FC2ブログ

PCオーディオ(その33):金田式DAC&高精度水晶クロック




「無線と実験」3月号・4月号に掲載されていた金田式DAC。

金田氏は、まだ外部クロックについては導入の意志がない模様ですね。

ふむふむ・・・DAIのCS8416は外部クロック入力端子を備えているのか!

早速、CS8416の仕様を確認した処、所謂Super Clockが必要なことが分かりました。
ところが、輸入元プロメディア・オーディオにも確認したのですが、AntelopeはこのSuper Clockには対応していないとのこと。(本内容に付、下記に《追補&訂正》があります。)

う~ん、困った・・・。

こうなったら電網検索。するとすると・・・何とあるじゃないですか!これがあればいけます。MUTEC iCLOCK~iDでも良いですが、この際、iCLOCKにすべしかと。

勿論、DACにはUSB入力基板も付けます。因みに金田式DACは、設定次第でスレーブ・モードにも出来るみたいですね。

目下、DACの部品集めにネットを奔走中です。30年近く前に買っておいた金田石が、今になって役に立つとは・・・モノは大事にしなくては。

金田式DAC、高精度水晶Stanford Research Systems SC10、MUTEC iCLOCKのコラボレーション。
CDドライブも高精度水晶クロックを使える様になります。

高精度水晶は金田式シリーズ・レギュレーターをベースに、病気系ついでにシリコンバッテリーでも駆動してみましょう。(^^ゞ

これは物凄いことになりそう!!


もし、この記事に誤りがありましたら、ご指摘頂けますと幸いです。逸る気持ちを抑えつつ書きましたので、勘違い等があるかもしれません。m(__)m

《H20.4.14追補》
Super Clockについて、AntelopeのHPにはOCXが対応しているみたいな記載があったりするので、念の為、H20.4.13再確認のメールをAntelope-jp宛発信しています。Antelope OCXが対応しているなら、Antelopeを導入するつもりです。ondatejpさんがご存知かも・・・。

《H20.4.15追補&訂正》
ondatejpさん、有難うございます。Antelope OCXは、ワードクロック周波数の256倍というポジションがあるのでSuper Clockに対応していることになります。プロメディアさんが間違えたというか、私の訊き方が悪かったのでしょう。(^^ゞ
あと、MUTEC iDですが10MHzクロック入力には対応していませんので、私の使いたい高精度水晶は繋げません。MUTECならiCLOCKが10MHzクロック入力に対応しています。

スポンサーサイト



コメント

No title

長くなるので、別途メールしますね。

No title

ついにクロックですね...楽しみですね~

No title

jbls9500さん、本当に遂にクロックですね。
まずは、金田式DACを完成させることですので・・・高精度水晶の音が聴けるのはまだ先のことになりそうです。(^^ゞ
NEO Hi-TOP・スイッチングレギュレーターのプリやパワーを作っていた頃のことを思い出しますね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ