FC2ブログ

ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団 シベリウス チクルス








ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団 シベリウス チクルス

渡邉 暁雄 指揮
オッコ・カム 指揮
ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団

TDK Original Concert Selection TDK-OC012~016
CD・ステレオ・録音:1982年 1月28日 福岡サンパレス(1番、4番、7番、悲しきワルツ)
             1982年 2月 4日 大阪フェスティバルホール(2番、5番、悲しきワルツ)
             1982年 1月22日 東京厚生年金会館(3番、6番、フィンランディア)


jbls9500さんのお薦めで、FM東京ライブシリーズ、シベリウス チクルスをゲットしました。どれもなかなかの快演で、シベリウス・ファンなら堪えられないアルバムだと思います。

シベリウスの音楽は、大自然の開放感を味わわせてくれますよね。メロディラインも豊富で美しく、北欧のチャイコフスキーといったイメージですが、シベリウスはチャイコフスキーほど根暗ではない気がします。^_^;

全体的な印象を下記に纏めておきます。

交響曲第1番、第4番、第7番、悲しきワルツ
渡邉 暁雄 指揮


巨匠の風格。年季の入ったスケールの大きい演奏で、シベリウスに対する渡邉の想い入れが伝わってきます。彫りの深い表現、自在なテンポ設定・・・曲の素晴らしさを再認識させられます。オケの技術は、凄く上手いとまでは言えないかも・・・しかし、本場オケの素朴さが曲を生かしていますね。
悲しきワルツは、カムもチクルスの中で演奏しています。同じオケで、解釈の違いを聴くのも興味深いですね。

交響曲第2番、第3番、第5番、第6番、フィンランディア、悲しきワルツ
オッコ・カム 指揮


渡邉に比べると若々しい印象があって荒削りな部分もある気がしますが、情熱の籠もった表現は感動的です。雄大に響く旋律、大自然~荒涼とした大地のパノラマ・息吹を感じさせます。
ベルリン・フィルとのシベリウス・交響曲第2番やナイジェル・ケネディとのチャイコフスキー・ヴァイオリン協奏曲のバックで、堂々たる演奏を聴かせてくれたカムですが、その期待に違わぬ演奏です。

今年はシベリウス没後50年、これは良い体験をさせて頂きました(^^♪。

スポンサーサイト



コメント

No title

ご紹介頂きありがとうございます。
私のシベリウスはこのコンサートが基準となっています。
カムの東京公演は私が聴いた演奏です。

素晴らしい感動は今でも忘れられません。

No title

jbls9500さん、こちらこそ有難うございます。m(__)m
生(公演)は、また格別だったでしょうね!’69年、カムは、弱冠二十三歳で第1回カラヤン指揮者コンクールに優勝し、その特典でベルリン・フィルを指揮したのがシベ2ですが、その後は割りと地味な街道を歩いていますよね。もっと評価されて然るべき指揮者だと思うのですが・・・。一方、音楽マフィアに関わって、腐った出世をする指揮者もいるみたいですけど。

No title

>一方、音楽マフィアに関わって、腐った出世をする指揮者もいるみたいですけど。

そんな存在があるなんて知りませんでした。
オッコカムですが、そのうちメジャーになることを
祈っています。

No title

確か今日はシベリウスの誕生日でしたよね!?
やはり12月8日生まれでシベリウス狂の友人が、毎年この時期になると騒いでいたのを思い出します♪

No title

あまでおさん、調べましたら、今日12月8日(1865年)はシベリウスの誕生日ですね。♪
12月8日生まれのシベリウス・フリークのご友人、バイオリズムもシベリウスと同じなのでしょうか?騒がれていたのは、真に生の歓びでは!(^_^;)
広大な自然の深みに心安らぐシベリウス。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ