FC2ブログ

井上道義のショスタコーヴィッチ@日比谷公会堂 (その2)





社団法人企業メセナ協議会認定/日比谷公会堂の再生を願う
日露友好ショスタコーヴィッチ交響曲全曲演奏プロジェクト2007

11月4日(日)
コンサート 2
交響曲第5番・第6番
井上 道義 指揮/サンクトペテルブルグ交響楽団



記念になる演奏会でしたが・・・

5番は「日比谷公会堂&ショスタコ」のお題目から、もっと鬼気迫る演奏を期待しておりました・・・。分断・分裂された曲想の描き分けが、もっとギンギンにきて欲しかった。全体に大味な気もします。聴いたことのないオケですが、調子も悪い様な・・・アインザッツも不揃いなところがあったり・・・。パートで言えば、特に金管が弱いと感じましたが、ホールのデッドさや席の位置といった問題もあるかも。しかし、ティンパニーは良かったですね~。

6番・・・この曲は聴いたことがないのです。m(__)m 第1楽章は、一緒に居た友人に拠れば、今日の演奏の中では比較的まともに聴けたそうです~確かにオケの鳴りも良かったかと。全体としては・・・本来、もっと盛大(ドンチャン騒ぎ)に鳴らすべきところがあったのに~と、友人は不完全燃焼を残念がっていました。

う~ん、残念ですが、これは?かも・・・と個人的には思います。

井上氏は、次にこのシリーズを聴くなら10日の7番だと仰っていました。1番も同日のプログラムで再び演奏されるのですが、これは9~20歳の子供(青少年)オケだそうです。これがウンマイ(巧い)から騙されたと思って、是非、聴きに来て下さいとのこと!再来年、ヨーロッパ演奏旅行の前座で「春の祭典」をやって、プロ・オケを驚かせてやろうというご発言があった辺り・・・井上氏も、ひょっとして思うところがあったのかもしれません。

反対のご意見がありましたら、どうか忌憚なくコメント頂けましたら幸いです。m(__)m

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ