FC2ブログ

ハイドンを心から愛する方へ~ザンデルリンクのパリセット・・・そして


ハイドン・パリ交響曲(全6曲)

交響曲第82番ハ長調《熊》Hob.Ⅰ-82
交響曲第83番ト短調《めんどり》Hob.Ⅰ-83
交響曲第84番変ホ長調Hob.Ⅰ-84
交響曲第85番変ロ長調《王妃》Hob.Ⅰ-85
交響曲第86番ニ長調Hob.Ⅰ-86
交響曲第87番イ長調Hob.Ⅰ-87

クルト・ザンデルリンク指揮/ベルリン交響楽団

DENON COCQ-84328→30
CD・ステレオ・録音:1971年、イエス・キリスト教会、ベルリン(旧東独)


カワサキヤさんのイチオシ、遂に買うことが出来ました!以前からのお薦めでしたので、ずっと探していたのですが手に入らなかったのです。今回、買い逃すと10年は手に入らないというお言葉に、流石に危機感を覚えました。(^_^;)

引き締まって品格を湛えた、本当に素晴らしい演奏ですね!ザンデルリンクの読みの深さ・趣味の良さがひしひしと伝わる超名演だと思います。漫然と綺麗に流れているだけではなく、旋律が立体的に展開してハッとさせられるところが随所に聴かれます。

86番は、85年にバイエルン放送響を振った録音(En Larmes ELS04-533/4 下記URLに記事あり)も素晴らしい演奏ですが、この旧盤も瑞々しくて非常に魅力的です。オケのアンサンブルも見事に揃っていて、極めて高度なレベルの音楽が滾々と湧き出てきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/william_kapell/9199740.html

一方、同86番にはシューリヒト/北ドイツ放送響の瀟洒な名演もありますが、このザンデルリンク盤も持っていなくてはならないものだと思います。とても幸せな気分に浸れるハイドンです。(^^♪

これもお薦め◎です。

スポンサーサイト



コメント

No title

jbls9500さん、コメント有難うございます。
本当に品格、格調、風格という言葉が似つかわしい演奏です。録音も、曲調に合ってすっきりした良い音ですね。

No title

はい、素晴らしいです。友人にも紹介します。次はシューリヒトですね。この間広島のタワーに問い合わせましたら、在庫はありましたが4200円だそうです(泣) ネット購入と1000円も違いますね。

No title

jbls9500さん、シューリヒト/フランス国立管の第104番「ロンドン」、タワーの店舗は、そんなにお高いですか・・・。下記のHMVで3点纏め買いすると、25%オフです。その場合、この盤の価格は\2,907-です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2602723

No title

皆さん、ザンデルリンクのパリセットに相当な関心をお示しいただき、有難うございます。このレコードばかりは、いつまでもカタログに残しておきたい、傑作と信じます。「めんどり」の一楽章のあのえもいわれぬ心地よいテンポと東独の音色・・・ひとつの時代を象徴する名盤と思います。デンオンの録音ではありません。旧東独の国営企業オイロディスクの原盤です。オイロディスク かつて日本コロムビア時代のLP番号、末尾が「K」がオイロディスクです。日本盤LPのザンデルリンクの指揮ぶりを描いた共通ジャケット(3枚ばら売りで、縁取りのカラーのみ色が違う)も良いものですが、今度の箱も洒落てます。

No title

カワサキヤさん、久々の登場ですね(^^♪。
この素晴らしい演奏をお教え頂いて、本当に有難うございます。m(__)m
正確に言うと、レコーディング原盤はオイロディスク(アナログ)で、ミキシングとマスタリングがデンオンですね。

No title

東京の友人にも聞いてもらいました。録音・演奏とも素晴らしいという評価をいただきました。いい盤を紹介するのはいいことですね。この盤に関してはもっと評価されるべきではないかと思います。その型から最近の絶賛の盤を紹介いただき、ゲットしました。準メルクルという指揮者です。手兵を指揮したマーラー交響曲第3番 ベートーヴェン交響曲第九番 素晴らしい演奏です。良かったら是非聴いてみてください。こんな輪が広がるといいですね。

No title

jbls9500さん、有難うございます。m(__)m
カワサキヤさんのお陰です。
準メルクル、N響アワーで聴いた時から注目しておりました。マラ3とベト9ですね。特に後者は多士済々ですので、準メルクルがどんな演奏を聴かせてくれるか、とても楽しみです。(^^♪

No title

すみません補足を少々。オイロディスクは東独のエテルナ社等の録音を西側に紹介した西側の会社です。東独国営企業はエテルナです。
それと今回発見したのですが、筆者所蔵のこの演奏の輸入盤CDは2枚組みでしたが、今回は3枚組みです。音質も輸入盤をはるかに凌ぐ
好復刻です。LPも素晴しい音でしたが、今度のCD化は負けていません。本当に復活して良かったです。銀座の山野楽器で初回分が入るとすぐ売り切れたのには驚きました。ザンデルリンク万歳!

No title

カワサキヤさん、補足頂いて有難うございます。
偶々ですが、音的にも良い買い物をしたのですね。(^^♪
しかし、こうしたCDは素早く買わないと後悔する羽目になります。(^_^;)

No title

ここ数年ハイドンにはまっています。交響曲、弦楽四重奏、ピアノソナタ、すばらしいです。日本でのハイドンの不人気ぶりは憂慮すべきです。ハイドンを振れる指揮者、まともに演奏できる団体がいないのも原因でしょう。その中でピリオド楽器で一連の演奏を続ける鈴木秀美は特筆ものです。さて、ザンデルリンクのパリセット今日会社の帰りに買って帰ります。他にアダム・フィッシャーとアウストロ・ハンガリアン・ハイドン管弦楽団の演奏も堂々とした名演です。

No title

ノバユートピアさん、はじめまして。
鈴木秀美、アダム・フィッシャーとアウストロ・ハンガリアン・ハイドン管弦楽団、いずれも未聴ですが、是非、聴いてみたいです。♪

No title

アダム・フィッシャーとアウストロ・ハンガリアン・ハイドン管の交響曲全集は、ザンデルリンク党のわたくしも買いました。このオケはウィーン・フィルほか旧オーストリア・ハンガリー帝国エリアの腕達者が集い、このプロジェクトのために結成したもの。英ニンバスの原盤ですが、ニンバスがおかしなことになって一度カタログから消えたと思ったら、驚くべき廉価な価格で別会社から再発されたものです。33枚組9900円くらいが相場です。
原盤は一部しか持っておりませんが、たしかハイドンゆかりのエステルハーザでの録音と思います。いかにも綺麗な音です。いわゆる中庸の美と言えば、だいたい当たっていると思いますが。昔、ドラティの全集が出たときのことを思うと、隔世の感がありますね。わたくしのハイドン愛聴盤は、ベーム&VPOのDG盤、ワルター&コロンビア響の軍隊とV字(CBS)そして、ザンデルリンクのパリ・セット。
あと、演奏録音共に素晴しいのがコリン・デイヴィス&コンセルトヘボウのロンドン・セット。初発売のジャケットでLPで揃えるという悦楽もありますが、いまではフィリップスの廉価盤CD2枚組X2で入手出来ます。

No title

カワサキヤさんも、アダム・フィッシャーとアウストロ・ハンガリアン・ハイドン管の演奏を持っていらっしゃるのですね。
コリン・デイヴィス&コンセルトヘボウのロンドン・セット、これも是非聴いてみたいです!♪

No title

カペルさん、カワサキヤさん、早速コメントを頂きありがとうございます。ザンデルリンク/ベルリンSOのパリセットを購入して早速82番から84番までの3曲を聴きました。本当にすばらしい演奏でした。ヨーロッパのゆったりとした時間の流れを感じさせる、いつまでも音楽に浸っていたいと思わせる演奏でした。ハイドンの新たな魅力を発見させていただきました。ありがとうございます。今晩残りの3曲を聴く予定ですが今から帰るのが待ち遠しいです。またカワサキヤさんが紹介されていたデイヴィス/コンセルトヘボウのロンドンセットは私も以前から愛聴しております。CD2枚組×2も持っておりますが、昨年暮れにはLP6枚組のボックス(オランダプレスの中古輸入盤)も入手してしまいました。LPの方が圧倒的に良い音で再生してくれます。他にはプレヴィン/ヴィーンPOの演奏やテイト/イギリス室内Oの演奏も気に入っています。

No title

このハイドンのトピがかくも長く続いているのは、ハイドン再評価の機運の高まりと、カペルさん、カワサキヤさんの見識が支持されての事だと拝察します。
フィリップスは、デイヴィスに少し先行してマリナー/アカデミーCOで「ネームシンフォニーズ」プロジェクトを進めていて、単売ではユーモラスな(漫画的な)イラストで統一されたジャケットに惹かれたものです。小生は日和って最後10枚組の箱物で入手しましたが、今になって一枚ずつ欲しくなってます。
小生にとってのハイドンは、ヤナーチェクSQの「冗談」に始まり、東京SQの「プロシャ王」(作品50)に終わるといった感じでしょうか。特に後者はXRCD、もとへ系列からするとSHM-CD化される事を待望しております。

No title

ノバユートピアさん、気に入って頂けて何よりです。
私の愛聴盤は、シューリヒト&フランス国立管の「ロンドン」、このザンデルリンクのパリ・セット、ヴェーグ&カメラータ・アカデミカの「奇蹟」等々です。
プレヴィン&ウィーンPOも、優美なバランス感覚が聴ける演奏なのでしょうね。プレヴィンは、N響とのモーツァルト弾き振り(別途記事にしております)が本当に素晴らしい演奏でした。

No title

damaterraさん、恐縮です。
ハイドン再評価の機運が高まっているのですね。
東京SQの「プロシア」があるのですか!これは是非聴いてみたいです。♪

No title

ハイドンを心から愛する皆様・・ここは交響曲のコーナーではありますが、ついにSQ(弦楽四重奏曲)の話題が出たので、一曲ご紹介させてください。それは、弦楽四重奏曲作品64-2です。30年前に弦楽四重奏の神様である幸松肇さんの文章でその存在を知ったコレギウム・アウレウム弦楽四重奏団の演奏(ハルモニア・ムンディ)が断然素晴しいのですが、CD化されていません。昨年、輸入盤LP(むろん中古盤)を神保町のエテルナ・トレ-ディングで見ました。時折、中古店に並ぶことがあるようです。ほかには作品64の全曲の代表的な名演としてウィーン・コンツェルトハウスSQ(ウエストミンスター)、アマデウスSQ(グラモフォン)あたりで充分に楽しめます。64全曲をお持ちでも、64-2はあまりお聴きでない方が多いのではないかと思いますが、第1楽章がじつにハイドンらしい滋味掬すべき名曲です。いちど、お試しください。

No title

カワサキヤさん、いつも有難うございます。
交響曲でなくても、ジャンルに関係なくコメント頂ければということで・・・表題も少々変えてみました。
コレギウム・アウレウム弦楽四重奏団の弦楽四重奏曲作品64-2ですか!愈々、興味津々です。♪

No title

一転誤りがございました。旧東独の国営企業エテルナ、ドイツ・シャルプラッテンの原盤で、その西側の窓口がオイロディスクです。訂正致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ