FC2ブログ

東京クヮルテットのモーツァルト《不協和音》


モーツァルト・弦楽四重奏曲第19番KV465《不協和音》

シューマン・弦楽四重奏曲第3番イ長調作品41-3

CD・ステレオ・録音:1973年5月7日、東京文化会館、ライブ
TDK TDK-OC019


damaterraさんのお薦めで、ゲット致しました。

期待に違わぬ驚くべき《不協和音》ですね!!!

第1楽章アダージョからして、この研ぎ澄まされた緊張感と優美なアンサンブルに魅了されます。ここには、恰も別世界の生き物が棲んでいるかの様です。真にブレークスルーした世界。

誤解を恐れずに言えば、この演奏はアルバンベルク四重奏団の演奏を辛口にした感じでしょうか・・・?
カペー四重奏団の演奏も忘れられないものですが、東京クヮルテットの突き詰めた音楽美にはつくづく敬服させられます。

しかし、これ程素晴らしいモーツァルトは、滅多に聴けるものではありません。♪

スポンサーサイト



コメント

No title

お薦めした甲斐がありまして何よりです。
「不協和音」冒頭の序奏部、さすがにちょっと硬いですが凄いテンション!アレグロの主部ではもうエンジン全開で、あとは終楽章まで一気呵成。こんなクァルテット&第一vn.他にありません!(とあえて断言)原田幸一郎氏、恐るべき!現在は桐朋学園の教授をされていますが、ソロでもいいからもっと弾いてもらいたい方です。

No title

(続きです)第二vn.の名倉淑子さんも、フェリスの教授や「サイトウキネンO.」でご活躍ですね。昨秋、松本の温泉旅館に投宿した際、同オケの寄せ書き色紙が飾ってあり、次期NYフィル音楽監督アラン・ギルバート氏の母上である建部洋子さんと並んでサインされてました。

No title

damaterraさん、本当に有難うございます!
第1vn.原田幸一郎氏、精緻で優美な世界を味わわせてくれますね。♪この四重奏団のインタープレイには、特別なテンションがある気がします。

No title

これは東京Qの創立メンバーですよね!
さっそく探してみます♪

No title

あまでおさん、そうです!東京Qの創立メンバーです!
何とこの名盤が1枚1,000円なのですよ。

因みにネットHMVでは・・・
http://www.hmv.co.jp/fl/12/299/2/

TDKのこのシリーズは、他にも凄い演奏が目白押しです。私も纏め買い致しました。(^^♪

No title

いやあ、ありがとうございます。
HMVで買えばよかったのですが、速攻でアマゾンに注文して即日配達..値段は約3倍でした(><)
でも、演奏は本当に素晴らしかったです。Williamさんのお陰で、良い演奏を聴かせていただきました♪

No title

あまでおさん、気に入って頂けて何よりです。♪
私も、同シリーズのシベリウス交響曲は値下げ前の価格で買っちゃいました。(^_^;)買った後で値下げって、辛いですよね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ