FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲第7番


ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92

オイゲン・ヨッフム指揮
バンベルク交響楽団

CD・ステレオ・録音:1982年9月16日、東京文化会館、ライブ
TDK Original Concert Selection TDK-OC018


1982年、ヨッフムの来日コンサート。
亡くなる5年前ですから、79歳くらいの頃でしょうか。

素晴らしい第7です!!

ヨッフムの中には旧き良き伝統が本当にしっかりと蓄えられていて、バンベルク響を通じて実に味わい深い音楽が溢れ出して来ます。

バンベルク響の渋い音調も見事です。名匠カイルベルトが育て鍛えた「小さな都市の偉大なオーケストラ」なのですね。

そう言えば・・・1998年11月、ホルスト・シュタインが同オケと聴かせてくれた、新宿文化センターでのブラームス交響曲第3番も非常に印象的な名演でした。

さて、この第7、テンポといい、響きといい、実に弛緩することなく格調が高い演奏です。殊更、荘重な部分を幅広くドラマティックには表現したりしませんが、音楽としての充実度が非常に高いのです。

付録にあるリハーサルの録音も、なかなか興味深いです。厳しさの中にユーモアを交えながら、楽員の心をしっかり掴んで、豊かな音楽を作り上げていく過程を知ることが出来ます。
トラック7の「田園」第2楽章リハーサル中に、コントラバスがピッツィカートの部分を弾くのですが、この音の生々しさには驚きます。隣の部屋の音かと思わず振り返りましたが、隣の部屋にコントラバスは、残念ながらありません。(^_^;)


このCD、演奏&録音共にお薦めです。♪

スポンサーサイト



コメント

No title

ご無沙汰しております。
このCD,昨日ネット注文しました。
ヨッフムのこの曲はロンドン交響楽団とのCDを持っているのですが、非常に緊張感溢れた良い演奏との印象を持っていましたので、カイルベルトに鍛えられたバンベルク交響楽団という一見無骨で頑固なオーケストラからどのような響きを引き出しているのか興味がありました。
この記事を読んで更にCDが到着するのが楽しみになってきました。

No title

タカピ~さん、お久しぶりです。
奇遇ですねー!このCDを昨日注文されたとは。
楽しみになさっていて下さい♪・・・バンベルク響から、底光りするような渋い響きを引き出していますよ。

No title

こんにちは(^^。

クラシックに関してまったくの無知なので、こちらの記事を密かにお参考にさせていただいています。先日紹介されていたベートーヴェン交響曲第4番も、32BITだ、すごい、と思って早速買ってみましたが、マスタリング云々よりやはり素直に演奏がいいと思いました。

この7番もとてもよさそうですね。今度是非買ってみようと思います(^^。

No title

liki1978さん、はじめまして。
いつもご贔屓にして頂いて、有難うございます。m(__)m

演奏が良くて音が良いのが最高ですよね!!ライブ録音の方があまり弄くられていないので、音が素直で臨場感もあり好ましいことが多いです。往年の名演がこうして蘇るのは、真に喜ばしい限りです。♪

No title

この盤とこのシリーズの六番を注文(?)しました。(オークションですが) 到着が楽しみです。

No title

jbls9500さん、それはそれは!
安くゲット出来るといいですね。♪

No title

はい、一発落札で2枚ゲット 1枚1350円でした。到着が楽しみです。

No title

jbls9500さん、うまくいって何よりです。(^^♪
この週末はゆっくりと聴けそうですね。

No title

いやいやメール便の遅いこと遅いこと(涙)やっと到着しました。今晩聞き込んでみたいと思います。感想は後ほど...

No title

聴きました。ユックリとしたテンポなのですが、全体にみなぎる緊張感が素晴らしいです。相当の忍耐力と体力が必要な演奏だと思われるのですが、年齢からは考えられないですね。弦が渋いと書いてありますが私の印象はかなり若々しくフレッシュな感じがします。最近暗いバーVPOを見直している最中ですが、ある意味対極的な演奏だと思います。 素晴らしいですね。

No title

jbls9500さん、コメント有難うございます。
本当に貴重な記録だと思います。そうですね・・・生き生きとした弦の表情が印象的です。しかし、決して華美にはならない・・・そこがバンベルク響の味なのでしょう。♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ