FC2ブログ

ブルックナー:交響曲第5番


1.ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調

  オットー・クレンペラー指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

  CD・モノ・録音年月日:1968年6月、ウィーン、ライブ

2.ブルックナー:交響曲第6番イ長調

  オットー・クレンペラー指揮/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

  CD・モノ・録音年月日:1961年6月、アムステルダム、ライブ

  IMD MUSIC DISTRIBUTING S.A. LS 1041



マスクさんにお教え頂いてゲット致しました。

この5番、期待に違わぬ途轍もない名演ですね!

クレンペラーの鋼鉄のような意志の力が縦横無尽に張り巡らされていて、この曲の持つ峻厳さを堂々たる安定感で聴かせてくれます。♪

圧倒的ボリューム、何という壮大さ!隙のない構築感、譜面からこれ程の音楽世界を現出させる手腕には舌を巻きます・・・やはり、クレンペラーは凄すぎる!

シューリヒト/ウィーン・フィル、ヨッフム/コンセルトヘボウ、ヴァント/ベルリン・フィル、チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルに加えて、個人的には同曲ベスト5にさせて頂きました。m(__)m(2008/2/4マスクさんのご指摘により修正)

音質が少々歪っぽいですが、鑑賞には問題ないレベルです。

スポンサーサイト



コメント

No title

ブルックナーの第5番は「ロヴロ・フォン・マタチッチ、ハンス・クナッパーツブッシュ、フランツ・コンヴィッチュニー、ギュンター・ヴァント、ハンス・ロスバルト、朝比奈 隆、ウィルヘルム・フルトヴェングラー、ヘルベルト・フォン・カラヤン、クリストフ・フォン・ドホナニー、リッカルド・シャーイ、クラウディオ・アバード、ゲオルク・ティントナー、ヘルベルト・ケーゲル、オイゲン・ヨッフム、Ivor Bolton 、カール・ベーム、ヤッシャ・ホーレンシュタイン、クルト・アイヒホルン、セルジュ・チェリビダッケ」盤は所有してますが、何とクレンペラー盤は未聴でした!!
ブルックナー・ファンとしては恥ずかしい(笑)!

No title

JUNOZAさん、ブル5異演盤を随分と沢山お持ちなのですね!
クレンペラーが初めてウィーン・フィルを振ったのが、ブル5だそうです。それだけ想い入れがあるのでしょう。確信に満ちた超が付く名演です。(^^♪

No title

クレンペラー&ウィーン・フィルの5番お気に召したようですね!
見事な名演だったと思います。
ところでベスト4に入ったのは良いのですが、ヨッヘム&アムステルダム・コンセルトヘボウとの86年の演奏は??

No title

マスクさん、流石にチェックが厳しいですね。(^^♪
ヨッフム&コンセルトヘボウ、これは絶対に外せません。個人的ベスト5が正しいです!!

No title

クランペラーのNo5をタワーレコードで探したのですが、置いてありませんでした。このCD、どこでお求めされたのですか?

No title

JUNOZAさん、私は1月にネットのHMVで購入しました。3週間くらい掛かりましたので、結構、品薄みたいです。

No title

これってTESTAMENTのクレンペラーのウィーンフィルのBOXに入ってるのと同じなんですかね。
果てしない広がりを感じるようないい演奏だと思います。

No title

Jinさん、TESTAMENTのクレンペラー/ウィーンフィルのBOXは持って居ないので、同じかどうか分かりませんが、果てしない広がりという貴コメントからして、同じ可能性高しですね。♪

No title

私が調べた範囲では同じ録音の演奏ではないかと思います。
TESTAMENTのウィーン・フィルのボックスはステレオ録音のはずです。確かこのCDの録音も5番の方はステレオだったと思うのですが、こちらのCDは所有をしていないのではっきりとしたことはいえませんが。どちらも【1968年6月2日】のウイーン芸術週間でのライヴ録音を収録したもののようです。

No title

マスクさん、有難うございます。
もし、2種類あったら、もう一方も買わなくてはいけなくなりますね。(^^♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ