の初台での演奏会でも井上さんはこのコンサートに触れていましたね(OEKの演奏会だったのですが..^^)。『あの』日比谷公会堂で..と意味ありげに仰ってました♪
若い頃、メロスSQの演奏会を日比谷の最後部で聴いたボワーンとした響きが懐かしいです^^;

No title

あまでおさん、日比谷公会堂の響き、長い歴史それ故の得難い魅力があるんですね!(^^♪
偶々ですが、このコンサートを選んで良かったと思います。m(__)m

No title

そうですよね。とても音響的に『良い』とは言えないでしょうが、これも一つの歴史なのでしょうか♪

No title

あまでおさん、仰る通りですね。
ホールの音響は良いに越したことはないですが、歴史の物語るものは、もっと強かに訴え掛けてくる気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ